トップ

アーゴットのビルドガイド【レベル4でQを2にする】

パッチ11.18でQが少し強化されただけでトップ最強になった、アーゴットのビルドガイドを書く。

プロの大会でレンジトップが多いから、ソレに対抗できるようにQを強化したらしい。

Q - コラプトシェル
クールダウン 12/11/10/9/8秒 ⇒ 10/9.5/9/8.5/8秒
マナコスト 80 ⇒ 70

パッチノート11.18より引用

大したバフ量ではないように見えるが、たったコレだけでスキル振りに革命を起こした。

レベル4でQを2に振る

コレQのダメージが25/70/115/160/205と、ヴァルスのQと同じで、レベル1のベースダメージよりもレベルアップ時のダメージのほうが高いからである。

  • ベースは25ダメージ
  • 1レベルごとに45ダメージ

Wは対面がよほど柔らかくない限り、レベル9で5にしたいので、2で止めるというわけだ。

この記事はパッチ11.18の時に執筆されました。

アーゴットのストーリー

  • レベル9まで無難にファーム
  • チャンス時にE>フラッシュ
  • レベル9から30分まで強い

Wが5になったレベル9以降は、本当に歩いてるだけなので、操作面での上手下手は少ない。

しかしアイテムビルドに関しては非常に気を使うチャンピオンだ。

あなたがアサシンやメイジに詳しくなければ、アーゴットは使えない。

逆にラストヒットが上手に取れて、対面のAR具合によってアイテムビルドを正しく組めるのであれば、お酒を飲みながらプレイしていても簡単にダイヤになってしまう。

アーゴット自体はメレーに強くレンジに弱いリリア的な中射程のチャンピオン。
なので相手ADCの装備が整ってくると集団戦が辛くなるので、30分以降勝ちにくいのはそのためだ。

アーゴットのルーン

良くわからない人はプレス固定でいいが、意外となんでも強い。

開放の魔導書やオムニストーンでも強いが、達人向けなので書かない。

メイン栄華

  • リーサルテンポ以外
  • 凱旋
  • レジェンド:強靱 or 血脈
  • 背水の陣

使い分けは

  • レーンで発動するならプレスアタック
  • 対面がレンジならフリートフットワーク
  • 中盤以降1人で勝ちたいなら征服者
  • デフォルトの選択肢は強靱
  • 対面と敵ジャングラーにCCがないのであれば血脈

とりあえず固定で行きたいという人は、プレスアタック+強靱。

サブ不滅

  • 心身調整 or 息継ぎ
  • 超成長

心身調整のほうが試合には勝てる。

仕組みは次の通りだ。

  • アーゴット相手はソーンメイルを積まないと惨敗する
  • アーゴットはソーンメイルの反射ダメージをくらいまくる
  • 相手がADダメージしかなくてもMRが欲しい

息継ぎにも多少同じ効果があるけれど、ボーンアーマーにはない。

なので心身調整の行を入れる時は、よく考える必要がある。

このように相手の対策を見越してビルドを組まないといけないのが、アーゴットの難しいところだ。

ルーンのかけら(シャード)

  • アダプティブ
  • アダプティブ
  • 物理 or 魔法防御

対面と敵ジャングラーが同じダメージタイプの場合、中段も下段と同じルーンにする。

サモナースペル

  • フラッシュ+テレポート
  • フラッシュ+ゴースト
  • ゴースト+テレポート

VCでジャングラーとデュオしているのでない限り、イグナイトは避けたほうがいい。

ナサス的と考えればいい。

スキルオーダー

  • レベル1でE
  • レベル2でQ or W
  • レベル3でQ or W
  • レベル4でQ
  • レベル5以降はR>W>E>Qの優先順位で取る

相手がアーゴットより射程が短ければ、レベル2でW。

相手がアーゴットより射程が長ければ、レベル2でQ。

中盤圧勝しているのであれば、EよりもQを上げよう。

Qは気軽に使えるけれど、Eは気軽に使えないからだ。

アーゴットのアイテムビルド

相手のARに合わせてビルドを組む。

マナムネも強いのだけど、今回は書かない。

スタートアイテム

  • ドランブレード+体力ポーション
  • ロングソード+詰め替えポーション
  • カル +体力ポーション
  • ドランシールド +体力ポーション

基本的にドランブレードでいい。

ロングソードとカルは、アーゴットが大幅に有利なマッチアップで買う。

ドランシールドは相手がレンジの時に、息継ぎと同時に持っていく。

ファーストアイテム

  • 赤月の刃
  • タイタンハイドラ
  • ハルブレイカー
  • ゴアドリンカー

赤月の刃が最強だ。

妖夢の霊剣やプローラークロウは、対面が柔らかい時に買うと強いけれど、赤月でも同じ効果が望める。

ブラッククリーバー初手はnoob trapだ。

全然悪くはないのだけど、他の選択肢にハッキリ劣る。

ゴアドリンカーは悪くないが

タイタンハイドラ・征服者との相性も良く、ミシック自動効果くらいにしか不満はない。

しかし相手がソーンメイル+ランデュインオーメン or フローズンハートにしてきた場合、対処しにくい。

キーストーンが征服者じゃない時は、避けたほうが無難。

ムンドやナサス相手に、エクスキューショナーコーリングを買うというのもある。

ブーツ

  • プレートスチールキャップ
  • マーキュリーブーツ

どちらかを買う。

セカンドアイテム

  • ブラッククリーバー
  • タイタンハイドラ
  • ハルブレイカー

初手にブラッククリーバーを買うのは良くないが、相手がソーンメイルに向かった場合、セカンドで買わないと負ける。

ここまでの組み合わせを大雑把に2つに分けると

  • 赤月+ブラッククリーバー
  • タイタン+ハルブレイカー

1はAR対策、タンク相手はコレで楽勝。

2はファーム&プッシュ、戦闘時に問題がなければ強い。

「アイツ真面目にゲームする気がねえ」

ってくらいファームとプッシュが速い。

アーゴットは最高に合うミシックがない。
レンジなのに赤月の刃が強いとは、そういうことだ。

サードアイテム

ここで気を付けるのは

相手のアイテムの組み合わせだ。

  • ミシック+ソーンメイル+ワーデンメイル系

このビルドの対面にはAR対策をしていないと絶対勝てない。

ブラッククリーバー1本しかなければ、タイマン・集団戦両方で歯が立たずボコられる。

1番勝てる組み合わせは

  • 赤月の刃+ブラッククリーバー+セリルダの怨恨

コレをぶつければ圧勝する。

アーゴットはサードアイテム時の対面のビルドが大事なわけだ。

もちろん敵ジャングラーがアムムやラムスの時も上に書いたビルドが最強である。

これがわからないと、アーゴットで勝つことはできない。

何事もなければ、タイタンハイドラ・ハルブレイカー・ゴアドリンカーは物凄く強い。

フォースアイテム

  • ソーンメイル
  • ガーディアンエンジェル
  • デスダンス
  • ステラックの篭手
  • シルバーミアの夜明け

ここらへんから集団戦を意識したビルドをする。

好きなアイテムを買えばいい。

フィフスアイテム

  • ガーゴイルストーンプレート

この時間帯までもつれた場合、ゴースト・征服者がないと勝つのは難しい。

終わりに

  • レベル4でQを2にする
  • ソーンメイル+ワーデンメイル対策が大事
  • ミシックは赤月の刃が一番強い
  • サードアイテム時に対面をボコれるビルドにする

ARAMだとガーディアンホーン(15ダメージ軽減)があるので、ダメージの仕組みを知らないと悲惨なことになる。

ゴアドリンカーとタイタンハイドラにすると、

「お前アムムやフィズに20出てないぞ?」

とチャットで指摘したくなる。

攻撃回数が多いと良いことばかりではないので、アサシンのようにARがダメージにどう作用しているのか知っておく必要がある。

逆にソレさえ知っていれば、簡単に勝てるチャンピオンだ。

-トップ