アカウントを守りながらAFKする方法

LOLの基礎知識
この記事は約4分で読めます。

LOLは勝敗が全てではないが、学ぶものがないどうしようもない試合がある。

続ける価値がない試合
  • 4vs5
  • 味方同士が喧嘩をしている
  • トロールしている人がいる
  • ダリウス相手にナサス後出ししたヤツがいる

学校の先生は立場的に、いじめられっ子に「相手を殴り返せ」とは言えない。

ライオットやプロゲーマーも同じで、どうしようもない試合はAFKしろ、プレイした振りをしろとは言えない。

この記事ではトロールが沸いた時に

  1. ストレスを受けない方法
  2. LOLアカウントを停止されないようにする方法

について書いていく。

スポンサーリンク

忙しい人のための結論

2分タイマーを用意して生産的なことをする。

タイマーがなったら少しファームをして、また2分タイマーを付ける。

チャットを打つとBAN・ペナルティを受ける

ランクでチャットしてはいけない

「チャット機能いらないのではないか?」と上級者の大半は思っている。

みんなでノーマルゲームをするような初心者以下のカジュアルな人達には、チャット機能は必要だと思うので仕方がないのだろう。

トロールしている人に話しかけてはいけない。あなたのアカウントが危ないし、相手は喜ぶ。

ノーマルゲームのブラインドピックは本当にクソゲーだ。ルーンの関係で9割以上のチャンピオンは、トップティーモに勝てない。

試合中に喋るとBANされる

暴言ではなく友人同士の穏やかな会話でBANされる。

試合中に100回チャットをしたとしよう。

その場合は対戦相手、もしくはチームメイトがレポートしたらペナルティを食らう。

ロビーで喋るとBANされる

これも穏やかな会話でBANされる。

「なんで?」って思うだろう。

通報する人がいるからだ。

試合が始まる前の選択画面で喋るとBANされるらしい

これは私は受けたことはないのだけど、Riotの方針でそうなったらしい。

露骨なAFKをするとBANされる

短期計画:チャンピオン選択中の報告とミュート
チャンピオン選択中の妨害行為は、プレイヤーにとって非常に対策が難しい問題です。第2四半期(4~6月中)より、チャンピオン選択中に妨害を行うプレイヤーの報告機能をつける予定です。まず始めに、チャンピオン選択中の行動傾向を解析するための基礎データを固めるためにその報告を使います。さまざまな悪質行為を検出するために十分なデータが蓄積されたら、処罰システムを実装します。

Quick LoL Thoughts: 試合を台無しにする行為について

全体チャットも味方のチャットも表示させてはいけないし、コミュニケーションを取ってもいけない。

試合でデスしすぎるとBANされる

慣れているトロールプレイヤー(試合を荒らすのを趣味とするプレイヤー)はデスしすぎることはないので、デスしすぎるとBANされるのは中々おかしな話だと思う。

例えば3回連続でデスしたら、その試合は頑張って戦い続けるよりタワー下でAFKをしていたほうがいい。

デス数が多いから誤BANされる人は、やる気を出しすぎたからBANされているので悲しい話である。

トロールが沸いたら、4VS6になる。あなたのアカウントが危ないわけだ。

チャットさえ打たせればチャットを打った人をBANできる可能性があるので、トロールを趣味とする人は多い。

コブラ効果と似ている。

どんなに酷い試合でも2分おきに経験値とゴールドを稼ごう

  1. 1人落ちて4VS5
  2. 1人怒って味方に延々と無意味なピンを鳴らしている
  3. 味方同士が喧嘩している

こういった試合はほとんど勝てない。

4VS5どころか、3VS7くらいの試合はたくさんある。

人間やりたくないことをするのは苦痛を伴うし、やりたくないことから逃げた人こそがLOLをしているという真理もある。

そういった酷い試合の時にストレスを溜めずに頑張らずに、気分が晴れやかになれたら素晴らしいだろう。

実際に工夫すれば、晴れやかな気持ちになれるのである。

というわけで、ストレスもアカウント被害も抑える選択肢を考えてみよう。

最悪な選択肢

真っ先に思い浮かぶのは、チャットを打つことだろう。

チームワークが大切なゲームではあるけれど、コミュニケーションを取ってはいけない。

  1. チャットを打つ
  2. 敵のタワーに突っ込む
  3. 完全にAFKをする

この3つは絶対に避けるべきだ。

3試合に1回はまともな試合にならないのだから、自分のストレスとアカウントを守る方法を覚えたほうがいい。

懸命な選択肢

  • 2分タイマーを付けて2分おきに経験値とゴールドを稼ぐ

2分はかなり余裕を持った時間で、2分30秒でも良いけれど3分はダメだ(3分はAFK検知されます)。

この時間を使ってOPGGを見たり、部屋の掃除をしたり、お風呂掃除をすると生産性が高くて得した気分になれる。

きっと

「トロールしてくれてありがとう」

「AFKしてくれてありがとう」

と、謙虚な気持ちになるだろう。

正直世の中の上級者の大半は、この方法を知っているのではないかと疑っている。

あまりにも晴れやかな気持ちになるからだ。

終わりに

何事も長く続けるためには負担を減らすのが良い。

プレイ時間やハンドスキルよりもEQ(心の知能指数)が大事という事実、LOLの良い部分の1つだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました