2024/7/17

【パッチ14.14】トップワーウィックのビルドガイド【14.10でバフされたバリアを持っていこう】

パッチ14.10でバリアが大きくバフされて、ボットのマークスマンは バリア>ヒール の順番に人気になった。 ボットバリア+サポートヒール ボットヒール+サポートイグナイト 1が消極的だけど強いので、ちょっとどうかなというのが、最近のボットレーンである。 パッチノート14.10 しかしバリアの恩恵を最も受けているのは、トップワーウィックではないだろうか? ※ ジャングルだとスマイト+バリアにするとガンクに難がある。強いとは思うけれど。 LOLALYTICS 2024/07/17 操作が簡単かつ、ジャン ...

standing desk, working, office

2024/7/16

LOL、および知能を10%アップさせる方法【スタンディングデスク】

中学1年生を対象にした調査で、 「立ってテストを受けるだけで成績が10%上がる」 という驚きの結果が出ました。 立ってテストを受けることで、脳の前頭葉が活発になり、集中力や記憶力が高まることが判明したのです。 この効果を最大限に活かすには、スタンディングデスクがおすすめです。 FLEXISPOTのスタンディングデスクは、種類も豊富で、セールでお得に購入できるチャンスも。 ※ 2024/07/16現在はAmazonプライムデーです。17日の24時まで。 スタンディングデスクを使う際は、座れる高さの椅子は避け ...

White Ruled Paper Lot on Brown Wooden Surface

2024/7/12

どうやってレーン戦で勝つのか?【試合の振り返りでメモを取って、知識を体系化しよう】

LOLGAREN流ツェッテルカステン、という記事かもしれない。 Obsidianなどのツールを活用し、テンプレートを活用すれば、効率的にメモを作成することができる。 今回は、ガレンVSジャックスのマッチアップを例に、具体的なメモの取り方を解説する。 細かいことはメモせず、重要なポイントに絞って、試合後に振り返り、改善点を見つけ出すことが重要だ。 そしてその改善点とはLOLではなく、やはり自分自身のハビトゥス(性向、習慣、態度、みたいな意味)かなといつも思う。 とにかく メモを取るコストを極限まで下げる コ ...

white ceramic mug with coffee

2024/7/11

友人に筋トレとプロテインについて聞かれたので、初心者が買うべきものを紹介してみた【プライムデー先行セール】

昨日(2024/07/10)、友人から 「ジムにいってベンチプレスして胸を大きくしようと思うんだけど、何を買えばいいんだ?」 と言われたので書きます。 とりあえず彼はジムに行くので、プロテイン周りだけを書くことにします。 私の筋トレスペックみたいなものは 身長179センチ、体重83キロ 減量中で9月中には80キロにしたい 今はベンチプレス110キロ 今年中に125キロは行けると考えています。 ただ身長と体重を考えると160キロは上げないと身体がカッコよくなりません。 学校では身体が大きいほうでしたが、喧嘩 ...

2024/7/11

【パッチ14.13】ジャングルシヴァーナのビルドガイド【フリートフットワークを入れる】

ソロキューのジャングラーは、ダークシールが効くかどうかが重要だ。 メジャイを10スタックさせられれば、火力と機動力を大幅に上げることができるからだ。 カ=ジックスやマスター・イーならともかく、他のADジャングラーはスノーボールしても、微妙な場合が多いのはソレだ。 シヴァーナはダークシールが効くし、スノーボール時は倒されにくい。 なのでソロキュー向けではあるものの、何故か人気はない。 なんでも屋 運命の灰 も絡んで最近妙に強いので、ビルドを書くことにする。 この記事はパッチ14.13の時に執筆されました ジ ...

ai generated, princess, prince

2024/7/9

「何かになりたい」という人がコーチングを受けに来た話【卓越した王子キャラになるには?】

先日コーチングに来た人は、 「レベル30でランクに行ったら、自分の実力が話にならず、文句言われまくって帰ってきた」 みたいに言っていた。 ゲームをあまりしない人からすれば、 30になってランクに行ったら、そこにいたのはエンジョイ勢ではなくLOL人だった と予想してなかったのだろう。 「そんなレベルのヤツが、なんでコーチング受けに来たんだ?」 と私が言う前に、彼は自分の動機を話した。 「今普通に働いているのですが、何かになりたいんですよね。どうしたらなれるんですか?」 誰でも思うことではあるものの、実際に口 ...

silhouette of mountains

2024/7/8

【イチマサ・モノクローム🎋】マインド・コントロール【書評】

マインド・コントロールという本について書く。 対戦ゲームの大前提の1つに、 「相手の思い通りに動いたら、絶対に勝てない」 というのがある。 稀にこの前提を知らない人がいるが、大半の人はLOLなどをしていなくとも、最初から知っているだろう。 逆に勝つためには、相手をコントロールすれば良いわけだ。 以前、何年もLOLをしていて、凄い下手な人から有料で相談を受けたことがあった。 凄い下手と言ってもゴールドだが、彼のプレイ時間と年数から考えれば、ソレはありえない下手さだった。 私はすぐにピンと来た 「周りのLOL ...

reading, book, girl

2024/7/7

LOL中毒を自覚してLOLを辞めたい場合、もっと熱心にプレイしたほうがいい【趣味縁】

次のようなコメントが来た。 4割入れば大したものです コメントを要約すると LOLやめたい 時間を失っている感覚があるから LOLを辞めて、お金の勉強や資格勉強をしたい あなたの問題点はLOL中毒ではなく、目の前の結論に飛びつく癖です。 とりあえず私が断言できるのは LOLを辞めても、勉強時間は増えない 林修先生も言っているし、学歴の経済学にも書いてあります。 そしておそらく、あなたも納得するでしょう。 「増える見込みはあるけど、薄いな」 と。 最初に結論を書くと もっと熱心にプレイすれば、問題は解決する ...

blue star, flower, plant

2024/7/7

ウェルビーイング理論、5つ満たせばあなたもすぐに達人レベルになる。【持続的幸福を得る方法】

幸福理論とは、マーティン・セリグマン初期の理論 ポジティブ感情 エンゲージメント(フロー) 意味・意義 幸せを3つの要素に分けたものだ。 MTGの有名なプレイヤー分類は ティミー、ジョニー、スパイク/Timmy, Johnny, and Spike ティミー=ポジティブ感情 ジョニー=意味・意義 スパイク=エンゲージメント に対応している。 今回は幸福理論を進めた理論、ウェルビーイング理論について書く。 この記事はパッチ13.6の時に執筆されました。 幸福理論には3つの不備がある 幸せという言葉が曖昧すぎ ...

business, idea, growth

2024/7/7

エキスパートが初心者に教える時に役立つ、3つのポイント【上手に真似させる方法】

模倣、いわゆる真似とは、人間の基本的な活動の1つ。 子供は 真似する相手は選ぶ(能力が高い人を選ぶ) 真似する事柄は選ばない(対象の行動はなんでも真似する) つまりエキスパートは初心者に説明をするというより 初心者がエキスパートの真似をしやすいようにする といったほうが、正解に近いわけだ。 初心者が真似をしやすくするのに、有効な方法が3つある。 順番に書いていこう。 まずその前に なぜ真似するのが良くないみたいな風潮になっているのか そこから書く。 この記事はパッチ13.4の時に執筆されました。 イノベー ...

2024/7/17

【パッチ14.14】トップワーウィックのビルドガイド【14.10でバフされたバリアを持っていこう】

パッチ14.10でバリアが大きくバフされて、ボットのマークスマンは バリア>ヒール の順番に人気になった。 ボットバリア+サポートヒール ボットヒール+サポートイグナイト 1が消極的だけど強いので、ちょっとどうかなというのが、最近のボットレーンである。 パッチノート14.10 しかしバリアの恩恵を最も受けているのは、トップワーウィックではないだろうか? ※ ジャングルだとスマイト+バリアにするとガンクに難がある。強いとは思うけれど。 LOLALYTICS 2024/07/17 操作が簡単かつ、ジャン ...

2024/7/11

【パッチ14.13】ジャングルシヴァーナのビルドガイド【フリートフットワークを入れる】

ソロキューのジャングラーは、ダークシールが効くかどうかが重要だ。 メジャイを10スタックさせられれば、火力と機動力を大幅に上げることができるからだ。 カ=ジックスやマスター・イーならともかく、他のADジャングラーはスノーボールしても、微妙な場合が多いのはソレだ。 シヴァーナはダークシールが効くし、スノーボール時は倒されにくい。 なのでソロキュー向けではあるものの、何故か人気はない。 なんでも屋 運命の灰 も絡んで最近妙に強いので、ビルドを書くことにする。 この記事はパッチ14.13の時に執筆されました ジ ...

2024/7/4

【パッチ14.13】ボットヴァルスのビルドガイド【脅威ビルドは避ける】

パッチ14.13で調整されたヴァルス。 パッチノート14.13 読んでも何が書いてあるかサッパリだ。 とりあえず 攻撃速度が高いほどADとAPが上がる(少しだけ) チャンピオンキル時にAS上限が増加(少しだけ) 脅威ビルドが潰された リーサルテンポが削除されたので、こういうパッシブ性能が作れるようになったわけだ。 ※ ヘイルブレードは効くけど、ASが速ければ増加ADAPも速く消える。 それでは新ヴァルスのビルドガイドを書く。 この記事はパッチ◯◯の時に執筆されました。 ボットヴァルスのストーリー 序盤は積 ...

2024/7/2

【パッチ14.13】ジャングルタロンのビルドガイド【最近バフが続いている】

パッチ14.12で少しだけバフされたタロン。 パッチノート14.12 パッチ14.13でオポチュニティーもバフされた。 パッチノート14.13 ミッドだと征服者+イグナイトで、ガレンっぽい動きになる。 ※ ごまかしながらレーン戦をして、チャンス時に走ってQを当てる。 射程の問題で、レーン戦でのファーストストライクも厳しい。 というわけでタロンをアサシンっぽく使いたいなら、ジャングルのほうが良いわけだ。 この記事はパッチ14.13の時に執筆されました ジャングルタロンのストーリー フルクリアしてレベル4ガン ...

2024/6/27

【パッチ14.13】トップガングプランクのビルドガイド【2手目でオポチュニティーを買う】

パッチ14.11に引き続き、パッチ14.13でもバフを受けたガングプランク。 色々な不具合もあって、最近は全然見かけなかった。 流石にパッチ14.13からは、見かけるようになるのではないかと思う。 この記事はパッチ14.13の時に執筆されました。 トップガングプランクのストーリー 序盤は無難にファームする シーンを完成させる 後半は上手にEを当てて、敵を一発で倒す 1 イグナイトを持っていった場合や、マッチアップによっては強い。 ただマナが切れやすいので注意しよう。 キャノン以外のミニオンに気軽にQを撃つ ...

2024/6/26

【パッチ14.13】ボットミス・フォーチュンのビルドガイド【初期ADが3も上がった】

パッチ14.13でバフされたミス・フォーチュン。 マークスマン 簡単 難しい と2つに分けた場合、ミス・フォーチュンは簡単な枠に入る。 ただパッチ14.12では使用率も勝率も最下位に近かった。 というわけでバフが入ったのだけど、AD3アップは少し驚きである。 しかもミス・フォーチュンはパッシブの関係で、AD1の恩恵は普通のチャンピオンよりも高い。 この記事はパッチ14.13の時に執筆されました。 ボットミス・フォーチュンのストーリー 序盤は積極的にハラスする Wの機動力を活かして集団戦に参加する 中盤以降 ...

2024/6/21

【パッチ14.12】ジャングルボリベアのビルドガイド【なんでも屋+ナヴォリフリッカーブレードを持つ】

新ルーンの「なんでも屋」、意外にも様々なチャンピオンで使われている。 「ジャングラーってなんでも屋入れても最初スキルヘイスト0じゃん」 となるのだけど、ジャングルで使っても強いようだ。 今回はなんでも屋を使ったボリベアジャングルのビルドを書く。 この記事はパッチ14.12の時に執筆されました ジャングルボリベアのストーリー 1周目はフルクリアかレベル3ガンクする 序盤から積極的に戦闘していく スノーボールする ロッドオブエイジスとナヴォリフリッカーブレードを揃える ドラゴン4つ取って勝利 2 ボリベアはビ ...

2024/6/19

【パッチ14.12】ミッドトリスターナのビルドガイド

最近何故か強いミッドトリスターナ。 初心者相手に教えることの1つに 「ラストヒット練習をする気がないなら、ミッドでAPメイジを使ってはいけない」 というものがある。 ※ 初心者がラストヒット練習する気が起きないのは、仕組み的に当たり前の話です。 トリスターナはADかつスケーリングが悪くないので、かなり勝ちやすいチャンピオンだ。 この記事はパッチ14.12の時に執筆されました。 ミッドトリスターナのストーリー 序盤は無難にファームする クラーケンスレイヤーを購入する その後も無難にファームし続ける セカンド ...

2024/6/14

【パッチ14.12】ボットエズリアルのビルドガイド【なんでも屋を10スタックさせやすい】

パッチ14.12でバフされたエズリアル。 パッチノート14.12 主に終盤強くなった。 特にレベル16以降のRダメージは相当高い。 エズリアルは何故かマークスマンができない人に人気がある。 一般的にマークスマンメインじゃない人は ジンクス カイ=サ ゼリ メインマークスマンの人は ドレイヴン アッシュ カリスタ を使うのが良い。 前者は前半無難にファームできれば中盤以降強く、後者は前半レーンで勝てば試合にも勝つ、というチャンピオンだからだ。 エズリアルは少し特殊で ファーストリコールまで 強い ファースト ...

2024/6/13

【パッチ14.12】ミッドブラッドミアのビルドガイド【初手はラバドンデスキャップ】

パッチ14.12でバフされたブラッドミア。 そんなに弱くなかったのだけど、苦手なチャンピオンが黒炎のトーチやバフされたルーデンコンパニオンを持つせいで、統計での勝率は低くなった。 パッチノート14.12 序盤のオールインとガンク耐性、後半の集団戦がバフされたようだ。 ちなみに私のミッドでのメインで、マッチアップも紙に書いて用意しているチャンピオンである。 もちろんビルドガイドなので、ソレは書かないのだけど。 それでは始めよう。 この記事はパッチ14.12の時に執筆されました。 ミッドブラッドミアのストーリ ...

standing desk, working, office

2024/7/16

LOL、および知能を10%アップさせる方法【スタンディングデスク】

中学1年生を対象にした調査で、 「立ってテストを受けるだけで成績が10%上がる」 という驚きの結果が出ました。 立ってテストを受けることで、脳の前頭葉が活発になり、集中力や記憶力が高まることが判明したのです。 この効果を最大限に活かすには、スタンディングデスクがおすすめです。 FLEXISPOTのスタンディングデスクは、種類も豊富で、セールでお得に購入できるチャンスも。 ※ 2024/07/16現在はAmazonプライムデーです。17日の24時まで。 スタンディングデスクを使う際は、座れる高さの椅子は避け ...

White Ruled Paper Lot on Brown Wooden Surface

2024/7/12

どうやってレーン戦で勝つのか?【試合の振り返りでメモを取って、知識を体系化しよう】

LOLGAREN流ツェッテルカステン、という記事かもしれない。 Obsidianなどのツールを活用し、テンプレートを活用すれば、効率的にメモを作成することができる。 今回は、ガレンVSジャックスのマッチアップを例に、具体的なメモの取り方を解説する。 細かいことはメモせず、重要なポイントに絞って、試合後に振り返り、改善点を見つけ出すことが重要だ。 そしてその改善点とはLOLではなく、やはり自分自身のハビトゥス(性向、習慣、態度、みたいな意味)かなといつも思う。 とにかく メモを取るコストを極限まで下げる コ ...

white ceramic mug with coffee

2024/7/11

友人に筋トレとプロテインについて聞かれたので、初心者が買うべきものを紹介してみた【プライムデー先行セール】

昨日(2024/07/10)、友人から 「ジムにいってベンチプレスして胸を大きくしようと思うんだけど、何を買えばいいんだ?」 と言われたので書きます。 とりあえず彼はジムに行くので、プロテイン周りだけを書くことにします。 私の筋トレスペックみたいなものは 身長179センチ、体重83キロ 減量中で9月中には80キロにしたい 今はベンチプレス110キロ 今年中に125キロは行けると考えています。 ただ身長と体重を考えると160キロは上げないと身体がカッコよくなりません。 学校では身体が大きいほうでしたが、喧嘩 ...

ai generated, princess, prince

2024/7/9

「何かになりたい」という人がコーチングを受けに来た話【卓越した王子キャラになるには?】

先日コーチングに来た人は、 「レベル30でランクに行ったら、自分の実力が話にならず、文句言われまくって帰ってきた」 みたいに言っていた。 ゲームをあまりしない人からすれば、 30になってランクに行ったら、そこにいたのはエンジョイ勢ではなくLOL人だった と予想してなかったのだろう。 「そんなレベルのヤツが、なんでコーチング受けに来たんだ?」 と私が言う前に、彼は自分の動機を話した。 「今普通に働いているのですが、何かになりたいんですよね。どうしたらなれるんですか?」 誰でも思うことではあるものの、実際に口 ...

reading, book, girl

2024/7/7

LOL中毒を自覚してLOLを辞めたい場合、もっと熱心にプレイしたほうがいい【趣味縁】

次のようなコメントが来た。 4割入れば大したものです コメントを要約すると LOLやめたい 時間を失っている感覚があるから LOLを辞めて、お金の勉強や資格勉強をしたい あなたの問題点はLOL中毒ではなく、目の前の結論に飛びつく癖です。 とりあえず私が断言できるのは LOLを辞めても、勉強時間は増えない 林修先生も言っているし、学歴の経済学にも書いてあります。 そしておそらく、あなたも納得するでしょう。 「増える見込みはあるけど、薄いな」 と。 最初に結論を書くと もっと熱心にプレイすれば、問題は解決する ...

blue star, flower, plant

2024/7/7

ウェルビーイング理論、5つ満たせばあなたもすぐに達人レベルになる。【持続的幸福を得る方法】

幸福理論とは、マーティン・セリグマン初期の理論 ポジティブ感情 エンゲージメント(フロー) 意味・意義 幸せを3つの要素に分けたものだ。 MTGの有名なプレイヤー分類は ティミー、ジョニー、スパイク/Timmy, Johnny, and Spike ティミー=ポジティブ感情 ジョニー=意味・意義 スパイク=エンゲージメント に対応している。 今回は幸福理論を進めた理論、ウェルビーイング理論について書く。 この記事はパッチ13.6の時に執筆されました。 幸福理論には3つの不備がある 幸せという言葉が曖昧すぎ ...

business, idea, growth

2024/7/7

エキスパートが初心者に教える時に役立つ、3つのポイント【上手に真似させる方法】

模倣、いわゆる真似とは、人間の基本的な活動の1つ。 子供は 真似する相手は選ぶ(能力が高い人を選ぶ) 真似する事柄は選ばない(対象の行動はなんでも真似する) つまりエキスパートは初心者に説明をするというより 初心者がエキスパートの真似をしやすいようにする といったほうが、正解に近いわけだ。 初心者が真似をしやすくするのに、有効な方法が3つある。 順番に書いていこう。 まずその前に なぜ真似するのが良くないみたいな風潮になっているのか そこから書く。 この記事はパッチ13.4の時に執筆されました。 イノベー ...

2024/7/6

10人以上コーチングをして気づいた、プレイヤーの上達を妨げている原因ベスト3

コーチングをしていて、 上達しない人は大体決まったパターンがある ことに気づいた。 LOLという道にはとんでもない落とし穴が存在しており、ソレにハマると上達しなくなるという話をする。 底なし沼や流砂にハマったら、誰かにロープ投げてもらわないと、脱出できないのと似ている。 ※ コレたしかショーン・エイカーの名言だったはず。 この記事が、あなたにとってのロープになれば幸いだ。 今は50人以上にコーチングしたけれど、内容は今みても変わらないなと思ったので、少し読みやすいようにリライトした。 この記事はパッチ11 ...

flowers, dyer hundskamille, wildflowers

2024/7/3

LOL初心者の頃に知りたかったこと5つ

この記事は、LOLを始めたばかりの初心者がつまづきやすいポイント、そして 「もっと早く知りたかった!」 と思うであろう情報を厳選して5つ紹介する。 初心者から見たら、とんでもないことばかり書いてあるように見えるはずだ。 それでは簡単なことから順番に書いていく。 この記事はパッチ14.13の時に執筆されました。 なぜ最初に武器を買うのか? サポート以外のロールはファームをして、どんどん装備を整えていく必要があるからだ。 プラチナ4もあれば、自分が0デスのまま進む順調な試合なら 20分時点でコアアイテム2個+ ...

2024/7/2

【パッチ14.13】電撃と魂の収穫バフで変わる、序盤戦略とルーン選択ガイド

パッチ14.13で電撃と魂の収穫がバフされた。 魂の収穫はともかく、電撃は有効な相手でも避けられることが多かったので、納得のバフだろう。 具体的には 電撃ではなくエアリーを入れる というケースが多すぎだったのである。 それでは早速見ていこう。 この記事はパッチ14.13の時に執筆されました。 電撃 3秒以内に3回攻撃すると発動する 発動条件はフェイズラッシュと同じ 序盤のダメージを伸ばす目的で使われる メレーに対して発動させやすい 以前はレベル1の時のベースダメージが30と、秘儀の彗星と同じだった。 パッ ...

silhouette of mountains

2024/7/8

【イチマサ・モノクローム🎋】マインド・コントロール【書評】

マインド・コントロールという本について書く。 対戦ゲームの大前提の1つに、 「相手の思い通りに動いたら、絶対に勝てない」 というのがある。 稀にこの前提を知らない人がいるが、大半の人はLOLなどをしていなくとも、最初から知っているだろう。 逆に勝つためには、相手をコントロールすれば良いわけだ。 以前、何年もLOLをしていて、凄い下手な人から有料で相談を受けたことがあった。 凄い下手と言ってもゴールドだが、彼のプレイ時間と年数から考えれば、ソレはありえない下手さだった。 私はすぐにピンと来た 「周りのLOL ...

doll, winters, hat

2024/7/1

【兼本浩祐】普通という異常【LOLと健常発達】

人間は定型発達と、非定型発達という分け方がある。 健常発達と昔は呼ばれていたのだけど、そうするともう片方は健常ではなくなってしまう。 なので呼び方が変わったそうだ。 ただこの本では、そこを踏まえて健常発達と呼ぶ。 健常発達(ニューロティピカル・NT) ADHD(注意欠陥・多動性障害) ASD(自閉スペクトラム症) スペクトラムと言って、誰でも上に書いた3つの要素がある。 とりあえずパーソナリティ障害のことは忘れて、こういった特性や種類になっていると考えて欲しい。 今回の本には、 健常発達的特性とは、どうい ...

2024/7/8

【岡田尊司】生きるのが面倒くさい人【書評】

親しい人の中に 「自分は回避性愛着障害だ」 と言っていた人がいたので、何か本を読んでみることにした。 そうしたら、岡田尊司(おかだたけし)が書いた本を見つけた。 岡田尊司は「小説家になりてえな」とか言いながら、京大医学部だったりする、作家兼医者の人だ。 【イチマサ・モノクローム】マインド・コントロール【書評】 上の記事に書いた本の作者も、岡田尊司である。 読んでみたら、冒頭の人よりも 「ブログのコメント欄で、この手の人と何度も接したわ」 と思った。 なので、今日は「生きるのが面倒くさい人」この本を紹介した ...

work force, time line, deadline

2024/6/20

【悪い習慣は簡単に身についてしまう】自分を鍛える!【書評】

今回は名著、ジョン・トッドの 自分を鍛える! を紹介したい。 ジョン・トッドは1800年10月9日に、アメリカのニューイングランド地方に生まれた。 ジョン・トッド. 自分を鍛える!―――「知的トレーニング」生活の方法 (p.144). 三笠書房. Kindle 版. かなりの古典である。 「今から200年前に書かれた本」 そう言っても差し支えないだろう。 この記事はパッチ14.12の時に執筆されました。 良い習慣を身につける 200年前に書かれた本にも関わらず、とても素晴らしいことが書かれている。 人は様 ...

wooden figure, stones, struggle for life

2024/6/14

なぜ私たちは燃え尽きてしまうのか【書評およびLOLでのバーンアウトについて】

今回はバーンアウト(燃え尽き症候群)について書く。 あなたも知ってのとおり、私はLOLに限りバーンアウトとは無縁だ。 一般的にストレスとは、時間の経過とともに増大する。 なのでバーンアウトするのは 勤続年数の長い人 高齢の人 ベテランの人 LOLだと 高レートの人 長くLOLをプレイしている人 と思うだろう? 実際は違う。 しかし実際にはどの産業でも、バーンアウトに陥るのは仕事を始めて間もない労働者が多く、医師も若い医師のほうが年配の医師よりバーンアウトしやすいのだ。 また、教師になって日の浅い人たちの離 ...

white printer paper beside filled mug

2024/5/14

【書評】習慣超大全【BJ・フォッグ】

何か計画を立てても実行できない という人に対して 「昔の俺じゃん」 と言ったら 「昔の俺がどうやって今の俺になれたか教えてください」 と言われた。 なので今回はその方法を書く。 実は次の本を読むだけでいい。 習慣超大全――スタンフォード行動デザイン研究所の自分を変える方法 ※ クソみたいな邦題だと思う。ただこの時期は、◯◯大全みたいなのが流行ってた。 この本に書いてあることを実行して、難しいことを覚えて、徐々に文化資本を獲得していくのが良い。 私はそう考えている。 この記事はパッチ14.9の時に執筆されま ...

assorted books on wooden table

2024/4/25

【書評】なぜ働いていると本が読めなくなるのか【聖化させすぎてはいけない】

目を引くタイトルの本。 SNSで話題だったのと、ブログのコメントやコーチングのたびに考えるテーマだったので買った。 すなわち 「働きながらLOLを上達させるのは至難の業ではないか?」 と。 読書もLOLもソーシャルゲームに比べると、かなり趣味としてのコストが高い。 認知的な負荷がかかる。 例えばLOLでは、初めて数ヶ月の初心者でもないのに自分でルーンやアイテムを組まない人が珍しくない。 対戦ゲームなのでプリセットで勝つことはできない 自分でビルドを組むのは難しくない つまり 「知力や能力が低くても自分で組 ...

an abstract painting of red, yellow, and blue

2024/4/11

【書評】潜在意識の書きかえ方【小森 圭太】

潜在意識の書きかえ方 という本を紹介しよう。 ゼロポイントフィールドだとか、量子論だとか、難しい言葉が最初に出てくるのだけど、それらは全部飛ばす。 この本は2018年に執筆されたのだけど、2024年現在ゼロポイントフィールドはスピリチュアル界で流行っているようだ。 ゼロポイントフィールドは仏教用語でいう阿頼耶識と似ているので、そういうのがウケているのかもしれない。 この本を大まかに説明すると 真面目に書かれてあるスピリチュアル引き寄せ本 「多くの人が最終的に求めているのは感情的な満足」という主張 内側を変 ...

a white cup with a brown lid

2024/2/27

【書評】ドーパミン中毒【アンナ・レンブケ】

アンナ・レンブケのドーパミン中毒という本を読んだ。 なのでその感想および内容を書く。 結構長い本なのだけど内容はシンプルで 快楽と苦痛は脳の同じ部分を使う シーソーのようなもので、一方に傾けると、その後もう一方に傾く というものだ。 依存症からの脱出法も詳しく書かれているが、そこは飛ばして、シーソー部分を主に書いていく。 この記事はパッチ14.4の時に執筆されました。 まずドーパミンとは何か? フィギュアを集めるのが好きだった友人の話をしよう。 私は彼に 「当時フィギュアの何が魅力だったんだ?」 と聞いた ...

2024/7/4

ブルデュー『ディスタンクシオン』【趣味とは闘争である】

ブルデュー『ディスタンクシオン』講義 の8講まであるうちの、1講の半分についてLOL風の感想、要約、解釈などを書く。 本当は1講すべて書きたかったのだけど、長くなりすぎるので書けなかった。 ディスタンクシオンとは 「他者から自分を区別してきわだたせること」 みたいなニュアンスだと思って欲しい。 区別化 差別化 卓越性 でもいい。 「趣味の社会学」 みたいな本なので、ちゃんと読まないといけないわけだ。 かなり有名な本である。 この記事はパッチ13.24の時に執筆されました。 文化的ゲーム 趣味はもっとも重要 ...