イラオイへのカウンターピック【後出しでの対処なら簡単】

カウンターピック
この記事は約4分で読めます。

以前リクエストがあった、イラオイへのカウンターピックの記事を書く。

トップレーナーはノーマルゲームを嫌うことが多いのだが、その理由の1つに「イラオイがいるから」というのがあるかもしれない。

イラオイはサステインタイプのチャンピオンなので、火力がないタンクだとレーン戦ですることが全くないからだ。

「やっぱローディング画面でクライアント落としたほうが良かったな」

と思いながら、レーン戦をすることになる。

イラオイの対処方法を知らないと、ランクでも同じことを思う可能性が高い。

イラオイはセリフやフレーバーがカッコいいのと、強さがEの成功率に比例するので、基本的にイラオイが好きな人が使う。

この記事はパッチ11.9の時に執筆されました。

イラオイのストーリー

  • レベル6までプッシュせずにファーム
  • Eを当てる
  • 相手ジャングラーが来たらR
  • 対面がオールインしてきたらE>R

チョ=ガスよりもガンク耐性がないので、レベル5までなら簡単に決まる。

イラオイ相手への典型的な負けパターンは、レベル6以降タワーに押し付けられっぱなしになることだろう。

  • 一生Eをくらう>Eが切れるまで逃げる>またEを食らう

このパターンになってしまうと、CS差が物凄く付いてしまうので、試合にはともかくレーン戦は惨敗。

R中の戦い方には気を配る必要があるが、イラオイ戦はQとEをかわすかどうかしかないので、ダメージトレードという概念がない。

イラオイの苦手なチャンピオン

予想通りレンジチャンピオン相手には弱い。

レーンキルレートがイラオイのほうが高いチャンピオンは

  • アーゴット
  • ケネン
  • ヨネ

残り全員レーン戦がイラオイより強いことになる。

対処パターンは

  1. Eに当たりにくいチャンピオンを使う
  2. E(>R)されても勝てるチャンピオンを使う

順番に見ていこう。

Eを回避するには?

  • レンジを使う
  • タワーに押し付けられないようにする
  • スペルシールド的なスキルを使う

Eが方向指定で弾速がソレほどでもないので、メレーよりもレンジのほうがEをかわしながらラストヒットを取りやすい。

さらにイラオイは味方とのガンク合わせが苦手なので、ヴェイン・ケイル・ライズを潰しにくい。

結局ヴェイン・ケイル・ライズを使った場合、ただファームしてるだけでイラオイに勝てる可能性が高く、トップはそういった組み合わせで勝つのが一番楽。

Eが当たっても勝てるチャンピオンを使う

代表的なのがトリンダメアで、Eの後にR、その後Qを食らっても殴り勝てる。

何故なら5秒間無敵な上に、攻撃タイミングだけならイラオイはわかりやすいからだ。

※ R中の触手をかわしながら戦うのは、中々難しい。

トリンダメア側は、Rを押すタイミングに集中するだけでいい。イラオイのキーストーンが握撃じゃなければ、ほぼ必勝。

モルデカイザーやクレッドも、レベル6未満ならばEを食らっても、Eを殴るイラオイに殴り勝てる。

後出しでの対処は簡単

  • ヴェイン
  • ケイル
  • ライズ
  • トリンダメア

この4人のうち誰かを使うだけ。

基本的にソロキュー、特にトップはスケーリングの高いチャンピオンのほうが勝ちやすい。

なので得意ならば他のチャンピオンでも全然構わないのだけど、どれも同じくらいなのであれば上記4人が簡単だ。

イラオイを後出しされた場合は?

一方イラオイを後出しされた場合は大変だ。

冒頭に書いたように、イラオイを使う人はイラオイが好きで使っている場合が多いので、基本的に上手。

同レートならば、イラオイ側のほうが腕前は上と考えていい。

一応イラオイ相手に有効なテクニックを羅列してみよう

  1. ウィグリングアクション
  2. 回復半減アイテム
  3. イグナイト
  4. R中に触手をかわしながら戦うこと

1のウィグリングアクションとは、クネクネ動くことを言う。

「レーンでオートアタックが勝手に出ないようにする設定は絶対やめろ」

とは、あなたも聞いたことがあるだろう。

大抵の人は無意識、もしくは意識的にクネクネ動くことができるが、ソレは止まってると勝手にオートアタックが出てしまうからだ。

イラオイがサステインタイプなので、2と3については説明不要だろう。

4は難しいが、ダイヤ1付近くらいだと戦闘中、普通にかわしてくる。

ミッドレーナーはプラチナくらいでも、おそらくR中の触手をかわしまくると思うのだけど、トップはあんまりそういう戦い方が得意な人は少ないためだ。

とりあえずR中の触手をかわせれば、大抵のチャンピオンでタイマンに勝つことができる。

終わりに

書いたこと
  • レベル6までガンク耐性は低い
  • Eに当たると辛い
  • 後出しでの対処はレンジを当てるだけなので簡単
  • イラオイを後出しされた場合は捌くのが難しい

ドレイヴンみたいな手続き記憶が大事(何度も使わないといけない)なチャンピオンなのに、相手に対策を強いるのが面倒くさい。

イラオイに詳しい人が少ないのだから、対処方法を知る人も少ないという意味だ。

復活しないガーディアンエンジェルと言われていたデスダンスが11.9でバフされたので、後出しでイラオイを出された場合、中々辛い戦いになるだろう。

コメント

  1. いつも有用な記事をありがとうございます。
    こちらが後出しの場合、記事中の画像(OPGG)でも4位に記載されていますがモルデカイザーでカウンターするのが非常に楽なので私はおすすめです。

    理由としては
    1.モルデカイザーのスキルはどれも微妙に当てにくいですが、イラオイはQにしろEにしろスキルを打つ際に足が止まるのほぼ確定で当てることができる
    2.スキルを全段当てあってそのまま殴り合った場合、よほど触手がたくさん生えていない限りモルデカイザーが勝つ
    3.レベル6からはイラオイがEを使うのに合わせて、モルデカイザーはE(AA)QからRを使えばイラオイのEを無力化して倒すことができる
    ※回復半減用にイグナイトを持っていけば盤石です。

    イラオイのスキルを避けることにほとんど注意を払う必要がなく、タイミングだけ見て真っ向から応戦すれば勝てるので、典型的なトップレーナーには非常におすすめのピックです。

    • Mithosさん、コメントありがとうございます。
      私はモルデカイザーは結構好きなのですが、イラオイ相手には使わないので、記事には書きませんでした。
      ※ 知識的にカウンターピックは網羅できないので。
      確かにトップレーナーは基本Eをかわすのは苦手ですが、Eに合わせてスキルを当てるのは得意なので、
      モルデカイザーは良いカウンターだと思いました。

タイトルとURLをコピーしました