考察記事

ジャングラー最初のワードは、どこに置くと良いのか。【征服者のナーフと巧妙のバフ】

征服者1強時代も終わったので、
開幕ワードについて書く。

今までは

  • 征服者+サブ魔道(水走り)

じゃないと、ボットスタートしにくかった。

今は征服者が弱体化されたので、

  • メイン覇道+サブ魔道
  • メイン魔道+サブ覇道

といった組み合わせでも、
ボットスタートしやすい。

これによってゴーストポロを、
最初のスカトル周りの戦闘に、
活かすことができるようになった。

巧妙な賞金首狩りもバフされて、
ゴーストポロもゾンビワードも
10スタック溜めやすい。

※ この記事は自分用なので、普段より内容が難しい。

この記事はパッチ11.21の時に執筆されました。

時間やシステム周りの前提知識

5まで覚えておけばOK。

  • レベル1の黄色トリンケット 90秒
  • ゴーストポロ 90秒間持続
  • リコール 8秒
  • リコール中にもワードを置ける
  • ベースからバフまでは 26秒前後
  • 50秒にリコールでバッファ6秒
  • 1分にトリンケットを置くには52秒にリコールする
  • 上(青)ラプターにワードを置いて、下(赤)赤バフまで 20秒
  • 左リバー茂み 下(赤)青バフまで 7秒

赤トリンケットに交換するなら、
50~52秒にリコールするのがいい。

という内容だ。

LOLに限らず、
時間には少し余裕を持たせたほうがいい。

ジャングルルートの基本

誰でもついて来れるように基本を書く。

「付いてこれるヤツだけ付いてこい」

という姿勢では誰も付いてこれないと、
村上春樹も言っていた。

  • 基本はボットペアにリーシュを貰ってトップガンク
  • トップスタートは戦闘を避ける時

ボットスタートが表の選択肢で、
トップスタートが裏の選択肢だ。

コレはどちらのチームでも同じなので、
トップスタートに対策は立てない。

内容が複雑になりすぎるので、
無視する。

相手がプレデター時に、初めてトップスタート対策を考えるレベル。

最初に敵のバフやラプター前に置くのは避ける

理由は2つ

  • 置きに行くのに味方の協力が必要
  • ミッドレーナーなどが置きに行くとガンクを食らう

トラブルの元になるので、
ソロキューでは避けたほうがいい。

特にソロレーナーが置くと、

「アイツはワードがない」

という情報が相手に伝わるのがマズい。

開幕にワードを置く目的

  • 敵のレベル2ガンクを避ける
  • 戦闘が起こりそうな場所に置いておく
  • 敵のジャングルルートを見る

レーナーの黄色トリンケットは基本的に3。

つまりガンクに来たジャングラーを、
見る目的で置くわけだ。

ワードの置き方とタイミング

  • 黄色を1個置いて赤トリンケットに変える
  • ゴーストポロ or ずっと黄色トリンケット

1は最大でも2:30秒まで持続。

2は最大だと4:20秒まで持続。

  • リコール挟まずにワードを置ける
  • 90秒効果時間が長くなる

コレがゴーストポロの利点。

黄色>赤トリンケットの場合

黄色トリンケットを1個置いて、
赤トリンケットに変えると、
黄色トリンケット1個分得。

  • 50~52秒にリコールする
  • リコール中にワードを置く
  • ベースに戻る
  • 赤トリンケットに変える
  • バフに向かう

ワードを置くのにミスるとリコールが止まる。
致命的なミスではないが、壁抜けワードは避けたほうがいい。

ゴーストポロ or 黄色固定の場合

  • 上チームの敵ラプター前に置く
  • 下チームの赤バフにAAする

21秒の猶予があれば大丈夫だ。

  • 左の川の中央茂みにワードを置く
  • 下チームの青バフにAA

これは7秒。

どこにでも置けると考えていい。

流石に1.10秒だと、ラプター前にワード置かれても、追いかける気はしない。

ワードを置く場所の画像

主にレベル2ガンクケア

右リバー茂みの際(ミッド寄り)

雑に置くと通路が見えない。

左リバー茂みの際(ミッド寄り)

範囲付きクイックキャストじゃないとミスる。

ミッド右リバー
ミッド左リバー

置きたい側の壁は厚くなっている。

向こうの壁端を歩かれると見えない。

その他のワード

青バフ入り口(下チーム)

敵が下(青)チームボットスタート時に。

どこに置くのかは好みで。

パッと出てこない答えは保留するのがいい。

哲学用語でエポケーという。

ボット側リバー茂み際(上寄り)

自分が下(青)チームトップスタート時に。

ボット三叉路およびカタツムリ

カタツムリをクリックする。

※ マークつけてないので見にくいとは思う。

壁越えワードなので、

  • 手練れのサポート
  • 名のあるジャングラー

じゃない限り、多分ミスる。

※ 置いてからリコールしよう。

上(赤)チームジャングラーの時は、
それなりに便利な置き方。

左の茂みにも置けるが、開幕では避けたほうがいい。

敵ラプター

リコールしながら置けないので、
赤トリンケットには交換できない。

具体的にどこに置くのか?

下(青)チーム赤バフスタート

  • 左リバー茂みの際
  • ミッド左リバー
  • ボット三叉路

1と2はレベル2ガンク対策。

3は待ち構える敵を対策。

リターンが大きい。

ゴーストポロ時

  • 敵ラプター
  • 左リバー茂みの際

1は相手がワーウィックでもない限り、
敵ジャングルルートを予想しやすい。

2はゴーストポロだと、
こちらがフルクリア後に発見できるので、
ミッドとトップが気づく。

戦闘時にも大幅有利で、
ゴーストポロもスタック2。

下(青)チーム青バフスタート

  • 左リバー茂みの際(上側)
  • ミッド左リバー
  • ボット側リバー茂み

1と2は赤バフ>レベル2ガンク対策。

3は相手ボットペアが
リーシュして川から来た場合、
先制攻撃で追い払いやすい。

ゴーストポロ時

  • 敵ラプター前
  • 左リバー茂みの際

バフが近いので、
時間的な猶予が凄い。

上(赤)チーム青バフスタート

  • 右リバー茂み際
  • ミッド右リバー

1と2はレベル2ガンク対策。

他に置くところはパッと思いつかない。

ゴーストポロ

  • 青バフ上の入り口

置かれたほうは

「そこまでして勝ちたいの?」

と思ってしまう位置だ。

上(赤)チーム赤バフスタート

  • 右リバー茂み際
  • ミッド右リバー
  • ボット三叉路(カタツムリ)

1と2はレベル2ガンク対策。

3は開幕すぐに置く。

あなたがトップスタートすれば、
ボットペアはここで待ち伏せしたい。

なので

  • ボットペアが入る時のケア
  • 敵ワードの有無

この2つを防止できる。

ゴーストポロ

  • 青バフ上の入り口
  • トップ茂み際
  • 左リバー茂み際

少しでもトップとミッドへのガンクを
かわしやすくする。

開幕ボットレーン中央付近に置いて1カウント稼ぐ

  • ジャングラーへのリーシュの有無
  • ボットレーンの組み合わせ
  • 視界的な問題

こういった条件や問題があるが、
開幕ボットレーンにワードを置くと、
ポロを踏ませやすい。

私はしないけど、
結構強いと思う。

終わりに

  • 赤トリンケットに変える時は、50~52秒にリコールしながらワードを置く
  • ゴーストポロだとワードの置き方が増える
  • 赤トリンケット交換
  • ゾンビワード
  • ゴーストポロ

ゴーストポロの時だけ複雑。

開幕はミッドかボットをケアして、
次は自分の向かう先をケアする。

トップガンク防止ワードを置いて、
自分はトップスタートするのは、
1週目が弱いジャングラーの時。

もうすぐアイテムが変更されるけれど、
征服者と巧妙が変わったので、
その辺を意識しておくのが良さそうだ。

-考察記事