トップ

クレッドのビルドガイド【増加HP参照アイテムと相性がいい】

スカールのシステムを知らない場合、クレッドには簡単にボコられる。

イラオイみたいに、知らないだけで勝てないチャンピオンだ。

あなたがダイヤ4に上がりたいのであれば、クレッドを使うのは良いアイデアかもしれない。

※ 知らないだけで勝てない。世の中コレが多すぎ。

  • スカールのHPは増加HPとして計算される
  • 再騎乗
  • Wは相手チャンピオンを殴る時に取得

操作自体は簡単だけど、それ以外は複雑という、典型的なLOLチャンピオン。

というのも実は説明文章だけなら、DotaよりLOLのほうが長い。

Dotaをしたことがない人でも向こうのチャンピオンのほうが、バカみたいにスキルが強いのは知っていると思う。

これはカードゲームで言う、「文章が短いカードのほうが強い」というヤツだろう。

LOLをする上では重要なので覚えておくといい。

この記事はパッチ11.15の時に執筆されました。

クレッドのストーリー

  • 対面をボコる
  • レベル6になったら敵ジャングル or midにR
  • スノーボールする

ダリウスと同じで序盤に活躍したいチャンピオン。

再騎乗してタイトロープを制するのがクレッドの特徴だ。

降りた時にWが残っていれば大体再騎乗できる。

20分以降はスノーボールしていない限り弱い。

誰をBANするのか?

  • フィオラ
  • ワーウィック

クレッドはQ2段目が強いのだけど、フィオラには簡単に対処される。

この2人はレーン戦でクレッドに対処しやすい上にスケーリングも高いので、カードゲームで言えばアグロ対ミッドレンジ。

  • レーン戦が五分以下
  • しかしスケーリングは向こうのほうが高い

LOLでもこの組み合わせは、トラブルが起きない限り不利側が勝つことはない。

ただファームしてるだけで勝てる組み合わせが、最もマズい。

クレッドのルーン

  • 征服者
  • 凱旋
  • レジェンド:血脈
  • 背水の陣
  • 至高
  • 強まる嵐

序盤を強くしたい場合はサブルーンで調整する。

あなたが初心者で10分100CS取ったことがないのであれば、サブルーンは魔法の靴+ミニオン吸収装置だ。

相手がタンクの時は不死者の握撃が有効だけど、難しいので今回は書かない。
何も考えずに100%征服者で全く問題ないからだ。

ルーンのかけら(シャード)

  • アダプティブ
  • アダプティブ
  • 物理 or 魔法防御

攻撃速度でもいいし、スキルヘイストでもいい。

オールインとラストヒットを考えると、アダプティブがいいというだけの理由。

体力は絶対に入れないように。

クレッドのサモナースペル

  • フラッシュ+イグナイト or イグゾースト
  • イグナイト+バリア
  • イグナイト+イグゾースト

テレポート+イグナイトは基本的にただファームするだけのサモナースペルである。

クレッドはスケーリングが低いので、その組み合わせにすると負ける可能性が高い。

※ 相手がただファームをしているだけで負ける。

ジャングル・ミッドを巻き込んでの小規模集団戦に勝ちやすいのは、テレポート無しだ。

バリアはコンバットトリックとして使うので、慣れないとちょっと難しい。

クレッドのスキルオーダー

  • レベル1でQ
  • レベル2でE
  • レベル3でQかW
  • レベル4以降はR>Q>W>Eの優先順位で取る

クレッドならではのテクニックとして、Wを使う時に取るというものがある(フリックと呼ぶ)。

先程いったフィオラのようなQの2段目が効かない相手には、仕方がないのでWを優先して上げるのだけど当然弱い。

私はレベル3でQを上げるほうが好み。

クレッドのアイテムビルド

クレッドはスカールのHPが何故か増加HP扱いになっている。

レベル1で400、レベル18で1420増加扱い。

そのため

  • タイタンハイドラ
  • ステラックの篭手
  • ガーゴイルストーンプレート

この3つはよっぽどスノーボールしていない限り、3つ全て積む。

サモナーズリフトはファームのために武器を買うので、まずはタイタンハイドラからだ。

ARAMなら初手ワーモグアーマーが結構強いけれど、サモリフのクレッドはワーモグを買わない。

スタートアイテム

  • ドランブレード+体力ポーション

ここもダリウスと一緒。

不利な組み合わせの時だけ考えていこう。

ファーストアイテム

  • タイタンハイドラ
  • ストライドブレーカー

スカールのHPが増加扱いなので、タイタンハイドラが妙に強い。

  • タイタンWフルヒット>ゴアドリンカーWフルヒット+アクティブ

ストライドブレーカーは相手がレンジの時に使う。

最大HPはスカール分も計算されるので、ゴアドリンカーも悪くないけれど、このビルドではタイタンハイドラルートで行く。

ブーツ

  • バーサーカーブーツ
  • アイオニアブーツ
  • スイフトネスブーツ
  • プレートスチールキャップ
  • マーキュリーブーツ

真っ先にブーツを買う場合はバーサーカーブーツ。

タイタンハイドラの後に買うなら、

  • 勝っている時は2か3
  • 五分以下なら4か5

セカンドアイテム

  • サンファイアイージス
  • タイタンハイドラ

初手タイタンハイドラの場合は1。

範囲ダメージが体力参照なのと、ミシック自動効果が優れているからだ。

初手やセカンドにゴアドリンカーを積む場合、レジェンドは血脈ではなく強靱になるだろう。

初手ストライドブレーカーの時は、当然2手目はタイタンハイドラ。

サードアイテム

  • ステラックの篭手
  • ガーゴイルストーンプレート
  • ソーンメイル
  • 毒蛇の牙
  • ハルブレイカー

クレッドは増加HPが高いので、当然1か2が強い。

クレッドのQには回復阻害が付いているので、1つもAR増加アイテムを積んでいない場合や、アーゴット相手にだけソーンメイルを買おう。

クレッドはRで集団戦をしたいチャンピオンなので、対面に圧勝(スノーボール)していない限りハルブレイカーはそんなに有効ではない。

3手目にガーゴイル積むのは、クレッドだけかもしれない。
ただし火力は上がらないので、ステラック先が良いと思う。

フォースアイテム

  • ステラックの篭手
  • ガーゴイルストーンプレート

積んでないほうを積む。

フィフスアイテム

ステラック+ガーゴイル両方積んでいる場合

  • ガーディアンエンジェル
  • デスダンス

どちらかを積む。

終わりに

  • スカール周りを覚える
  • フィオラはBAN
  • ルーンは征服者固定
  • テレポートは避ける
  • 次の3つのアイテムを揃える
    1. タイタンハイドラ
    2. ステラックの篭手
    3. ガーゴイルストーンプレート

アイテム周りが重要なチャンピオンなので、スケーリングが高いように思える。

しかし最も活躍したい時間帯は、武器1個+ブーツ時だ。

ジャングラーと違いレーナーは、必ずしも初手バーサーカーを積めないので、アイテムビルド周りの知識はレーナーのほうが求められるのだろう。

ジャングラーとADCはほとんど何も考える必要がないのだけど、トップレーナーは知ってるかどうかで随分差が出る。

最後に戦闘時にポーションやアクティブアイテムを使うコツを書く。

敵と戦闘する前に、心の中で準備しておくことだ。

達人は何も考えずにポーションを飲めるけれど、普通の人は「○○になったら使う」と準備しておく必要がある。

ポピュラー心理学で言う、イフゼンプランニングというヤツ。

-トップ