考察記事

ミニマップを見る習慣をつける方法【忘れなければ5分で出来る】

結論を最初に書くと、
習慣レバレッジとか、プレマックの原理
と呼ばれる手法を使うと見れるようになる。

トイレから出た時に腕立て伏せを2回すれば、
トイレの回数×2の数することになるだろう? 
という話。

大半のプレイヤーは、
気が向いた時にしかミニマップを見ない。

さらに見てはいけないタイミングで見たりする。

原因はいくつか考えられる

  • ミニマップをいつ見るのか決めていない
  • ミニマップばかり見るゲームだと思っていない
  • ミニマップを見るのが面白くない

初心者の時の気持ちは忘れてしまったけれど、
普通は

  • 見た目が好みのチャンピオンを使って
  • 対戦相手をボコる

こういうゲームだと考える気がする。

まさか延々ミニマップ見ながら、
ファームばかりするゲームだと思わないだろう?

※ この2つが息をするのと同じレベルになるまでは、病的に繰り返すゲームだと感じるはず。

この記事はパッチ11.19の時に執筆されました。

LOLで1番頻度の高い行動を探そう

トップ・ミッド・ボットの場合は、

  • ラストヒットを取る

コレが最も頻度の高い行動だ。

範囲スキルを持ってないチャンピオンなら、
10分間で107回も意識する。

ジャングラーの場合は、

  • モンスターにスキルを全部撃った後
  • 次のキャンプに向かう時

サポートの場合は、

  • 相手にスキルを撃つ前後
  • 相手がスキルを撃った後

人によって違うが、ここらへんになるだろう。

頻度の高い行動の後にミニマップを見る

  • ミニマップを見る

このタスクは全く重くない。

ゲームへの理解度や慣れにもよるけれど、
文字通り一瞬で終わる。

  • 高頻度の行動を見つける
  • 高頻度の行動の後にタスクを足す

今回の場合はミニマップを見るタスクが軽いので、
やり方さえわかればOKだ。

苦労は全くない。

今回の記事はコレだけ、内容は終わり。

あなたはミニマップを見れるようになりました、おめでとうございます。

まだ700文字しか書いていないので、
もう少しだけ何かを書こう。

くっつけるタスクが重たい場合

ミニマップを見るのは一瞬なので、
それ以上重たくならない。

なのでラストヒットが取れる人ならば、
やり方さえ忘れなければ確実に身につく。

タスクが重たい場合は

  • 吐き気がする
  • ウンザリする
  • 先延ばしする

トイレ+腕立て伏せ2回から考えると、
徐々に回数を増やす、
時間と強度を上げていくとなる。

LOL掃除法

  • LOLの試合後
  • あるいはローディング中

部屋を片付ける。

ロードは妙に速い時もあれば、誰か1人遅い人がいて、遅い場合もある。

しかし速くても遅くても、部屋を片付けることはできるだろう?

LOL筋力トレーニング法

  • LOLの試合後
  • あるいはローディング中

腕立て伏せ、スクワットを2回する。

2回って数字は、人に言ってかっこいい数字ではない。

でも続けていればそのうち回数が増える。

1年も続ければ、片手や片足でも、できるようになるかもしれない。

ミニマップを見るのは簡単なのに、見れる人が少ない理由

700文字で説明が終わったし、あなたも簡単に実行できると思っただろう。

実際やり方さえわかれば誰でもできる。

しかし実際にできる人は少ない。

理由は冒頭で言った理由と似ていて

  • 考えたことがないから

である。

LOLは覚えることが凄く多く、簡単なことをたくさん覚えるゲームとも言える。

単純にまだ順番が来ていなかっただけだ。

遅かれ早かれ、いつかは

「どのようにしてミニマップを見るのか?」

と己に問うことになる。

技術的にLOLで難しいことは少ない。

LOLで最も難しい技術は、自分の自動思考に反論することで、コレさえできれば達人を名乗って差し支えない。

終わりに

  • プレマックの原理
  • 高頻度の行動にミニマップを見るを足す
  • くっつけるタスクは軽いほど良い
  • 重い場合は軽いものから始めて
    徐々に重くしていく
  • やりたいことを何かに足していこう

いろいろ書いたけれど、
一応ラストヒットがある程度取れるなら、
ミニマップを見る手順は簡単だ。

音楽を聴く人ならば、
1曲聴いたら何かすればいい。

応用が効く方法だ。

-考察記事