トップクインガイド【そこそこ安定して先出しできる】

ビルドガイド
この記事は約6分で読めます。

クインはレーン戦が簡単で強い。

しかも先出しが比較的安定する。

主に先出し時のビルドを書いていきたい。

※ この記事はパッチ10.13の時に執筆されました。

スポンサーリンク

クインは先出しできるのか?

先出しできる。

先出しは相手によって色々とビルドを工夫する必要があるが、マルファイトをBANすればなんとかいける。

クインとヴェインの違い

後半の強さ ヴェイン>クイン

有利チャンピオンの多さ クイン>ヴェイン

となっている。

クインでは勝てないけど、ヴェインなら勝てるというチャンピオンはいないのだ。

一応タンクに対してはヴェインのほうが強いんだけど、トップヴェインはタンク相手にピックするチャンピオンではない。

そしてトップヴェインを先出しすると、高確率で試合に負ける。

クインとヴェインどちらも有利なチャンピオン(ガレンなど)に出すなら、クインではなくヴェインをピックするべき。

ちなみにヴェイン対クインは、クインが圧勝する。

クインはレーンが強いのではなくスケーリングが高い

EとWのおかげで相手の接近を捌くのは得意なのだが、単純にあまり火力がない。

分類はマークスマンなので、武器を積む前は弱くて当たり前ではある。

クインのスケーリングはかなり高く、ヴェインを5とするとクインは4くらいだ。

クインのサモナースペル

  • フラッシュ+イグナイト
  • フラッシュ+テレポート以外

イグナイトは対面を倒せそうな時。

イグナイト以外の時は、対面が倒せなさそうでスケーリングで勝てる相手の時だ。

Rのおかげで復帰が速いので、テレポートは絶対に持たないこと。

クインのスキルオーダー

  • レベル1でE
  • レベル2でWかQ
  • レベル3で取ってないスキル
  • レベル4でW
  • それ以降はR>W>Q>Eの順番で取る

ティーモのような相手にはQ上げで、AA>E>AAをリスクなく当てれるとかならE上げ。

どのスキルも強いので、良いと思ったものを取れば良い。

W>Q>Eの順番はファームが速いという理由が大きい。

意外と全てのスキルが結構スケーリングするので、レートゲームは強めなのがわかる。

クインのコツ

Rの後は最初にEを打たずAAを入れてからEを打つ。

AAが到達する前にRによるマークが付くので、なるべくAAから入ったほうがいい。

R>AA>E>AA

ラピット・ファイアキャノンを持つとRが当たらなくなるので、購入は避けたほうがいい。

ルーン設定1 電撃

後出しで有利なチャンピオンに出す時のルーン設定だ。

柔らかめのチャンピオンに対して出す。

当然スケーリングはプレスアタックに大きく劣る。

メイン覇道

  • 電撃
  • 追い打ち
  • ゴーストポロ
  • 執拗な賞金首狩り

AA>E>AAなどで電撃を発動させていこう。

魔道 or 栄華

  • マナーフローバンド
  • 追火
  • オーバーヒール
  • レジェンド:迅速

トップでAA主体のレンジを使う時は、オーバーヒールが強い。

ルーンのかけら

  • 攻撃速度
  • アダプティブフォース
  • 対面に合わせた防御ルーン

対面と敵ジャングルが同じダメージタイプの時は、真ん中と下段に2つ同じ防御ルーンを入れる。

ルーン設定2 プレスアタック

硬めのチャンピオンに対してはプレスアタックを使う。

こちらのルーンのほうがスケーリングが高いのだが、大きな問題が1つ。

プレスアタッククインを出すなら、プレスアタックヴェインを出すべきだ。

なので先出しクイン用のルーンとなる。

メイン栄華

  • プレスアタック
  • オーバーヒール
  • レジェンド:迅速
  • 最期の慈悲

切り崩しはオススメできない。相手のADCを襲う時に発動しないからだ。

サブ魔道 or 天啓

  • ニンバスクローク
  • 追い風 or 英気集中
  • 魔法の靴
  • ミニオン吸収装置

魔道はガンク耐性が上がる。

天啓は靴を急ぐ必要がない相手の時に使うと、スケーリングしやすい。

ルーンのかけら

設定1と全く同じ

クインのアイテムビルド

有利な対面に圧勝している時の理想のアイテムビルド(試合でこんな買い方にはまずならない)。

スタートアイテム

ドランブレード+体力ポーション

ファーストリコール

  1. 足が速ければ勝てる相手にはバーサーカーブーツ
  2. 相手がナサスならエクスキューショナーコーリング
  3. それ以外にはヴァンパイアセプター

という考え方だと、アイテムを購入しやすい。

基本的にはブーツで止めておいて、先にコアアイテムを完成させたい。

1つ目のコアアイテム

  1. 硬い相手にはルインドキングブレード
  2. それ以外にはサングインブレード

基本的にファームが速くなるサングインブレードを買いたい。

ルインドキングブレードが欲しい相手には、ヴェインを出すべきだ。

2手目からクリティカルビルドに以降するマークスマンは、サングインブレードのほうが向いている。

2つ目のアイテム

  • グインソーレイジブレード
  • ストームレイザー
  • ドラクサーダスクブレード
  • ファントムダンサー
  • スタティックシブ
  • ルナーンハリケーン

クインはクリティカルでパッシブのCDが短くなるので、クリティカルを積んでいきたい。

グインソーは対面がタンクの時(王剣+グインソー)。

ストームレイザーとドラクサーはR>AAでガンクする時にバーストが出るので、メインの選択肢だ。基本的にどちらかを買うのが良い。

ファントムダンサーはアサシンかメイジに倒されそうな時(ヘクスドリンカーはファームが遅くなるので、2手目で買いにくい)。

スタティックシブとルナーンハリケーンは鬼ファームの構え。圧勝している時かコケてる時に買う。

ハリケーンを買うと、集団戦がアタックムーヴしてるだけになるので凄く楽。

3つ目のアイテム

  • インフィニティエッジ
  • ナイトエッジ

好きなほうを積もう。

WでASが80%も増えるので、ファームに問題ない火力があれば、ASを積み続ける必要は薄い。

4つ目以降のアイテム

その時に欲しいと思ったものを積もう。

終わりに

書いたこと
  • クインは先出しできる
  • 後出しの時は先にヴェインを出せるかを考える
  • 意外とクインはスケーリングが高い
  • テレポートは持たない
  • R状態ではAAから入る
  • 電撃がクインのメインルーン
  • サングインブレードがクインのコアアイテム

今回のビルドは先出しの時も含めてのビルドなので、随分複雑になったように思う。

統計サイトやビルドガイドに書いてあるビルドは、基本的には後出し有利なビルドが書かれてある。

何故かというと、先出しで臨機応変っていうのは、最低でもダイヤ3くらいないと理解できないからだろう。

ネットの記事は普通、初心者向けに書くからだ。

玄人が少ない=玄人向けの記事は閲覧数も少ない

コメント

タイトルとURLをコピーしました