考察記事

今夜勝ちたいサポート攻略【消極的なプレイに偏らないようにすること】

次の人向けの記事

  • サポートでゴールド4に上げたい
  • サポートを初めてみたい

ロールを”どこでも”で入れると、
大体サポートになる。

不人気なロールだ。

不人気の理由は

  • コントロール感がないから
  • 努力が勝利に直結しにくい

人間はむやみやたらに、
コントロール感が好きなのである。

また他のロールに比べると、
ゴールドに上がる仕組みがわかりにくい。

この記事では、
誰でもサポートで勝つ方法がわかるように書く。

この記事はパッチ11.21の時に執筆されました。

努力=勝利とはなりにくいロール

他の4ロールは

  • 何も考えずに素早くファームする

この習慣が付くだけで、
LOLは確実にダイヤだ。

でもサポートはファームをしないので、
他の部分で相手に差を付ける必要がある。

試合ではなく性格を変える

あなたも知っているとおり

「死んでもサポートをしたくない」

という性格の人がいる。

GIVE & TAKE「与える人」こそ成功する時代

上の本ではテイカーという性格で、
人間の2割がテイカーらしい。

「テイカーを見分けられないと人間苦労する」というのが本の内容。
私もそう思う。

外付けのチャンピオン

  • 目覚まし
  • メモ
  • リマインダー全般

こういったものを、
外付けの脳と呼ぶ。

サポートは外付けのチャンピオンだ。

  • レーン戦では隣のADC
  • 中盤戦以降はメインキャリー

ずっと1が望ましいのだけど、
隣のADCが5デスしたり、
分間CS6だったりする時がある。

後半ならアッシュやミスフォーチュンより
ケイルやライズのほうが強い。

ナミでEをかけるなら?

レーン戦ならば、
ルシアンとAA射程が長いチャンピオン。

あとはヤスオ。

中盤戦ならば、
パッチ11.21最強のトップレーナー、
ティーモとも相性がいい。

帝国の司令+Eで、
AA時に35~55%以上のMS差が付く。

反対に

  • アッシュ
  • グレイシャルセナ
  • アフェリオス
  • サミーラ

あたりとは相性が悪い。

サポートにもスケーリングはある

ソナはレーン戦で

  • Qのハラス
  • Wのヒール

でごまかして、
20分以降に勝つチャンピオン。

相性の善し悪しはあるけれど、
本人が上手なら強い。

難点は

  • レベル6までCCがない
  • 対面を潰しにくい

ことである。

反対にブリッツは

  • レベル5未満でもCCスキル2個
  • 対面を潰しやすい
  • レベル1が最強

対面を潰せれば勝てるが、
潰せないと大きく不利。

低レートほど試合時間が長いので、ゴールドに上がるならブリッツよりソナのほうが有利。

初心者サポートはAAをしない

理由は2つあって

  • アタックムーブを知らないから
  • 中盤以降のAAダメージが低いから

1は無視する。

精神的に健康ならば、
誰でもすぐに覚えられる。

主な問題は2で、
サポートしかしていないと、
AAが無意味に思えてしまうのだ。

初心者がサポートだけすると、
こうなる。

1も2も解決方法は簡単で、
ADCもプレイすればいい。

安全にワードを置く方法を考える

中盤のサポートはワードマシーンだ。

マップにたくさんワードを置くのだが、
当然置く時は危ない。

  • スキルでブッシュをチェックする
  • 壁越しにワードを置く

1は遠距離スキルをブッシュに撃つこと。

2は特殊なテクニックもあるのだけど、
茂みに敵が潜んでいても、
安全な位置からワードを置くことだ。

壁を挟んでワードを置く場合、
ワードを置く側の視界を取られてなければ、
安全に置ける。

※ 例えば赤バフから裏の茂みに置く場合、赤バフにワードが刺されてなければ安全に置ける。

サポートでもミッドでも倒された時の金額は同じ。

人間の思考は偏りやすい

公式が言うには

サポートは

  • 極端に防御的なプレイ
  • 極端に攻撃的なプレイ

に分かれるそうだ。

ソラカで言うなら

  • 味方にWしかしない
  • 敵にQしかしない

こんな感じである。

  • 防御的=消極的
  • 攻撃的=積極的

とも言える。

偏るなら積極的なほうがいい。

最も良いのは勝敗にこだわらないこと

LOLは一番勝てる方法は、
得意(簡単)なことをすることだ。

難易度的に言えば

  • ミッドレーン
  • ジャングル

の難易度が高い。

一番簡単というか、
差が付きにくいロールは

  • サポート

だ。

プロの試合ならば、
ラストヒット精度が高くて当然なのだが
シルバーはそうじゃないからだ。

あなたがセナが超上手で、
レーンで魂を溜めまくれたとしても、
ミッド・ジャングルで
まともにファームしたほうが勝てる。

メイジサポート

LOL名物というか、あるあるに

「ADCがダメージ出さないからメイジを使う」

という人がいる。

悲観主義者のほうが現実的らしい。

彼の言うことも、
半分くらい合っている。

わたしも初心者カスタム部屋で

「サポートをして勝て」

と言われたら、

  • セナ
  • ラックス
  • ザイラ
  • ティーモ
  • ケイル

辺りを使うだろう。

考え方として不健康なのだけど、
意外と勝ててしまう。

メイジサポートでも
チャレンジャーまでいけるというか、
むしろ行きやすいまである。

視点の変更

「サポートはこうあるべき」

という考えだと少しガッカリするが、
世の中そういうものだ。

しかし先程言ったような
積極的か消極的かという話ならば、
メイジサポートは積極的である。

視点が変われば、
今まで低EQ野郎だと思っていた
メイジサポートが
積極的プレイヤーに変わる。

一般的には、目標までの解決策は多いほど良い。というのがある。

終わり

  • サポートはファームしないので差をつけにくい
  • レーン戦は隣のADCをサポート
  • 中盤以降は最も育っている味方をサポート
  • スケーリングの高いサポートは対面を潰しにくい
  • 消極的な思考にならないように気をつけること

ADCを守るのも大事だが、
積極的な姿勢も大事。

サポートはマスター・イーではないので、
試合に勝つのであれば、
偏った思考は避けることだ。

無難にプレイして、
相手にレオナやアッシュがいれば
ミカエルの祝福を買って満足する。

これくらいの気持ちが大事。

最後にLOLを楽しむコツを教えよう。

「味方をNPCだと思うこと」

するとどう感じるかというと、

「コイツラ全員自分のために戦ってくれている」

と感じる。

※ ジンクス、ケイルはこんな気持ちでプレイしている。

LOLが下手な人は

「味方のために頑張っている」

と思っているのである。

LOLは所詮ゲームなので、
何かあればプレイヤーはAFKをする。

自分だけ頑張っているとなれば、
不満になるのは当たり前だ。

-考察記事