考察記事

誰でもわかるアンブラルグレイブ【ゴールド効率やワードの仕様など】

パッチ12.7でバフされた、
アンブラルグレイブについて書きます。

トータルコスト 2400ゴールド ⇒ 2300ゴールド
合成コスト 600ゴールド ⇒ 500ゴールド
「ブラックアウト」のクールダウン 45秒 ⇒ 35秒

パッチノート12.7

前提として

  • アンブラルグレイブの性能
  • AD50 スキルヘイスト15 脅威10
  • セレイテッドダークは特別に強い

ここらへんの知識が必要です。

次に

  • 他のアイテムと比べた場合
  • セカンドアイテムを含めて考えてみる
  • ゾンビワードとの相性など

といった流れになります。

ではまずセレイテッドダークの性能から、
始めてみましょう。

この記事はパッチ12.7の時に執筆されました。

1脅威は5ゴールドで計算されていた

  • ロングソードは350ゴールドで10AD
  • 1AD=35ゴールド
  • セレイテッドダークは1100ゴールドでAD30+脅威10
  • AD30=1050ゴールド 脅威10=5ゴールド

こういった流れですが、
普通に考えて脅威100=500ゴールドは、
狂っていると言えるでしょう。

なので実際面倒な計算をすると

  • 1脅威=29.15325ゴールド

となるそうです。

脅威のために「そのステータスだけを提供する最も安価な基本アイテム」を選ぶと、セレイテッドダークになりますが、問題はこのアイテムが非常にゴールド効率がよく、脅威1ポイントにつき5ゴールドを得ることができ、これは非現実的なことなのです。脅威の値段を決定するためには、別のアプローチが必要です。

G efficiencyの翻訳

というわけでセレイテッドダークは

  • 1341ゴールド分の価値がある

となります。

なぜ29ゴールドになるのか知りたい人は、元の記事を見てください。

カイ=サとレンガー

とりあえず、

  • セレイテッドダークだけ買うチャンピオン

と言われれば、

  • カイ=サ
  • レンガー

の二人が思い浮かびます。

カイ=サは

  • ロングソードスタート
  • リコール後、セレイテッドダークと女神の涙を買う
  • その後マナムネ購入でQ進化
  • セレイテッドダークはそのまま放ったらかし

レンガーは

  • リコール後、セレイテッドダークを買う
  • その後エッセンスリーバーを買う
  • 次にセレイテッドダークをドラクサーか赤月にする

凄くコケているだとか、
既にスノーボールしてるとかなら、
こんな買い方をする必要もないでしょう。

しかしLOLは敵をボコらないと勝てない。

なので序盤は戦える装備を買います。

脅威アイテムの強さはセレイテッドダークを買えるところ

アンブラルグレイブは

  • AD50=1750
  • スキルヘイスト15=400.05
  • 脅威10=291.5325
  • 合計2441.5825

上にブラックアウトの効果が付きます。

だとしても、
そこまでゴールド効率が
良いアイテムには見えません。

しかし脅威アイテムの強さは、
セレイテッドダークを買えるところ。

つまり

  • アンブラルグレイブ2300(2442)
  • セレイテッドダーク1100(1341)

3400ゴールドで、
実質3783ゴールド分のアイテムが買えます。

他の3400ゴールドのアイテムと比べた場合

画像はGold efficiencyより引用

アンブラル+セレイテッドのゴールド効率は、

  • 111.26%

さらに次は脅威ミシックが完成します。

アンブラルから繋げる場合は、

  • 基本は赤月の刃
  • 欲しがる人はドラクサーダスクブレード

となるでしょう。

脅威は重ねたほうが効果が高いですが、
耐久力は相当不安が残るので、
赤月が選ばれるケースが多いです。

脅威ビルドの場合、スノーボールしてるなら4手目、そうじゃないなら3手目でAR%貫通装備を買います。

ゾンビワードはアンブラルグレイブ専用ルーン

覇道ルーンには

  • 目玉コレクター
  • ゴーストポロ
  • ゾンビワード

の3つがありますが、
使いやすさは、
リストの順番どおりになります。

1 知識が必要ない。

2 サポート、トップ、巧妙な賞金首狩り、
いずれかの条件が必要。

3 サポートではゴーストポロのほうが優秀。

それ以外のロールでは、
MAXまで貯めるのが難しい。

なのでアンブラルが必要。

あなたが初手アンブラルを購入予定で、覇道ルーンが入っているのであれば、ゾンビワードは是非入れましょう。
むしろ無理にでも覇道にして、ゾンビワードを入れるべきです。

実際にアンブラルグレイブを購入しやすいチャンピオン

  • セナ+パイク
  • 脅威ジャングラー
  • スノーボールした脅威ミッド

ここらへんでしょう。

1 サポートの場合、
覇道を入れるとしても、
ゾンビワードかゴーストポロか悩みます。

2 初手アンブラルに全くリスクがありません。

3 五分で購入すると、
対面に勝てなくなるかもしれません。

具体的にチャンピオン名を挙げると

  • グレイブス
  • レンガー
  • ケイン

辺りになるでしょう。

コレらのチャンピオンは、
五分の状況で積極的に
オールインしないことが多いです。

特にレンガーとケインは、
少し育てば物凄い火力と機動力なので、
アンブラルが良いでしょう。

ワードを壊す時に2人でゴールドを得る方法

例えばステルスワードを壊すとします。

  • プレイヤー1が赤トリンケットを使う
  • プレイヤー2がAAでワードのラストヒットを取る

これで2人にゴールドと経験値が入ります。

細かい条件は私もよくわかりませんが、
覚えておくと良いでしょう。

アンブラル時はAA1発で3削りますが、
同じことができるかもしれません。

ジャングル・サポート時に赤トリンケットを使う時、ラストヒットは他の人に取らせたほうが得。
試合で気を付けるのは、コレくらいでいいです。

終わりに

  • アンブラルグレイブが大きくバフされた
  • セレイテッドダークは特別に強い
  • アンブラルの後にセレイテッドを購入できるのが強み
  • 特定のチャンピオンでの初手アンブラルが現実的な選択肢になった
  • 2個目のセレイテッドダークは赤月に進化させる(別に他のアイテムでもいい)

脅威ミシック以外で、
初手に欲しい脅威アイテムだと、
他には

  • 妖夢の霊剣

があります。

向こうは少しナーフされたので、
採用率は低くなりました。

パッチ12.7でまたバフされたレンガーが、
火力とR時の機動力が高く、
アンブラルを装備しやすいので、
使ってみるのが良いかもしれません。

アサシンで序盤スノーボールすると、
自分に1000賞金が付きます。

たまに倒されて、
逆転されて負けることがあるので、
アンブラルでリードを保ったまま
4ドラゴンを揃えるとなるのが良さそうです。

あまりカッコよくない勝ち方ですが、
かなりレートの高い試合でも、
結局4ドラゴン取って勝利。

コレが基本ではあります。

-考察記事