カウンターピック

アニーへのカウンターピック【アニー対策】

オブジェクト賞金が付いてからは、
以前よりも後半強いチャンピオンが
活躍するようになった。

アニーはブラッドミアみたいなもので、
20分過ぎてからが強い。

特にアイテムやルーンの変更はないのだけど、
システムの変更で
妙に強くなったわけだ。

それではアニー対策を書いていく。

この記事はパッチ12.5の時に執筆されました。

アニーのストーリー

  • 無難にファームする
  • チャンス時にフラッシュからコンボ
  • オブジェクト戦前に敵のMidやADCにフラッシュコンボ
  • またはアンブッシュからコンボ
  • ドラゴン4つ取って勝利

なぜかAAの射程が625もあり、こちらの射程が短いとエアリーやファーストストライクにしてくる。

アニーの攻撃パターン

  • AA
  • AA+Q
  • スタン付きW>AA>Q
  • フラッシュ>R>Q>W

敵のガンクを食らってしまったら、
ミシック完成後のフルコンボで、
大体一発で倒されてしまう。

耐えられない時はMRを買う必要があるが、なるべく買いたくない。

アニーへのカウンターピック

LOLAlytics Platinum+ 2022/03/06

カウンターチャンピオンを見ただけで、
アニーがプッシュ力ないことがわかる。

  • まともに操作ができる(操作は上手)
  • でもマッチアップは全然わからない

これがプラチナ帯の目安だ。

Diamond+

ダイヤ以上になると

  • マッチアップが少しわかってくる
  • ビルドやルーンを工夫するようになる

プラチナはカサディンに電撃入れてボコられるが、
ダイヤは電撃以外にして、
しっかり対処している。

なのでカサディン相手は、
58%で圧勝している。

ノーマルゲームのトップ・ミッド、やはり学ぶことが少ない。

D2

ここらへんになると、
統計がさらに少なくなるが、
大体変わらない。

アニー側のジャングラーも、
APを重ねるようなレートじゃないのだが、
ケイル、カシオペアのような、
先制攻撃できる相手に勝ててない。

アニー+アニー側ジャングルが両方APだと、ケイルに勝つのは、ほぼ無理。

カウンターチャンピオンでの戦い方

それでは

  • ケイル
  • キヤナ
  • カシオペア

辺りの戦い方を考えてみよう。

対策ビルドテンプレートは

  • サモナースペル
  • ルーン
  • スタートアイテム

ケイル

後出し専用のチャンピオンで、
勝てる相手には大体ケイルが出てくる。

  • フラッシュ+テレポート
  • リーサル+サブ不滅
  • ドランシールド+体力ポーション

2 必ず先制攻撃食らうので、
背水の陣。

心身調整+超成長で耐える。

3 ケイルのドランリングは、
Q上げじゃない限りやめておこう。

序盤はただファームして、
20分過ぎたら勝つ。

アニーに強い点は

  • ティバーズを簡単に処理できる
  • アニーにフラッシュコンボされた味方にR
  • レンジなのでクリスタルセプターが効かない

やはり後半強いアニーに、
楽勝だから勝てる。

キヤナ

  • フラッシュ+イグナイト
  • 電撃+なんでもいい
  • ADあがれば、なんでもいい

キヤナはEの射程が650なので、
アニー相手は楽勝。

こちらのスキルコンボを、
アニーはフラッシュしなければかわせない。

できればキヤナ側に近い位置で、
レーンをフリーズしたい。

敵ジャングラーのガンクを食らわなければ、
まず負けることはない。

カシオペア

  • フラッシュ+バリア or クレンズ
  • 征服者+サブ天啓
  • コラプトポーション

序盤で相手をボコボコにする。

中盤以降は、
アニーのフラッシュインを、
全弾受けながら勝つビルドにしよう。

ルーンも射程も、
アニーはカシオペアと相性が悪い。

特定の対策アイテム

  • MRアイテム全般

中盤はアニーにワンコンされないようにしよう。

序盤からMRを積む場合は

  • 敵のジャングルもAPだった時

両方AP時はブーツはマーキュリーにするといいし、
ケイルはウィッツエンドを初手に積もう。

ソレ以外だったら、なるべくいつも通りの、
火力が出るビルドがいい。

終わりに

  • 中盤以降一発で倒されないように
  • ケイルは無難にファーム
  • キヤナとカシオペアは序盤に倒す

アニー自体の挙動が素直なので、
敵のジャングラーが来た時に、
スタン+イグナイトを食らわなければ大丈夫だ。

それ以外にレーン負ける理由は、
ほとんどない。

こういった中盤以降強いチャンピオンは、
腕で戦うのではなく、
チャンピオンやパワースパイクなど、
仕組み的なところで戦うといい。

ナサスほど極端ではないが、
アニーはそういうチャンピオンだ。

-カウンターピック