考察記事

いつまでも上達しない人は、LOLの常識と人間関係の常識を同じに考えている。

  • セキやクシャミをする時、何かで抑えたり方向に気を使う

コレがわからない人は、
生きていくのに苦労・損をする。

小学5年生くらいの時に、
そういうことを知らない同級生を見て、

「なんだコイツは?」

と思ったことがある。

こういったことを

  • 共通了解
  • 暗黙の了解
  • ローカルルール
  • ルール
  • 一般常識
  • 常識

と呼ばれる。

それこそ、一般的に。

今回の記事では、常識=共通了解と書く。

この記事はパッチ11.24の時に執筆されました。

共通了解は分野によって違う

当たり前だが、共通了解は分野によって違う。

ミニクイズを出す。

2はなんの常識?

  • 他人を殴ってはいけない
  • 殴りかかるのが基本、人数差がある時は逃げる

1はわれわれの私生活である。

2はLOL。

0.1秒でわからなかった人は、
LOLプレイヤーじゃない。

ランチェスターの法則

共通了解は次のように使い分ける

  • 試合中 2
  • 試合前後 2か1
  • ゲーム外 1

何も考えずとも、大半のプレイヤーは
上手に使い分けている。

試合前後はどちらでも良いが、
LOLだと私は2のタイプだ。

数を数えたことはないが、
共通了解は私生活でもLOLでも、
ウンザリするほど多い。

慣れないことは私生活の共通了解になる

私生活の共通了解の正体はなんなのか?

  • 人間関係

である。

なので慣れないことをする時は、
とりあえず人間関係の共通了解を使うと、
大きく外さない。

知らないことをする時に、
LOLの共通了解を使うと、
群れから追放される。

なので

  • わからないことは、人間関係の共通了解を使うと無難

コレは誰でも納得できるだろう。

慣れないことに人間関係の共通了解を使う=格闘ゲーム風に言うと「見」

LOLの共通了解

一応LOLブログなので、
LOLの共通了解を書こう。

たくさんあるが、
1つだけLOLっぽいものを挙げると

  • 他プレイヤー、および自分を人間だと思わないこと

下手なプレイヤーは、コレがわからない。

人間だと思わないというのは、

  • NPCだと思ってプレイしろ

という話なのだけど、
上下関係だとか、他人を見下すだとか、
わけのわからない解釈をする。

LOLプレイヤーは、
LOLの共通了解に従って
ゲームをプレイするべきだ。

べきというのは、
勝利や成長を目的にプレイするのであれば、
そうしたほうがいいから。

次にLOLで、なぜ共通了解が必要か?
という話をする。

LOLプレイヤーは自分の行動で誰かが機嫌を損ねて、試合を放棄するとしたら、それで良いと考えている。
そんな下手なヤツがチームにいたら、結局勝てないからだ。

引き金を引くには?

自衛隊員の友人が言っていた。

「人に向かって銃を撃つには、特定の条件をクリアする必要がある」

自衛隊員なら、誰でも知っているそうだ。

答えは簡単で

「撃ってもいい理由を知ること」

もう少し話を小さくしてみよう。

「正当な条件があれば、他人を怒ってもいい」

こうすれば誰でもわかると思う。

LOLで味方に文句を言ってはいけない。なぜか?
一言で言えば「人じゃないから」

考えるコスト

  • 銃を撃ってもいいのか?
  • このゴミはゴミ箱に捨ててもいいのか?
  • LOLで今何をするべきか?

何かするたびに考えていては、
疲れ果ててしまう。

われわれが得意なことに食事がある。

私の母親は昔から家族に

「ご飯を食うのだけは忘れねえ」

みたいなことを言っている。

この場合は、生理的欲求だから忘れないのだが、
考えるコストの面から見ると、

  • 食事をする判断
  • 食事中

は何も考えない。

例えば納豆ご飯は、
よく考えると手順が多い。

羅列するのも面倒なほど多い。
なので書かない。

しかしわれわれは、別なことを考えながら
見事に納豆ご飯を食べ終える。

「食事の後片付けまで何も考えずにしろ」
と書いていて思ってしまった。

プールとおしっこ

ここまでの話をまとめるのに、
わかりやすい例を挙げておく。

  • プールでおしっこをしてはいけない
  • プールでおしっこをするのは当たり前

1は一般人で、2は水泳選手だ。

何年も前のネット記事の流れを書く。

  • 水泳選手 プールでおしっこはする
  • 一般人 マナーが悪い
  • 金メダリスト プールでおしっこすんの当たり前だから
  • 一般人 そうなんだ

一般人と水泳選手のプールは
環境とか全然違うのだが、
誰でも納得はできる。

LOLで言えば

  • 一般人 20分100CS未満
  • 水泳選手 20分200CS前後

何もかも違う。

呼吸をするように、プールでおしっこをする人は
心は水泳選手と言える。

「人がたくさんいるプールでおしっこすんな」
という考えはいたって健全。

あなたは誰かに引っ張られている

あなたが万年シルバーならば、
確実に次の条件のうち、
どれかが当てはまる。

  • 単純にプレイ時間が少ない
  • 感情的な問題で、まともに最後までプレイできない
  • 周りの人間がヘタクソ
  • SNSでLOLの情報を見ている

1が理由なら素晴らしい。

2が理由なら、メタ認知能力がない。
EQも低いだろう。

ただコレは年齢・運動習慣の有無が大きい。

  • 30代なら人生を考え直すチャンス
  • 10代なら克服できればその後とても有利

3はnoobの共通了解、難しい言葉を使うと
noobのエクリチュール。

4も3と同じだ。理由は

  • まともにファームできる
  • ドラゴンに遅刻しない
  • 20~30分最後までプレイできる

この条件を満たせば、
誰でもダイヤ4になるに決まっているが、
全人口でいうと大変少ない。

なので普通は、シルバー未満に向けて
LOLコンテンツは作成される。

このブログは自分の成長という目的で書いているので、ビルドガイド以外は内容が難しいかもしれない。

終わりに

  • 物事によって共通了解は違う
  • 知らないことは全部、人間関係の共通了解で動いてしまう
  • やっていいことと悪いことの区別がついてないと、考えるコストが高い
  • 共通了解は自分で身につける必要がある

LOLは序盤に1デスすると面白くないのに、
20~30分も続くゲームだ。

なので一般人がまともにプレイできないのは、
当たり前なのである。

「誰がガレンを使って、トップヴェインと30分試合をしたがる?」

というわけだ。

この事実を誰から教わるのかというと

  • 試合中に自分・他のプレイヤーを見て

そこから学ぶ。

※ ガレンでヴェインとトップで戦うのは、強靱な精神力が必要とされる。

結局は

「本当に重要なことは誰も教えてくれないですよ」

という話で、

  • 上手なプレイヤーは自然にできる
  • 下手なプレイヤーはいつまでもできない

世の中はこういったことが多すぎる。

誰でも苦手なことと得意なことがあるが、
その分野の共通了解が
身に付いているかどうか。

いろいろ振り返ると、
これで決まっているように思える。

-考察記事