ブログのカテゴリー整理と初心者向け記事を増やしたいという話

考察記事
この記事は約6分で読めます。

※ 先に書いておきますが、今回の記事を見てLOLが上手になるとか、そういったことは全くないです。

ブログのカテゴリーやタグを整理したいので、どうやって整理するのか書いていきます。

知識の整理と部屋の掃除は似ているらしい。

脳は倉庫ではなく工場なので、物を置きすぎれば機能しないという話なのですが、人間は掃除が下手で私も得意ではありません。

このブログLOLGarenで初めて記事を書いた時、あまり考えずに書きました。

何かをやる前に考えすぎてはいけないし、逆にカテゴリーを考えてから書くのも妙ですからね。

一般的に人間が何かをする時は、とりあえず初めて、少しづつ理解を深めていくのが自然です。

別に誰かと戦うわけじゃないんだから、やり方としては適当で十分、というかそれが良い方法でしょう。

実際このブログは今のところ、余計なストレスを感じずに更新できています。

いまのところ上手くいっているのですけれど、書いているうちに、カテゴリーはもっと詰めることができそうだと思えてきました。

というか現状のカテゴリーは、少しいい加減すぎると思う。

この記事はパッチ10.21の時に執筆されました。

スポンサーリンク

現状のカテゴリー構成

ブログのカテゴリー名にはテンプレみたいなものがあります。

カテゴリーテンプレ
  • クリックされないので英語は避ける
  • 検索されやすい名前がいい
  • 初心者が見てわかる名前がいい

Build guide(英語)とか、マッチアップ(専門用語)は避けたほうがいい。

例えばLOLやAPEXや格闘ゲームで初心者は、「立ち回り」と検索することが知られています。

実際にあなたがLOLで初心者に「このキャラの立ち回りってなんなんですか?」と質問されれば、「質問者が初心者ってことはわかった」と思うだけです。

正直質問しているほうが何を質問していいからわからないから、「立ち回り」という言葉が出てくる。

プレイヤーは立ち回りという単語を使わない、何故かというと具体的すぎて機能しない言葉だからです。

だから立ち回りという言葉は、初心者向けのコンテンツに付ける単語となる。

でもカテゴリー名に立ち回りなんて書いてあったら、「コイツあってもシルバーくらいだろw」と思われるに決まっています。

人間は人にどう思われるか気にしてはいけないのですが、流石に時間の無駄だなと思って離脱されるのは悲しい。

 なろう小説で行頭1字下げってあるんですけれど、何故そのルールを守るのかというと、行頭を下げてない人は初心者臭いからです。

※ 行頭1字下げ=↑みたいに最初1字下げること

つまりクオリティが悪い可能性があると、行頭1字下げは読者の離脱を防いでいるわけです。

誰でも意味がわかるけど、あまり素人臭くない単語が良い。

初心者向けの記事は必要

文章を書く時、ですます調か、だである調。

どちらが良いのか? みたいなことは良く言われます。

私は両方書くけれど、どちらも気取っているという結論になりました。

文章を書く人は、気取りたがったり自分を良く見せたがったりするのですが、より気取るにはどうしたら良いか?

それは難しいことを書くのが簡単ですね。

しかし普通に考えて、インターネットのコンテンツはなんでも上級者より初心者のほうが多い。

例えばこのブログがソシャゲブログだったら、リセマラの記事は必須でしょう?

しかしLv30未満向けの記事とか、そういった初心者向けの記事が少ない。

プラチナがダイヤになる、ダイヤがチャレンジャーになる、こういった記事はまず、読者がプラチナの時点で相当オタクなんだから読む人が少ない。

プラチナ自体が少ないからです。

やはり30未満とか、ブロンズとか、ワイルドリフトみたいなカテゴリーは必要でしょう。

初心者向けのカテゴリーは必須。

対戦の要素

LOLの対戦要素の単語
  • ビルドガイド
  • マッチアップ
  • カウンターピック
  • ○○対策
  • レーン相性

何か新しいチャンピオンを始めようという人は、○○ ビルド などで検索します。

ビルドガイドはしっかり書くと、読み物としても面白いので私は好きです。

LOLではあんまりないけれど、MTG(マジック・ザ・ギャザリングというカードゲーム)では、「これこれこういったデッキがあるのだけど」と言いながら、自分の考えを述べます。

マッチアップはオタク向け。

カウンターピックと○○対策は、需要があるらしい。

というのも、トップはダリウス、ミッドはゼド、を捌けないと試合にならないからです。

レーンの相性は、ボットペアやミッドとジャングルの話。

ボットペアの需要はあるけれど、ミッドジャングルの需要は少ない。

後者は明らかにランクゲームを回すオタクだから、人数が少ないのだと思う。

例えばミッドがヤスオの時に、ジャングルがノクターンをピックしたらまず勝てない。

しかしそんなことは、チャレンジャーでも普通わからない。

プロとか、ミッドとジャングル両方上手とか、そういったレベルにならないとわからないわけです。

だからまず検索しません。

筆者が書きたいことと、読者が読みたいことが違う

コメントで、こういった記事を書いて欲しいと言われました。

私はこういったまとめ記事が好きではありません。

情報がまとめられているのは、非常に読む側にとってありがたいのですが、書いてある内容がどうしても浅くなりますよね。

それに”まとめ”という単語の響きが、インターネットではよくありません。

LOLでいうとヘラヘラ鼻たらしながら、ゼドに6回ソロキルされてるミッド、みたいなイメージがあります。

しかし言われた通りに書いてみると、他の記事よりずっと好評でした。

私よりLOLに詳しい人は中々いませんが、このブログで何を書いたら良いのかは、私が一番詳しくない。

流石に

「今日試合で活躍したwww」

とか

「TFTは序盤に選ばれヤスオ引けば勝てるゲームだぞ」

みたいな内容は書かないほうが良いのはわかりますが、具体的に何を書いたら反応が良いのかわからない。

ラッコキーワード

サジェストツールといって、非常に簡単に検索ワードがわかるツールです。

lol マッチングしない

とかは凄く初心者向けで、良いかもしれません。

一応ダイヤやチャレンジャーもマッチしませんが、流石に彼らはググらない。

台湾サーバー行ったり、サブアカウント作ったりすることが予想されます。

人に親切にするのは好きなんですが、何故か初心者向けの記事は全然書かなかった。

終わりに

色々書きましたが、増やすカテゴリーは

  • 情報がまとめられた記事
  • 今回のような雑記とか読み物的な記事

この2つを近日中に増やしてみることにします。

最後に改めて言いますが、私は他のプレイヤーがどういった記事が読みたいのかわかりません。

なので遠慮なく「○○について書いて欲しい」みたいなことを言ってくださって構いません。

むしろ歓迎しています。

コメント

  1. noobjg より:

    最近レーンの練習をしているのですが細かいウェーブのコントロールについて書いていただけると嬉しいです。別の記事で勝っているときのウェーブコントロールでミニオンを貯めてダイブするというテクニックが足りましたが逆に序盤弱いキャラでタワーの手前でうまくコントロールするコツなどありますでしょうか?タワーまで押されてしまうことが多かったので質問させていただきました。

    • 北川楓 より:

      コメントありがとうございます。
      返信も記事も随分遅れましたが、書きました。
      レーンコントロールの話【スロープッシュをするまで】
      書いたみて思ったのは、レーン戦は前提とする知識が多く、結構複雑ですね。

      • 匿名 より:

        話の流れ的に初心者向け記事かと思ったらプラチナ以上前提だった(´・ω・`)
        まさに「シルバーの友人」に向けたチュートリアルも欲しいというのが正直なところです(登録1ヶ月目並感)

        • 北川楓 より:

          コメントありがとうございます。
          一般的にはLOLのランクが高いほど、
          LOLをプレイする時の居心地の悪さを感じにくくなるので、
          シルバーの友人に向けたチュートリアルを書く案、素晴らしいかもしれません。
          今日明日に書けるわけではないですが、構想みたいなものは考えているので近日中に書けると思います。

タイトルとURLをコピーしました