トップグウェンビルドガイド【役割はトリンダメア、Wはガレン】

ビルドガイド
この記事は約6分で読めます。

グウェンは見た目が可愛らしいチャンピオンだが、役割はフィオラ・トリンダメアと同じである。

LOLデザイナー用語だとスカーミッシャーと呼ばれるチャンピオンで、スカーミッシャーは集団戦に参加せず一生ソロプッシュするロールだ。

APメレーファイターで、AA主体のチャンピオンということで、ケイルとも似ているだろうか。APである点とAA主体である点が共通している。

グウェンが味方のピンを無視して、一生プッシュとファームをするチャンピオンとわかったところで、ビルドを書いていく。

一応トップレーナーで、ミッドで出す場合は対面との相性が良くないといけない。

※ 出たばかりなので、レーン相性はわからない。なのでミッドでは出せない。

この記事はパッチ11.8の時に執筆されました。

グウェンのストーリー

  • 対面をボコる
  • ボコれないならボコれるようになるまでファーム
  • 中盤以降はプッシュしてジャングルモンスターを食べる

トップレーナーのテンプレ通り、スーパーミニオンであることが求められるわけだ。

トップは中盤以降は、集団戦で活躍するのか、プッシュし続けるのかで分かれる。グウェンは後者。

2対2や3対3なら強いが、5対5は苦手なことを覚えておこう。

ちなみにWの使い方はガレンと一緒、相手のスキルに合わせて何も考えずに撃つ。

実際に何も考えずにWが撃てるようになるには習熟が必要なのだけど、ガレンが得意な人だったら最初から何も考えずに撃てるはず。

グウェンのルーン

キーストーンは

  • 征服者
  • フリートフットワーク
  • 不死者の握撃

のどれかを入れていく。

よくわからないのであれば、征服者を入れていこう。

メイン栄華

  • 征服者 or フリートフットワーク
  • 凱旋
  • レジェンド:迅速 or 強靭
  • 最期の慈悲 or 背水の陣

相手がレンジの時は、フリートフットワークのほうがいい。レーン戦が簡単になるのと、征服者でなくとも中盤以降確実にタイマンで勝てるからだ。

レーンが有利な時は迅速で、不利だったりCC耐性が欲しい時は強靭を入れる。トップの迅速はオールイン時に勝利するために入れるルーン、と覚えておこう。

レーンに勝てそうなら最期の慈悲で、不利な時は背水の陣。

サブルーン3種類

覇道・不滅・天啓の3種類が候補だ。

覇道は

  • 血の味わい or サドンインパクト
  • 執拗 or 強欲な賞金首狩り

不滅は

  • 息継ぎ or ボーンアーマー
  • 好きなものを1つ

天啓は

  • 魔法の靴
  • ビスケットデリバリー

メイン不滅

  • 不死者の握撃
  • 打ちこわし
  • 息継ぎ or ボーンアーマー
  • 超成長 or 生気付与 or 気迫

サブルーンは栄華以外ならなんでもいい。

タンク相手に入れるルーンなので、大体息継ぎになる。

ルーンのかけら(シャード)

  • アダプティブ or 攻撃速度
  • アダプティブフォース
  • 物理 or 魔法防御

フィオラ同様、Eでアタックタイマーがキャンセルされるのでアダプティブが良いと思う。

しかし征服者を入れている場合、攻撃速度にしたくなる気持ちがある。

どちらでも勝敗にそこまで影響はしないので、好みでいいはず。

グウェンのサモナースペル

  • フラッシュ+テレポート
  • フラッシュ+イグナイト
  • フラッシュ+イグゾースト

基本はフラッシュテレポートで、マッチアップによって他も使う。

しかし出たばかりのチャンピオンなので、誰にドレを持っていけばいいのかわからない。

とりあえずトップレーンというのは、相手をボコって初めてレートが上がるレーンなので、マッチアップのデータが少ないチャンピオンは不利なのである。

グウェンをメインで使いたいという人は

先出しでレーンに勝つためにマッチアップ時のビルドを確認する方法【チャレンジャーを目指す人へ】

この記事の方法を覚えておかなければいけない。

グウェンのスキルオーダー

  • レベル1でQかE
  • レベル2でQかE
  • レベル3でW
  • レベル4以降はR>Q>E>Wの順番で取る

やはりメインで上げるスキルはQがわかりやすいかな、というデザイン的なものを感じた。

とりあえずWが攻撃スキルではないし、Rも簡単なので、操作面はかなり簡単。

ただしE時はAA射程が伸びるので、アタックムーブくらいは出来たほうがいいだろう。

ダメージトレードやコンボの仕方は、よっぽどクセの強いチャンピオンじゃない限り、スキルオーダーを見ただけでわかるようになるべきである。

グウェンのアイテムビルド

スタートアイテム

  • ドランシールド+体力ポーション
  • ダークシール+詰め替えポーション
  • ドランリング+体力ポーション2個

グウェンはラストヒットが取りやすいので、ドランリングは全くオススメできない。

ダークシールは相手を一度キルするだけで、10APも増えてしまうからだ。

なのでラストヒットが取りやすい以外に、ドランリングのメリットはない。

ドランシールドが一番無難だ。

もちろんラストヒットが苦手な人は、ドランリングかドランシールドを積んでいこう。

ファーストアイテム

  • リフトメーカー

レーンが楽ならば何を買ってもいいが、リフトメーカーじゃないとファームができないことが多い。

ブーツ

  • プレートスチールキャップ
  • マーキュリーブーツ
  • スイフトネスブーツ
  • アイオニアブーツ

EでASがアップするのと、スカーミッシャー(対面にタイマンで勝てないといけない)なので上2つがいい。

スロー耐性が欲しい時はスイフトネスで、レーンで圧勝しているならファームが速くなるアイオニアブーツだ。

セカンドアイテム

  • ナッシャートゥース
  • コズミックドライブ
  • リッチベイン

この3つを積んで、ラバドンデスキャップを積めばグウェンのビルドは完成だ。

ゾーニャの砂時計やバンシーヴェールはADアイテムに比べて性能が高いのだけど、グウェンは集団戦をしないので、あんまり必要ないからだ。

なのでゾーニャはシチュエーショナルアイテムになる。

例えばトリンダメアが対面の時に買ったり、ドラゴン・バロン時に集団戦をしないといけなかったりする場合に買う。

3つの中ではナッシャーが一番パワーがあるけれど、他2つはMSが上がる(リッチベインのが高い)ので、対面に勝てるのであればナッシャーじゃないほうがいい。

終わりに

書いたこと
  • グウェンはフィオラ
  • ルーンもフィオラ
  • Wはガレン
  • マッチアップに長けていることが大事
  • ダークシールはドランリングより強い

グウェンは操作やスキルが簡単でわかりやすいのだが、マッチアップのデータが蓄積されていない。

トップレーナーの場合はコレが致命的で、相当上手な人でも試合前の脳内シミュレートだけではわからないので、初心者にわかるわけがないのだ。

しかし単純にグウェンの勝率が低いのは、ブラッドミアとムンドが強すぎるせいじゃないかとは思う。

フィオラはブラッドミアに弱いし、ムンドはAPに強い。ナサスもAPに強いとなると、中々勝てないのではないだろうか?

フィオラ、トリンダメア、ヨリック、グウェン。セリフから察するに、全員常識人なのだけど、ゲーム内では全く言葉が通じないプレイをする。

コレらのチャンピオンをプレイするコツは、スーパーミニオンになることである。

本格的にグウェンの練習をしたい人へ

こうやって練習すると良いというハウツー記事。

私は別にグウェンを練習していないが、別なチャンピオンはこうやって練習している。

コメント

タイトルとURLをコピーしました