考察記事

先出しでレーンに勝つためにマッチアップ時のビルドを確認する方法【チャレンジャーを目指す人へ】

あなたがチャレンジャーを目指すのであれば、確実に知っておいたほうが良いことを書く。コレを知っていれば、10倍速く上達できる。

レーン戦や試合の基本的なことを知っている人向けの記事なので、対象読者はダイヤ上位のトップ・ミッドレーナーである。

LOLはレーン戦に勝たなければレートが上がらないので、「マッチアップ時にどうやって戦うのか?」コレを事前に何度もシミュレートしたい。

一般プレイヤーは20分使って一度しかレーン戦を経験しないが、その方法ではダイヤになるのさえ苦戦する。レーン戦で勝ったり負けたりでは、いくら味方が強くても話にならないからだ。

「こうやって戦えばトラブルがなければ勝てる、もしくは五分」でなければいけない。逆に言えば、先出しで五分を取れるのであれば、レーン戦は完璧と言っていいだろう。

さらに統計では大幅に不利だが、上級者なら余裕で勝てるという組み合わせは珍しくない。この記事を読めば、あなたもそういった組み合わせを発見することができる。

この記事はパッチ11.7の時に執筆されました。

マッチアップ時のビルド確認レシピ

  • lolalyticsを開く
  • 自分の使うチャンピオンを選ぶ
  • マッチアップ時のチャンピオンを選ぶ
  • ルーン・サモナースペル・スタートアイテム・ファーストアイテムを確認

よく見るとLOLアナリティクス(Analytics)じゃなくってアリティクス(alytics)である。

当然腰を落ち着けて熟考する作業なので、試合前にやっても全く意味がない。レーンに惨敗してAFKしたくなった時に見るのはオススメだ。

わざわざメインチャンピオンの画面まで行くのは面倒なので、メインチャンピオンのページをブックマークするのが良いと思う。1手減るからである。

一応統計を見る上で大事なのは、外れ値といって、下の画像で言えばドラクサーのような極端に統計数値が低い選択肢がある。

統計では、こういった外れ値は除外するのが基本らしい(ショーン・エイカーが言ってた)。

サンプル

実際にダリウスでやってみる。

ランクはどこでもいいのだけど、高すぎると統計が少ないし、流石にゴールド・シルバーを参考にするのは気が引ける。

プラチナかダイヤモンドの統計を見るのが良いと思う。それ以上のランクだと、チャンピオンごとの上手なプレイヤーを参考にしたほうが賢明だ。

good synergy と bad synergyは、あなたがジャングラーをしたり、誰かとデュオするのであれば、覗いておいたほうがいい。

とりあえず仮想敵を決めて、マッチアップ時のビルドを見ていこう。

今回の記事では、ダイヤモンドの統計を参考にすることにする。シナジーも無視。

ダリウスVSナー 1 基本編

ダリウスVSヨリックを見たら、パッチ11.7でヨリックOPすぎる上に、組み合わせも不利なので絶望的だった。サンプルとして書きようがなかったので、ナーを書く。

勝率はダリウスが1700ゲームして55%(数字は丸めた)勝ってるので、ダリウスが有利な組み合わせである。

「テレポートとか、勝つ気あんの?」という統計結果であるが、サモナースペルがテレポートかソレ以外どちらが正解なのか私でもわからないので、統計を見るしかない。

例えばナサス相手には大抵のチャンピオンはイグナイトが基本なのであるが、テレポートのほうが圧倒的に勝率が高いチャンピオンもいる。

ナー相手はフラッシュ+ゴースト。ゴースト+イグナイトは外れ値なので除外するが、強そうな気はする。

ダリウスにカルはダメ。私は何度か試したことがあるが、Wにライフスティールが乗るので、ドランブレードとの性能差が大きすぎるのである。

もちろんメインダリウスはダイヤでもしっかり把握しているようで、やはりダイヤは侮れない。

アーリーアイテムは私はナー相手は、MSが上がるスチールキャップかハースバウンドと思っていたが、やはりアイアンスパイクが強いらしい。

つまりアイアンスパイクを買うダリウスは、私よりもナー戦は上である証拠だ。

基本を抑えたので次。

ダリウスVSナー 2 アイテムビルド編

ブーツって、プレートスチールじゃないんだ……。と驚いてしまった。

余裕があれば、スイフトネスなのは納得が行くが、基本的にはマーキュリーが良いという結果になった。コレは外れ値というには、あまりにも数値が大きすぎる。

確かにWは魔法ダメージだし、ナーはCCが多いし、ダリウスは殴り返すことさえできればHPが回復する。

そうなると、オールインに勝てればマーキュリーではなく、マーキュリーのほうが単純にオールイン時に勝ちやすいように思える。そして実際に勝ちやすいのだろう。

セカンドアイテムはデッドマンでオールインに勝てるので、素直にデッドマン。トップレーンは自分が有利なのであれば、MSが高くなるアイテムを優先するのが基本なのである。

ファームが速くなる上に、戦闘に参加しやすくなるからだ。

他は特筆するべきことがない、ダリウスはタイマンは強いが集団戦では硬くないと役割がないので、ファイターっぽい防具をどんどん積んでいく。

ナー戦はマーキュリーブーツが基本らしい。

ダリウスVSナー 3 スキルオーダーとルーン

相手がウーコンのように、こちらが不利な組み合わせの場合は真っ先に確認したいところだが、ダリウス有利なので最後になった。

アリティクスではココが最後に書かれているせいなのもある。時系列ではルーンは最初にセットするので、最初にルーンを確認したほうが良いとは思う。

スキルオーダー

W>Q>Eの順番で取るのが勝率が高いが、別にどれも大きく変わらない。

Qが当たらないのであれば、Wを取ったほうがライフスティールが高くなるが、ドランシールドのほうが勝率が高かった。

面倒なので、ここは無視する。「ナー戦ドランブレード+レベル1W取りが最強なのでは?」みたいな話は、ダリウスマニア同士で語り合ってくれ。

ルーン

普通は征服者で、工夫して勝ちに行く時は、フリートフットワークかフェイズラッシュだ。

しかし征服者でも十分に勝率が高いのであれば、別に

オーソドックスなルーンで構わない。

フェイズラッシュ+サブ不滅が良いと思ったけれど、レジェンド強靭も捨てがたい。

やはりメイン栄華になるだろうか? フリート+サブ魔道もオシャレである。

※ サブ栄華という選択肢はクソなので、普通のプレイヤーは基本的に避ける。

魔法防御が光ってて勝率が高いのがウケるんだが、流石にココは物理を入れるべきだとは思う。ナーはHP割合ダメージがあるので、HPを入れてはいけない。

有利なチャンピオン相手は簡単だ。あなたがダイヤ以上ならば、ダメージ交換やレーンの押し引きを知っているはずなので、ビルドがまともならトラブルが起きない限り負けない。

正直プラチナ4未満は、レーン戦が壊滅的に下手すぎてどうしようもないから、ゴールド以下なのだ。

だから細かい部分を詰めるよりも、他人のレーン戦のリプレイを見るべきである。

ダリウスVSウーコン 1 ルーン編

勝率はダリウスが1300ゲームして48%。意外と勝てる組み合わせっぽいが、2%の差は相当大きい。しかもウーコン戦は、レーン戦が辛い組み合わせなのである。

知らない人のために書くと、ウーコンはダリウスのQを簡単にかわせる。そしてレベル1での殴り合いは、ウーコンのほうが征服者が貯まるのが速いので、ウーコンのほうが強い。

※ 私はダリウスをプレイするのが好きではないが、友人がダリウスメインなので、結構詳しい。

それでは、今度はルーンから考えていこう。

普通ダリウスはルーンのかけらは攻撃速度なのだが、アダプティブを入れようという人が多く、しかも結構勝ってる。

オールインで勝てない以上、ショートトレードを有利にするのは考え方として当然ではあるが、中々ダリウスでアダプティブに変える発想は出てこない。

ルーンは体力の勝率が高いが、外れ値なので無視。

オールインで勝てないので、レジェンド:迅速、最後の慈悲、ボーンアーマーは徹底的に避けるのが良いだろう。

勝率が高いルーンはコレ。

生気付与は弱いので普通は入れないのだが、レーン戦が辛いので仕方がないのだろう。一応ステラックのシールドなども上がる。

超成長のほうが強いのだが、レーンで1キル取られてしまったらどうしようもない。

フェイズラッシュは外れ値なのだが、一生3発入れてダメージ交換から逃げ続けるのは、悪くないと思う。

この組み合わせで攻撃速度ではなくアダプティブを入れるプレイヤーは、間違いなくレートが上がるので、実質マスターかチャレンジャーの思考と言えるだろう。

ダリウスVSウーコン 2 基本編

前述のとおり、イグナイトで挑むのはダメ。この組み合わせでもゴーストのほうがテレポートより優れている。

イグゾーストはしっかりかけれれば悪くないけど、Wがあるウーコンには使いにくい。

ここでもアイアンスパイクウィップが圧倒的。大体のチャンピオンの統計で強いんで、このアイテムもしかしてOPなのでは?

ダリウスVSウーコン 3 アイテムビルド編

ゴアドリンカーは外れなのだが、もしかしてコレってウーコンWと本体に当てると、2倍回復するのだろうか?

先程のアイアンスパイクウィップの時にチラッとそう思ったのが、なんかそんな数値をしている。レーンでスノーボールできないのであれば、サンファイアイージスやゴアドリンカーでも良さそうだ。

オールインに勝てないので、当然デッドマンプレートは無し。

アイテムを見ると、戦闘中の足がダリウスのほうが速ければ、ウーコンに勝てるっぽい雰囲気がある。ダイヤなので統計数が少ないにしても、自然の力とビサージュの勝率差がありすぎだろうってね。

やはりフェイズラッシュだろうか。

終わりに

サンプルでダリウスのマッチアップを2つ書いた。特にウーコン戦は対策をしているかどうかで、随分差が出るなと、あなたも私も思った。

とりあえず、私がチャンピオンをたくさん使えるのは

  1. メインチャンピオンはたくさん組み合わせを覚える
  2. 後出しチャンピオンは特定の組み合わせだけ覚える

こうやって覚えているからである。

もちろん今回ほど厳密に組んでいるわけではないが、なんとなく「この組み合わせはこのように戦う」という雰囲気があっていればいい。

LOLはパッチですぐに変更されるので、幹に当たる知識だけ覚えておくのが良いわけだ。

やるかどうかは別だが、一応チャレンジャーになれる方法を書いた。

このやり方を使って、サブアカウントでシルバー・ゴールドと遊ぶのが、私のオススメするLOLの楽しみ方である。

-考察記事