考察記事

パッチ12.10の耐久力増加などについて【ジャングルだけ全然変わらない】

かなり大きな変更点なので、
こういった記事を書く。

最近はチャンピオンの
与えるダメージが大きかったらしい。

簡単に言えば、
Dota寄りになっていたわけだ。

向こうはマルファイトのRが
レベル1から使えるバランスで、
とにかくチャンピオンの命が軽い。

そういうゲームは新規、
およびカジュアルプレイヤーに優しくない。

今回の記事で、
LOLのどの点が良くなるのか書く。

わかりやすくロールごとに書いていこう。

個人的には、以前に比べて
ずいぶん面白くなったと思う。

この記事はパッチ12.10の時に執筆されました。

トップレーン 

  • 1周目のガンクを受けにくくなった
  • 征服者が相対的に弱くなったので、ピックの選択肢が増えた
  • スケーリングの高いチャンピオンが育ちやすくなった

1 耐久力が増えたから。

1周目のガンクをトップレーナーが受けるのは、
めちゃくちゃチームの足を引っ張る行為。

それが緩和されるのは良いと思う。

2 征服者ゲーすぎたので、
トップは全然良いレーンではなかった。

コレからは
色々なチャンピオンが使われるようになりそう。

3 ケイルやナサスが育ちやすい。

トップヴェインも育ちやすくなったのは、
ゲームとしてどうかと思うが、
チームに影響力を出しやすくなった。

サステインタンクは使っている人しか面白くない

殴ってHPを回復して耐える、
という戦い方をするチャンピオンを、
公式がサステインタンクと言っていた。

後半の

  • インフィニティエッジ+ブラッドサースター

まで揃ったADC相手なら納得できるが、
ジャングラーやイレリアに
納得できる人は少ない。

タイマンで殴り合った時に、
相手のHPが減らないのは、
ハッキリ言ってクソゲーだ。

「オラフやエイトロックスじゃないのに、殴り続けて回復できるのは、おかしくないか?」

というわけ。

なのでサステインを減らそうという動きが、半年くらい前からある。

チャンピオンの見た目関係なく、殴り合うとモリモリ回復するの、LOLやってる人からしても不気味。

征服者のナーフ

征服者
オムニヴァンプ 9%(近接) / 8%(遠隔) ⇒ 6%(近接) / 5%(遠隔)

サステイン関連の調整で、
3%ナーフされた。

ライフスティールアイテムが、
ほとんど1%ナーフなので、
少し大きい。

一生ナーフされ続けているルーンで、
LOLのガンの1つ。

ただ持続時間を4秒にナーフした時は、
トップのナサスに

  • ガレン
  • ダリウス
  • エイトロックス

誰もが勝てなくなって、
大変なことになってしまった。

※ この問題は予想外すぎた。

なので今は5秒で落ち着いている。

征服者しかキーストーンがないトップチャンピオンは使いにくくなった

  • リヴェン
  • エイトロックス
  • モルデカイザー
  • ガレン

辺り。

かなり他のルーンを入れにくい。

ジャングル 脅威が弱くなったくらい

  • タイマンは以前と全く同じ
  • ガンクは刺さりにくくなった
  • 脅威ビルドは弱くなった
  • 征服者は捨てる

1 スマイトとジャングルアイテムの回復量減少で、
特に以前と変わらない。

2 レーナーの耐久力が上がっているので、
ガンクは刺さりにくい。

3 ARがレベルごとに1.2アップなので、
脅威アイテムはかなり弱くなった。

※ サドンインパクトも。

4 征服者は捨てる。

セレイテッドダーク初手は、あまり流行らなくなると思うが、ほとんど変更点はない。

ミッド APレンジのリターンが増えた

ミッドはチームの要。

難易度も負担も高い。

APレンジは

  • AAでのラストヒットが毎日練習する人しか取れない
  • コンボダメージを把握している必要がある

この2点が特に難しい。

なので一般プレイヤーにとって
現実的な選択肢は

  • ADを使う
  • タリヤでずっとQを撃つ
  • ベイガーでずっとQを撃つ

こうなる。

「APレンジを練習しようかな?」

と思うのは手練のプレイヤーだけだった。

今まではあまり強さが変わらなかったからだ。

この問題は長いあいだ言われてきた。
今回のパッチでかなりAPが強くなったが、相変わらずラストヒット練習は必要。

テクニカルチャンピオンと気持ちよさ

今までミッドは

  • アジール
  • ブラッドミア
  • カシオペア

のような、
テクニカルオシャレチャンピオンを使うメリット
あまりにも薄すぎた。

  • ボット
  • サポート
  • ジャングル

辺りは、

「難しいチャンピオンを使いこなすと気持ちいい」

コレが、うまくいっている。

代表的なのがドレイヴン。

LOLはバトルメイジが最も難しく、最も腕の差が出る。

ドランリングの強化と耐久力の上昇

パッチノート12.10 より

ドラン リング
生気吸収 - マナ自動回復 毎秒0.75マナを回復、増加時は10秒間に毎秒1.25マナ ⇒ 毎秒1マナを回復、増加時は10秒間に毎秒1.5マナ
マナの代わりに体力を回復する場合の割合 生気吸収の値の50% ⇒ 45%

マナ満タン時の毎秒HP回復は

  • 0.375から0.45
  • 増加時は0.625から0.675

かなり強くなった。

あとは耐久力の上昇、
特に脅威に対して強くなったので、
パッチ12.10ではメイジに分がある。

Diamond+のタリヤマッチアップ パッチ12.9

タリヤ・ベイガー・がさらに強くなる問題はある。
Mostカウンターのゼドが、間接的にナーフされているからだ。

ボット パッチ12.10で超強化されたロール

  • ADCは強化された
  • 計算式の関係でパッチ12.10の恩恵が最も大きい
  • ARとMRが0で計算されることが減った
  • レジェンド:血脈が相対的にバフ
  • レベル18時に以前と比べて、AR20.4 MR13.6 増加

2と3 今まではアサシンやメイジに、
ワンコンボで倒されることが減った。

次の表を見て欲しい。

状況MR軽減率
パッチ12.9までのレベル1840(実際は37くらい)29%
パッチ12.10からのレベル1850(実際は52くらい)34%
10計算109%
0計算00%

0計算か10計算かで、
全然ダメージが違う。

※ 脅威やMRは%計算の後に固定値が引かれる。

コレがわからないと、
スノーボールしたミッドに対処できなかったし、
わかっていてもAPダメージに対処は難しかった。

キャリーできるADCは、敵の装備を見て、おおよそいくらで計算されるのか試合中に確認できる。
0計算だと、全く耐えられない。

いくらチャンピオンが硬くなってもクラーケンスレイヤーには耐えられない

全てのチャンピオンの耐久力が上がったので、
一瞬のコンボでバーストダメージを出すチャンピオンは、
相対的に弱くなった。

あるいは難しくなった。

簡単に言えば、
ADアサシンは弱くなって、
APアサシンは難しくなった。

しかしADCからすれば、
相手がどんなに硬くなっても、
ほとんど関係がない。

サポート 時代はファーストストライク

  • 対面のキルを取りにくくなった
  • 真なる氷のかけらがバフされた
  • メイジサポートが強くなった

1 耐久力が上がったからだ。

2 何故かマナ回復が100%から115%になった。

真なる氷のかけら
基本マナ自動回復 100% ⇒ 115%

さきほどのボットの時に書いたとおり、
元々柔らかいチャンピオンほど、
今回の耐久上昇の恩恵が高い。

3について詳しく書こう。

メイジサポートが強くなった

  • ヒール量の減少
  • シールド量の減少
  • 耐久力の増加

1と2 エンチャンターの弱体化。

バランスを取るための調整なので、
サポート同士じゃなければ、
全く問題はない。

3 ブリッツで引っ張っても、
キルを逃すチャンスが増えたわけだ。

ファーストストライクこそ真のサポートルーン

サポート以外のロールで、
ファーストストライクをセットする場面を考えてみよう。

  • トップ・ミッド・ボットは対面を良く見る必要がある
  • ミッドアーティラリーメイジは中盤のサイドプッシュがしにくい
  • ジャングラーは捨てるものが多い

というわけで、
ほとんどのチャンピオンはしっくりこない。

しかしサポートならば

  • アーティラリーサポート
  • マオカイ・シャコ・セナ

1はともかく、
2でもセットできるのが凄い。

隣が名のあるADCでも、エアリー・ガーディアンを捨てて、レーザービームを撃つ。

終わりに

  • トップ 強くなった
  • ジャングル アサシンは弱くなった
  • ミッド ADが弱くなって、APが強くなった
  • ADC 強くなった
  • サポート ファーストストライクを使おう

パッチ12.9まで、
あまりにもミッド・ジャングルゲーだったのが、
かなり緩和された。

システム以外の話をしよう。

腕とか能力の問題になるのだが

  • 一般的なADCはアタックムーブできない

となると、エンチャンターやワーデンは
役割がなくなる時がある。

撃とう、レーザービームを(倒置法)。

おまけ レベルごとのコンボダメージを記録するなら今

名のあるプレイヤーのように、
レベルごとのコンボダメージを、
エクセルなどに記録するなら今がいい。

せっかくAPメイジが
ADに比べて明らかに強くなったので、
練習するなら今がチャンス。

-考察記事