考察記事

ゲーム依存症でも、全く問題なく生産性を激増させる方法

ゲーム障害とも言うそうです。

大体ゲームにハマるきっかけは、
気分を紛らわせたいから。

このパターンが多いです。

というのも、
やったことがないゲームに対して

「俺はプロ目指すから、今日から毎日8時間やる」

と思う人はいません。

私はゲーム依存症ではないのですが、
もしあなたが依存症ならば、
とても効果的な方法を伝えましょう。

たったコレだけです。

  • なぜ効果的なのか?
  • 細かい手順や詳しいやり方

について書きます。

この記事はパッチ12.8の時に執筆されました。

説得するにはタイミングが重要

LOLを30分した後、
自分に対して

「部屋片付けろよ」

と命令したとしましょう。

「気分が乗らないから嫌だ」

とは言いにくいんですよね。

何故ならば、
今遊んだばかりだと知っているからです。

「部屋掃除しない、もう1試合するわ」

とはなりにくいタイミングなんですね。

適当な占いを信じる理由

占われた結果、

「あなたは我慢強い人です」

と言われれば、
誰もが納得します。

なぜでしょうか?

簡単に言えば、

  • 人生で一度も我慢したことがない人なんていないから

ですが、
もう少し詳しく書きましょう。

肯定的検証方略

ある可能性が正しいかどうかを判断する時、人はたいてい、はずれではなく当たりを探します。
反証ではなく確証を探すのです。
何かの存在に気づくのは、その不在に気づくより簡単です。

PRE-SUASION :影響力と説得のための革命的瞬間 32Pより引用
  • ゲームを30分した
  • 「では次は何か生産的なことを30分しませんか?」と提案する

この時、自分の提案に応じる理由は

  • 自分をそこまでバカだと思っていないから
  • 遊ぶ時間と働く時間は、普通の人は釣り合いを取ろうとするから

です。

そのタイミングで提案を断った場合、
かなりどうしようもない人間に
なってしまうでしょう。

少し詩的な表現をすれば、

  • 彼が努力する瞬間は、永遠に訪れなかった。

となります。

モラルライセンシングといって、良いことをしたと思うと悪いことをしたくなります。
今回の記事の場合は、インモラルライセンシングとも言えますね。

心理的滑り台

あなたが、ある物事に
好意的な反応をしたいのであれば、
肯定的な質問をするべきです。

もっと話をわかりやすくしましょう。

あなたに好きな人がいたとして、
彼女、あるいは彼にする質問は、
次のうちどちらが良いでしょう?

  • 私と一緒にいて楽しいと感じる時はいつですか?
  • 私と一緒にいて不満だと感じる時はいつですか?

1の質問をするのは、
素晴らしい戦略です。

※ 自然に質問できる機会があれば。

ポジティビティに溢れていますね。

反対に2の質問をしてはいけません。

LOLの試合が終わった後の生産的な提案は、自分を心理的滑り台に乗せやすいタイミングなわけです。

具体的な方法

  • 手回し式のタイマーを用意する

こういったヤツですね。

私はダイソーの550円タイマーを使っています。

アナログの手回し式がいいです。

何も考えず、
ワンアクションで済みます。

ボタン式のタイマーは、ボタンを押す回数が多すぎる。
砂時計は音がならないので、気が散ってしまう。

最初は仕組みを死守する

最初は仕組みを守ってください。

そのうち慣れます。

これが習慣というヤツです。

あなたに問題がたくさんあって、
LOL毎日5時間やってるのに万年ゴールドでも、
この仕組みさえ守れば、
物凄く上達してしまう。

これは誰にでもわかりますので、
動機づけとしては悪くないでしょう。

そこまで負担が大きくないけれど、続けていれば必ず良くなる手法は、続けやすいです。

速効性がある方法は続きやすい

今回書いた方法は、
目に見えて成果が出ます。

というのも、
トップアスリートでも
1日で集中して練習できるのは5時間まで。

LOLに集中していた場合でも、
30分×5回で2時間30分。

LOL毎日5試合する人が、
今回の記事の方法を厳守した場合、
トップアスリートに近い。

毎日2時間30分、
自分が有意義だと思うことをしたら、
数週間どころか1日で効果が出ます。

私が試して有効だったこと

良い習慣でよく言われるのは、
読書ですね。

ただ私が勧めたいのは、
読書より先に、
ノート・メモ術を覚えることです。

ノート・メモを取らないと、

  • いくら本を読んでも覚えない
  • メモを取る方法を覚えればLOLも上達する

1 人間の認知力的に、
いくら頭が良くても、
ただ読む方法では限界があります。

2 こういう手法は、
ゲームで使うと面白いです。

私が最も勧めるメモ術は

  • Zettelkasten

なぜあなたは全てのレーンができないのか?【LOL的Zettelkasten】

西田幾太郎のノート

ニクラス・ルーマン アーカイブ

ニクラス・ルーマンは、
Zettelkastenの本家です。

Zettelkastenはルーマンが、読書をしていた時に
「これじゃどこにもたどり着けない」
と気づいて始めた手法。

終わりに

  • われわれは反証ではなく確証を探す
  • 手回し式のタイマーを用意する
  • LOLの試合が終わったら、試合時間分回す
  • その時間中は有意義・生産的だと思うことをする
  • 最初は習慣を死守する
  • 読書よりも先に、ノート・メモを取る方法を覚えたほうがいい

今回書いた方法の優れている点は、
LOLを少しでも上達したい、
自分に取って良いものにしたいと思っていれば、
誰でもできることです。

「俺ジャングル全くできないけど、トップレーンは上手い」

そんなことは仕組み的に成り立ちません。

「少し触ってみよう」

何事もそういう知的好奇心が必要です。

おまけ 知的努力は伝染する

ヰ世界情緒ちゃんは、
歌がメインの人なのに、
このレベルで絵が描ける。

わかりやすいカッコよさです。

知的努力は伝染するので、
あなた自身が今より良くなれば、
あなたの周りの人も良くなります。

きっと歓迎されるでしょう。

関連図書など

なぜあなたは全てのレーンができないのか?【LOL的Zettelkasten】

西田幾太郎のノート

ニクラス・ルーマン アーカイブ

-考察記事