考察記事

新アカウントをダイヤモンドまで上げた感想【ランクの味方は頼りになる】

日本サーバーは他のサーバーに比べて、
3~4倍チャレンジャーになりやすい。

LOLのランクシステム、ランク分布、ランク期間など

上の記事を書いてて、知りました。

というわけで毎日AI戦で
ファーストウィンボーナスを取り続けたアカウントで、
ランクをした感想を書きます。

ブログ用に、おこないのよい、
AFKしないアカウントを作ったわけです。

まだアカウント名は公表しませんが、
途中経過を報告する記事になります。

この記事はパッチ12.7の時に執筆されました。

やっぱりマスター・イーがナンバーワン

私にとってのランクは完全に作業なので、
動画を見ながらプレイしてます。

※ 実際にLOLというゲーム自体も作業。記事を書いてるほうが生産性が高く、みなさんに歓迎されますよね?

色々試してみたのですが、
マスター・イーが最強。

その理由は

  • 本格的に動画を見ながら勝てる
  • 20分でバロンを狩れる
  • 貪欲な賞金首狩りを付けて、レベル1インベイドを成功させると勝てる

特に重要なのが2で、
20分でバロンを狩れるチャンピオン、
あるいはロールにしないと、
低レートで勝つのは難しいです。

サポートは敵にファーム上手な人がいたら、簡単に負けてしまう

例えばあなたがサポートだとしましょう。

レーンに勝利しました、
しかし味方がファームをしないので

  • バロンを倒せない
  • 中盤以降の集団戦で勝てない

といった自体が、
あまりに頻繁に起こります。

サポートで動画見ながらプレイしてみたんですが、中々勝てませんでした。
本気でやっても「楽勝」にはならない気がしました。

ドレイヴンとカリスタは使えるとカッコいい

この2チャンピオンでスマーフする人は多く、
5人くらい見ました。

私はドレイヴンはイマイチですが、
カリスタはかなり強いです。

普通ADCとサポートは、
隣や対面との相性を選んでピックします。

しかしこの2体は操作難度が高いので、
人としての成長、
使えることによる優越性、
といったものを感じることができます。

カリスタよりドレイヴンのほうが10倍くらい難しい。

ジャングラーは下手だけどトップ・ミッドレーナーは上手

ダイヤ未満のジャングラーは、
信じられないくらい下手です。

おそらくジャングルを覚えるには

  • 書いて整理する能力

が必要です。

反対にトップとミッドは上手な人が多い。

ボットペアはイマイチ。

簡単に言えば

  • 熱意がないとジャングル・ボット・サポートは覚えられない

当たり前ですが2対2のレーンは、
1対1のレーンより難しい。

名のあるプレイヤーでも、メインロール以外は普通ファームしてるだけです。

一生懸命頑張ると、最後までプレイできない

味方に文句を言う人は少ないですが、
たまにいます。

というのも、
本当にどうでも良いことには、
人間は怒らないからです。

自分のレートどうこうで他人に怒るのは、
人として情けなさすぎる気もしますが、
それだけ一生懸命なのかもしれません。

なんの動画を見ていたのか?

  • Instagram運用(マーケティング)
  • 英語の発音
  • 中国語の発音

ここらへんの動画を、
かなり本格的に見てます。

マルチタスクというよりも、
LOLのことは何も考えていません。

試合中に頑張っても学べることは少ないと、
知識として知っているので、
やはりこの状態で勝つのが理想な気がします。

音楽聴くの好きなんですが、聴きながらLOLだと娯楽になってしまうので控えています。

試合へのやる気はゼロだけどメモは取る

いくつか書きます。

  • マスター・イーをする時はちゃんと植物で1スタック貯める
  • ジャングルで最初赤トリンケット持つ時は、黄色トリンケットを置いてから交換する
  • レンガーで赤バフスタート時も、黄色置いてから赤に変えてくる
  • ボットレーンの三叉路に、3:30くらいにワードを置きたい
  • お酒を飲んでプレイしてはいけない
  • 寝る前にプレイしてはいけない

他にも色々ありますが、
全てメモしています。

なぜあなたは全てのレーンができないのか?【LOL的Zettelkasten】

知り合い同士のカスタムやノーマルに比べたらランクは簡単

「俺はLOLGARENの執筆者だぞ」

とは名乗っていないのですが、
友人に誘われてカスタムをしたりします。

チームバランスの調整とかありますから、
私以外のメンツが、
凄く弱くなります。

チャレンジャーでLOLVtuberの囲いの人が、
同じようなことを言っていたのを
思い出しました。

とにかくランクは味方が強いので、
とても助かります。

味方が結構頼りになるのは、
本当に素晴らしいことです。

終わりに

  • ランクを上げるのは作業
  • 特定のロールは熱意がないと覚えられない
  • 一生懸命頑張るから最後までプレイできない
  • やる気はゼロでもメモは取る
  • ランクの味方は頼りになる

LOLプレイヤーが、
LOLのランク戦の時だけ頼りになるのは、
やはり技術があるからでしょう。

他人や自分を助けるためには、
努力や学びが必須と言えます。

他人の作った動画コンテンツで学びながら、
LOLも他人に勝たせてもらう。

自分がそれなりに強いこと前提ではあるものの、
人に助けられる経験は、
中々楽しいです。

※ 自分から学ぶ動機とか、微不利くらいなら勝つ実力とかは必要。

-考察記事