カウンターピック

トップグレイブスのカウンターピック【グレイブス対策】

グレイブスはジャングルがメインだが、
トップやミッドでも使われるチャンピオンだ。

まともなCCがない以外は弱点が少なく、
爆発力はないけれど、
安全にファームしやすい。

プラチナの人がダイヤの人に
トップレーンで勝てないのは、
腕ではなく単純に組み合わせの問題だ。

こういう消極的なチャンピオンへの負けパターンは

  • 安全にファームされてスケーリングで負ける

これが最も一般的である。

どうやってトップグレイブスを

  • ボコる
  • 安全にファームしてスケーリング勝ちする

のか?

その方法を書いていこう。

この記事はパッチ11.20の時に執筆されました。

トップグレイブスへの簡単な勝ち方

  • クレッド
  • ウーコン
  • ヤスオ

を使う。

ゴーストを入れて

  • タム・ケンチ
  • シンジド
  • トリンダメア

を使う。

敵のミッドがヤスオの時に、ジャングルでグレイブスは出さない。やはりヤスオは苦手。

トップグレイブスのストーリー

  • 無難にファーム
  • 敵が来たらAA>Eで下がる
  • 味方が来たら敵にWを打つ
  • 相手の体力を削る
  • その後相手のタワーを削る
  • 中盤以降はライフスティールで耐える

スケーリングは高いわけではないが、
特に低くもない。

グレイブスの攻撃パターン

  • Qを2ヒットさせる
  • EとRとフラッシュで引き撃ちする

これだけ。

逆にあなたがグレイブスを使う場合は、
メレー相手に向かってEを撃たなければいい。

メレー相手

  • AA>Eでカイトする

装備が同じなら基本メレーのほうが強いので、
Eは相手から離れるように使う。

レンジ相手

  • AA>Eで追撃する

装備が同じなら基本グレイブスのほうが強いので、
Eを相手に向かって使う。

トップグレイブスへのカウンターピック

LOLALYTICS Diamond+
Platinum+

特定の対策アイテム

  • プレートスチールキャップ
  • モータルリマインダー
  • ケミパンクチェーンソード
  • ソーンメイル
  • モレロノミコン

具体的な対策方法

  • ラストヒットを取る時だけ前に出る
  • オールイン時にグレイブスを倒せるチャンピオンを使う

1は正直書くまでもないことで、
メレー対レンジ時の基本だ。

2はグレイブスがこちら側のタワー手前でスキを見せた時に、
オールインで倒せるチャンピオンを選ぶ。

例えばダリウスやタム・ケンチで、
自軍タワー手前のグレイブスに
ゴースト+AAを当てる。

HPや装備が同じなら、
これでキルが取れてしまう。

ゴーストがあれば場所にもよるが、グレイブスの引き撃ちが機能しなくなる。

後出しされた場合

  • ゴーストを入れていく
  • ブーツを買う

グレイブスはアーゴットやリリアと同じ
中距離チャンピオンだ。

メレーならグレイブスに追いつけば倒せるが、
レンジは追いつかれると倒される。

グレイブスはまともなCCを持っておらず、
Qの戻りに当たらなければ大ダメージを受けない。

MSが大事で、
300ブーツを履くだけでも戦いやすくなる。

グレイブスはCCがないので、
正直安全にファームしやすい。

もちろん圧倒的にスケーリングの高いチャンピオンならば、ゴーストを入れるより、テレポートで大人しくファームしたほうがいい。

終わりに

  • グレイブスは無難にファームしやすい
  • グレイブスはスケーリングが低くない
  • ウーコンっぽいチャンピオンに弱い
  • AA主体メレーならゴーストを入れる
  • レンジでもゴーストを入れる
  • オールイン時にグレイブスを倒せないチャンピオンは厳しい

グレイブスは、
ボリベアやレネクトンのような
チャンピオンに強い。

ジャングラーとCCを合わせてくるタイプだ。

フリートフットワーク+E+まあまあのレンジで、
安全にファームしやすいのである。

※ というか、そのためにフリートフットワークを入れる。

スケーリングが高くないチャンピオン相手に、
アーゴットでフリートを入れるのと
仕組みは同じである。

ケイルは最強だけど、
基本まともにファームできない。

グレイブスは相手が誰でも、
それなりにファームしやすい。

LOLは後半強いチャンピオンほど、
序盤は辛いという法則がある。

  • トリンダメア
  • ヤスオ
  • ウーコン

この辺ならば、
ただファームしているだけでも勝てるので、
簡単に勝つにはこの3人が良いかなと思う。

レンガーやシンジドは癖が強い。

-カウンターピック