トップ

トップケイルのビルドガイド【ドランリングスタートは避ける】

征服者とリーサルテンポが強化されて、

  • ヴェインにティーモ
  • ビクターにナサス

を当て続けることが終わった(多分)。

トップとジャングルに置いて、
長年 征服者は問題児扱いだったが、
なければないで、新たな問題が発生するらしい。

固有スキル - 聖なる上昇
アップデートさらに遠くへ アフレイムおよび崇高(またはトランセンデント)時の通常攻撃で発射される波動の飛距離が、増加射程に応じて伸びるように

パッチノート11.24

リーサルテンポ、
およびラピッドファイアキャノン。

今まで波動が届いてなかったそうだ。

この修正によって、
ケイルとリーサルテンポの相性がよくなった。

ADビルドはWの恩恵を受けにくいので、
今回の記事では書かない。

一応ミッドでも使われるが、
今回はトップケイル。

この記事はパッチ11.24の時に執筆されました。

ケイルのストーリー

LOL最強のレートゲームキャリーなので、
アイテムビルドは詰めていこう。

大きく外したアイテムを選択してしまうと、
勝てないことが多い。

  • レベル6までファーム
  • レベル16までファーム
  • 勝利

レベル6までは、
相手よりレーンを押さないこと。

近くの川で
味方ジャングラーが戦っていてもだ。

火力だけならADのほうが高いのだけど、
AP時はWの移動速度が速い。

コレのおかげで、
プッシュ時にほぼ捕まらなくなってしまう。

当然1対1はナサスしかケイルに勝てないので、
プッシュしているだけで、
相手チームがウンザリして勝てるだろう。

レベル16以降は、
あなたがアタックムーブできるなら、
7割くらいの試合に勝ててしまう。

ケイルのルーン

メイン栄華

  • リーサルテンポ
  • オーバーヒール
  • レジェンド:迅速
  • 最後の慈悲

プレスアタック、フリートフットワーク、メイン魔道。

ここらへんも強いが、
せっかくなのでパッチ11.24で
相性がよくなったリーサルテンポを入れよう。

オーバーヒールは、
トップのレンジが入れると強い。

※ メレーがHP満タンでファームできる時とは、対面を3回倒した後くらい

ケイルはASが高いほど強いので、
迅速を入れる。

サブルーン

魔法の靴もコラプトポーションも、
ケイルとは相性が悪い。

基本的にスケーリングルーンを入れていく。

  • マナフローバンド
  • 強まる嵐

スケーリングの構え1。

  • 心身調整 or ボーンアーマー
  • 超成長

スケーリングの構え2、
およびボーンアーマーが欲しい時。

ARやMRを積まないチャンピオンほど、
心身調整の効果が大きい。

  • 血の味わい or 目玉コレクター or ゴーストポロ
  • 強欲な賞金首狩り

スケーリングの構え3(非推奨)。

シーズン11の初めに11%あった強欲。

今は6%しかないので落ち目。

今のケイルだと、
リフトメーカーを持ちたくない人用。

AD時なら血脈を入れて、
強まる嵐か心身調整を入れたほうが強い。

あまり考えず、マナムネ買う予定なら魔道、そうじゃないなら不滅。
で良いと思う。

ルーンのかけら(シャード)

  • 攻撃速度
  • アダプティブ
  • 体力

基本はコレ。

対面と敵ジャングルを見て、
何か良いアイデアが浮かんだら変えてもいい。

サモナースペル

  • フラッシュ+テレポート

レベル2~5までは悲しいほど弱いので、
テレポートを持っていこう。

プッシュしきって帰るとか、
サステイン勝ちして帰るとか、
そういったことが絶望的だからだ。

スキルオーダー

  • レベル1でE
  • レベル2でQかW
  • レベル3で取ってないスキルを取る
  • レベル4以降はR>E>Q>WかR>Q>E>Wの優先順位で取る

サステインのない相手にQを何度も当てると、
結構レーンで勝利してしまう。

  • 初手バーサーカー or ナッシャーならE上げ
  • それ以外ならQ上げ

こういう使い分けでもいい。

ケイルのアイテムビルド

冒頭でも書いたように、
ADビルドは無視する。

ソロプッシュ時に足が遅いからだ。

ヨリック相手には、
ルナーンハリケーンを買うとか、
そういうマッチアップ知識は書かない。

スタートアイテム

レベル6まで最弱クラス。

  • 女神の涙+体力ポーション2個
  • ドランブレード+体力ポーション
  • ロングソード+詰め替えポーション
  • コラプトポーション
  • ドランシールド+体力ポーション
  • ドランリング+体力ポーション

消極的に戦う時は1。

2~4は相手と殴り合う時、
意外とレベル1のケイルは強く、
サイラスくらいなら余裕で勝てる。

マナムネラッシュ時や、
クラーケンに行く時に3は強い。

5はDot対策。

6は良くない選択肢だ。
5よりも1のほうがいい。

アダプティブがAPになってしまうので、
レベル6まで戦えない。

APコグ=マウと同じ理屈。

ケイルでドランリングスタートは避ける。
ダミーを殴ればわかる。
ノーアイテムで70ダメージ、ドランリングで69ダメージだ。

ブーツ

  • バーサーカーブーツ

魔法の靴を入れてなければ、
真っ先にバーサーカーブーツを買う。

入れているのであれば、
ミシック後に他のブーツを履く。

ファーストアイテム

  • ナッシャートゥース
  • リフトメーカー
  • マナムネ

基本は1。

相手がタンクなら2か3も強い。

ファーストアイテム考察

実際にダミーを殴ってみた。

  • アダプティブ1、他攻撃ルーン無し
  • レベル11
  • 崇高状態
  • ARMR0のダミーにAA時のダメージ

の結果

ナッシャートゥース237(攻撃速度50%)
リフトメーカー209(トゥルー含む)
ムラマナ327
セラフ(ただのAP80武器)192
ウィッツエンド251(攻撃速度40%)
クラーケンスレイヤー236(クリティカル時 物理284 魔法127)
  • 火力なら ナッシャー or ムラマナ or ウィッツ
  • タンクはサステインに弱いので ムラマナ or リフト
  • MRが欲しい時はウィッツ
  • 単純なAP武器ファーストは無し
  • 火力だけならクラーケン

というのがわかる。

セカンドアイテム

  • マナムネ
  • ナッシャートゥース
  • リフトメーカー
  • シャッタードクイーンクラウン

ファーストとの組み合わせとなる。

セカンドアイテム考察

組み合わせの火力を見てみよう。

ナッシャー+リフト327
ナッシャー+ムラマナ406
ムラマナ+リフト397
ムラマナ+シャッター(エバフロで測った)404
ナッシャー+シャッター280

シールドを剥がす方法がなかったので、
シャッターではなくエバフロで測った。

エバフロのほうがAPは12多い。

結果は

  • ムラマナは強い
  • ナッシャーも強い
  • シャッター買うならファーストムラマナ

シャッターを買うと、
オムニヴァンプがないのが難点。

サードアイテム

  • ラバドンデスキャップ
  • リフトメーカー
  • モータルリマインダー

組み合わせは

  • ナッシャー+リフトにラバドン
  • マナムネ+ナッシャーにリフト

ケイルの回復半減はモータル。

コレはラバドンを積んでいたり、
積む予定があっても変わらない。

ケイルのグインソーは一見強そうだし、実際に強いけれど、AP時はラバドンに劣る。
つまり買うならクリティカルビルド時。

フォースアイテム

  • ラバドンデスキャップ
  • ゾーニャの砂時計
  • モータルリマインダー

欲しいものを買う。

ケイルはハイブリットダメージなのと、
APが上がるほどWの移動速度が高くなる。

なので必ず
ヴォイドよりラバドンを優先すること。

フィフスアイテム

  • ヴォイドスタッフ
  • リッチベイン
  • ラピッドファイアキャノン
  • ガーディアンエンジェル

Wで加速してAA+E、あるいはEを当てる。

コレが結構強い。

リフトメーカーもあるということで、
2の採用率は高い。

同じ理由で3も強いけれど、
ラバドンの恩恵を受けにくい。

※ 3も今まで波動が届いてなかったらしい。

もちろん自信がないのであれば、
4が最もオススメだ。

終わりに

  • レベル6までレーンは押さない
  • ドランリングスタートは避ける
  • 基本はバーサーカーファースト
  • アタックムーブは必ず習得しておくこと

ADCとほとんど同じ操作なので、
ADCが得意な人は、ケイルも得意なはずだ。

基本的にトランドル以外のファイター、
あるいはタンクに対して後出しすると強い。

征服者が少しバフされたので、
ファイターも増える。

これからはケイルを出すチャンスが
多くなるだろう。

おまけ

カードゲームと同じで、
仕組みを理解せずにコピーするだけだと、
一生覚えない。

彼のような姿勢が大事。

というわけで、今日はケイルの記事を書いた。

-トップ