トップシェンのビルドガイド【とにかく最初にサンファイアを買う】

ビルドガイド
この記事は約6分で読めます。

サンファイアイージスが出てから、シェンとマルファイトのトップ勝率が大幅に上がった。

上がった理由は以前は全く稼げなかったCD短縮(スキルヘイスト)が、サンファイアイージスのおかげで稼げるようになったからだ。

サンファイア+ソーンメイルを買っても、以前はスキルヘイストが0。今は20も稼げる。さらにタイタンハイドラも必須ではなくなった。

タンクは基本的に集団戦のRが求められているので、スキルヘイストは重要なのだが、結局以前のサンファイアはファーストアイテムとして欠陥品だった。

それでは新しくなった、シェンのビルドについて書いていくことにする。

この記事はパッチ10.24の時に書かれました。

シェンは先出し出来るのか?

ケイルをBANすれば、先出しできる。

シェン自体のコンセプトは、レベル5までは強く、レベル6からはRがないのでタイマンは勝てない。

といったチャンピオンなので、基本的にスケーリングの高いチャンピオンは苦手なのである。

シェンのルーン

メイン不滅

  • 不死者の握撃
  • シールドバッシュ
  • 息継ぎ
  • 超成長

無理なくシールドバッシュが発動するチャンピオンなら、基本的に打ち壊しよりもシールドバッシュのほうが強い。

あなたが凄く欲しがるタイプであれば、打ち壊しも悪くない。

多少硬いチャンピオンならば、息継ぎのほうがボーンアーマーより優れており、レンジに対しても効果があるので、相当高ランクで使い分けができるって人以外は息継ぎ固定。

最悪なのがレンジに対してメレーでボーンアーマーを入れていくことで、「こいつトップやったことねえな」って一瞬でバレる。

1番下は他の選択肢も悪くはないんだけど、結局どのチャンピオンも超成長が無難。

普通レンジ相手にメレーチャンピオンは不死者の握撃を入れていかないのだけど、シェンの場合タイマンだとアフターショックの効果が大きくない。

Eが入れば握撃も入るので、他のチャンピオンと違って、常に握撃のままでいい。

サブ天啓

  • 魔法の靴 or 疾駆
  • ミニオン吸収装置

ミニオン吸収装置はラストヒットが取りやすくなるのと、プッシュ力が高まるので、ダイヤ4未満は常に天啓がオススメだ。

聞いた話によると、初心者は何故かキャノンミニオンに3つ使うらしいのだが、プッシュ力が上がらないので辞めよう。

サブ栄華

  • 凱旋
  • レジェンド:迅速

2手目にタイタンハイドラを買うならば、つまり相手がAPならレジェンド迅速がいい。

単純にファームが速いので、プッシュもシージもバロンも有利になる。

逆にタイタンハイドラのようなAA武器を買わないのであれば、他のルーンにしたほうがいい。

有利な時と、AP相手に使うルーンだ。

サブ覇道

  • 追い打ち or ゴーストポロ
  • 至極の賞金首狩り

シェンを先出しして、不利な組み合わせ、ボコられそうな組み合わせの時はサブを覇道にする。

血の味わいと強欲にしない理由は不利だからである。

大人しくファームをしつつ、Rを使って賞金首狩りを稼いでいこう。

もちろんラストヒットに自信がなければ、ミニオン吸収装置を入れていこう。

ルーンのかけら(シャード)

  • 攻撃速度
  • アダプティブフォース(相手によって変える)
  • 物理防御(相手によって変える)

シェンは攻撃スキルが少ないので、アダプティブじゃないほうがトレードが大体有利なのだけど、やはりラストヒットの関係で入れたほうが無難。

対面と相手ジャングルが同じ種類のダメージならば、両方同じルーンを入れていく。例えばブラッドミアとイブリンだったならば、魔法防御を2つ入れる。

シェンのサモナースペル

  • フラッシュ+テレポート
  • フラッシュ+イグナイト

シェンはノーマナのチャンピオンなのでイグナイト適正は高いのだけど、プッシュ力がない。

なので結局ナサスにしかイグナイトを入れていかない。

シェンのアイテムビルド

スタートアイテム

  • ドランシールド+体力ポーション

以前は色々選択肢があったのだけど、おそらくライアット的に、スタートアイテムはわかりやすくしようとしたのだろう。

何を買っていいかわからないのは、初心者がつまづくポイントだからだ。

ミシックアイテム

  • サンファイアイージス

フィオラみたいな相手には、ブランブルベストだけを先に買う選択肢があるが、サンファイアイージスを急いだほうが簡単かつ無難。

また以前と違ってサンファイアにはMRも付いているので、誰が相手でもサンファイアファーストで良くなった。

こういったオタク以外がつまづくポイントが減ったのも、勝率の高さに起因している。

対面がヨリックの時は武器だけを積む。防具を積んでしまうと、中盤以降ヨリックの乙女を倒せないためだ。

ブーツ

  1. プレートスチールキャップ
  2. マーキュリーブーツ
  3. バーサーカーブーツ

基本的に対面のダメージに合わせて1か2を買う。

バーサーカーは圧勝している時か、対面がヨリックの時に買う。

ファーストレジェンダリーアイテム

  • ソーンメイル
  • タイタンハイドラ

ソーンメイルはCC中に回復量半減が60%になる。基本的にライフスティールを半減させたいので、普通は全く恩恵がないのだが、シェンの場合タウントなので効果がある。

APチャンピオン相手には、MRよりもタイタンハイドラを買ったほうがいい。

セカンドレジェンダリーアイテム

  • アビサルマスク
  • スピリットビサージュ
  • ランデュインオーメン
  • 自然の力
  • デッドマンプレート
  • タイタンハイドラ
  • ソーンメイル

MRは今までスピリットビサージュがメインだったけれど、アビサルマスクが10%ダメージが上がるので、CC持ちだとこちらが使われるようになった。

スピリットビサージュがMR40、アビサルがMR60なので、そこらへんが使い分けになる。

6枠目に買うアイテム

  • ガーゴイルストーンプレート

最後に買うと強い。

逆に買わないのは

  • ガーディアンエンジェル
  • ステラックの篭手

シェンはADレシオがないので買わない。ASがそこそこあるので、物凄く悪いわけではないが、基本的にADレシオがないので買わないと覚えておいたほうがいい。

ステラック自体はHP装備があればあるほど強いので、ADレシオが全くなくても弱くはない。

終わりに

やはりトップレーンのアイテム選択は非常に緩くなっていて、アイテムが悪いから負けるといったパターンは少なくなったようだ。

例えば以前だとフィオラでラヴァナスハイドラを買う時に、ヴァンパイアセプターから買わないと、ソレだけで負けていた。

ティアマットを最初に買うのがnoob trapで、レネクトンなどでも何故か最初にティアマットを買う人が多かった。

サンファイアイージスを初手に買う行為は非常にわかりやすく、その分ほかのことに認知を割けるので、上達もしやすいだろう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました