ブラッドミアのビルドガイド【ミッド・トップ両方解説】

ビルドガイド
この記事は約7分で読めます。

パッチ11.8でムンドほどではないが強化されたブラッドミア。まずはトップ適正が高くなったという話をしよう。

かつては大急ぎでクールダウン短縮アイテムを購入していたブラッドミアですが、新しいミシックアイテムの仕組みによってそれが不可能になり、流石の彼も動揺を隠せていないようでした。その埋め合わせとして、今回はそのクールダウンを低下させることにしました。

Q – 吸血
クールダウン 9/8/7/6/5秒 ⇒ 9/7.75/6.5/5.25/4秒

パッチノート11.8より引用

去年まではスキルヘイストではなくCDで、数値がそのままCD軽減となっていた。そこでブラッドミアは序盤に素材を集めてCD40%(限界値)まで上げていたのだけど、今はミシックアイテムが強いし、アイオニアブーツも高くなってしまった。

しかしAPミシックアイテム+コズミックドライブ+クールダウン軽減ルーンで、なんの問題もなく以前の40%まで下がってしまう。

なのでこの調整は、ただレベル9以降が強くなっただけ。主にトップの適正が上がった。

※ トップは中盤以降タイマン性能が求められる、対面よりも強い場合プッシュしやすいからだ。

それではビルドを書いていくことにする。

この記事はパッチ11.8の時に執筆されました。

ブラッドミアのストーリー

  1. 序盤は消極的にファーム
  2. レベル9から強い
  3. チャンス時に難しいスキルコンボを決める
  4. 集団戦で相手ADCに難しいスキルコンボを決める

よほどブラッドミアに対して相性の良いチャンピオンじゃない限り、レベル9以上のブラッドミアには歯が立たない。

メインスキルが対象指定Qなので、初心者はあんまり難しいチャンピオンだと思わないらしいが、実際かなり難しいチャンピオンである。

序盤のファームと戦闘時のスキルコンボが、腕の見せどころだ。

ブラッドミアのコンボ

  • 溜めE>フラッシュ>R>溜めE開放+イグナイト+強化Q

このコンボを知らないと、ブラッドミアは文字通り話にならない。

普通はスキルコンボは、ダメージ交換時のコンボだけ覚えておけば良いのだが、たまに集団戦時のコンボが重要なチャンピオンもいる。

ちなみに溜めEは、QかRを押すと自動で開放される仕様だ。

何故このコンボが難しいのかというと、Eのスマートキャストを外す必要があるからである。なので設定を知っている上級者である必要があるのだが、チャレンジャー近くないとLOLの設定とかわかるわけがない。

Eの設定だけ変えれば良いのだが、チャンピオンターゲットボタンなど、ブラッドミア自体が設定に詳しくないと使えない。

ガングプランク同様にプロ向けのチャンピオンだ。

ブラッドミアのルーン

  • トップはハラス寄り
  • ミッドはバースト寄り

メイン覇道(ミッド向け)

覇道はバースト寄りの選択肢で、キーストーンはヘイルブレードじゃなければなんでもいい。

賞金首狩りはミッドなら強欲(オムニヴァンプ)で、トップなら執拗(非戦闘時MSアップ)。

ラストヒットに自信がないのであれば、ミニオン吸収装置を入れること。

メイン魔道(トップ向け)

魔道はハラスとスケーリング寄りの選択肢で、キーストーンは秘儀の彗星じゃなればなんでもいい。

ラストヒットに自信がなければミニオン吸収装置だが、ミッドと違ってトップの場合は、急いでプッシュする状況が少ないのでミッドほど有効ではない。

宇宙の英知はミシックがナイトハーベストの時に入れると得。それ以外のミシックの場合はアイテムヘイストを活かせない。

ルーンのかけら(シャード)

  • アダプティブ or スキルヘイスト
  • アダプティブ
  • 体力 or 物理防御

ミッドレーナーは攻撃速度を入れることも多いのだけど、ブラッドミアの場合は絶対に入れないほうが強いことだけ覚えておこう。

単純にノーマナだからだ。

相手がADかつ、頻繁に相手にハラスする組み合わせならば物理防御がいい。ミニオンのダメージを受けるためだ。

サモナースペル

  • フラッシュ+イグナイト
  • フラッシュ+ゴースト
  • ゴースト+イグナイト

ブラッドミアは序盤が弱いのだが、テレポートはオススメできない。

理由は3つある。

  • 集団戦で相手ADCにスキルコンボを決めて落とすのが役割
  • モレロノミコンを買いにくい
  • ノーマナだから

なので回復半減が欲しくなければゴースト、欲しければイグナイトとなる。

プロの大会やクラッシュならばテレポートが良いだろうけれど、ソロキューでテレポートはない。

ゴースト+イグナイトは前述のフラッシュコンボを覚えなくとも良いので、たまに使うくらいの人にはオススメだ。

スキルオーダー

  • レベル1でQ
  • レベル2でWかE
  • レベル3で取っていないスキル
  • レベル4以降はR>Q>E>Wの順番で取る

Qを連打したいキャラなのにレベル3で2に上げないのは、ブラッドミアがノーマナチャンピオンだからである。

Qにマナ消費があれば、レベル3でQ上げだったはず。

アイテムビルド

ブラッドミアはHPを上げるとAPが上がるので、ワーモグアーマー悪くないんじゃないかと誰もが考える。

しかしブラッドミアにはCCがないし、「ラバドンデスキャップなら割合で増えるじゃん」ということで、タンク装備は買ってもスピリットビサージュくらいである。

スタートアイテム

  • ドランリング+体力ポーション2個
  • ダークシール+詰め替えポーション
  • ドランシールド+体力ポーション

ドランリングがミッド向け、ダークシールがトップ向けである。何故ならトップは、そこまでプッシュ力が必要じゃないからだ。

ドランシールドは、ドットダメージのある相手に持っていくと強い。

ファーストアイテム

  • ヘクステックロケットベルト
  • ナイトハーベスター
  • リフトメーカー

上になるほどミッド向けで、下になるほどトップ向けだ。

相手にもよるが、トップでロケットベルトを買ったり、ミッドでリフトメーカーを買うとまず勝てない。

ロケットベルトは集団戦でADCを落とす時にしか役に立たず、リフトメーカーはファイター・タンクとタイマンで殴り合う時にしか役に立たないからだ。

よくわからない人は、ナイトハーベスターを買えば間違いないだろう。

ブーツ

  • ソーサラーシューズ

ブラッドミアの場合、真面目にソーサラーシューズ一択で良い。

アイオニアブーツも悪くないのだが、

  • やはり集団戦でADC云々
  • パッチ11.5で値段が50G高くなった
  • CCがない

という理由で買わない。

対面と敵ジャングラーが同じ種類のダメージだった場合、普通靴もソレに合わせたものを買うのだが、ブラッドミアの場合は気にしなくって良い。

相手がカサディンやムンドでも、ソーサラーシューズ一択だ。

ダリウスやナサスと戦う時もスイフトネスブーツなど必要ない、ソーサラーシューズで殴り倒していこう。

とにかく何も考えずソーサラーシューズを買うのが常に正解だ。こういうチャンピオンは逆に珍しい。

セカンドアイテム

  1. コズミックドライブ
  2. ラバドンデスキャップ
  3. メジャイソウルスティーラー

1は一番買いやすい、最も無難な選択肢。

2は無理なく買えれば1より強い。

3はダークシールスタートかつ、ダークシールのスタックが溜まっていれば買う。2と1より強い上に、メジャイ自体もミシック扱いなので得。

ここでモレロを買うと負けるので、イグナイトを持つのはそういう理由。

サードアイテム

  • ヴォイドスタッフ
  • ゾーニャの砂時計
  • ラバドンデスキャップ
  • モレロノミコン
  • バンシーヴェール
  • スピリットビサージュ
  • 悪魔の抱擁

サードアイテムからならば、ユーティリティーアイテムを買っても大丈夫。

つまり

  • ミシック
  • ソーサラーシューズ
  • コズミックドライブ
  • ラバドンデスキャップ

の4つを積み、相手がMRを上げてきたらヴォイドスタッフ。上げる様子がなければユーティリティーアイテム2つ足すといった感じになる。

なのでAPがブラッドミア1枠でもない限り、残り2枠はヴォイドスタッフ+何か1つになるだろう。

終わりに

書いたこと
  • スキルコンボは難しい
  • ゲーム内設定も難しい
  • ADCにスキルコンボを決めるのが勝ちパターン
  • トップはハラス・ミッドはバーストで組む
  • テレポートは持っていかないこと
  • 靴は何も考えずにソーサラーブーツだけを履くこと

やはりこうしてみると、ブラッドミアは難しい。

  • レーンごとの役割を知っていること
  • 集団戦での狙い(ブラッドミアの勝ちパターン)
  • 単純な操作精度
  • ゲーム内設定の知識
  • ゲーム開始前のルーンやスペルのセッティング
  • ゲーム開始後のビルド

出来ているべき条件が多すぎる。私はミクロ・マクロというLOL単語を使わないのだが、やはりあの言葉は欺瞞ぎまん(deceit)だと思った。

例えばマクロを全く知らない人が、集団戦でブラッドミアの華麗なコンボを決めるのは難しい。色々自分で調べて熟考する人じゃないと、華麗なコンボ自体できないからだ。

そしてそのレベルのミッドレーナーが、ジャングラーがドラゴン殴っている時にトップ側に走っていくわけもない。

ミクロ・マクロとはゴールド以下の一般人(9割以上のプレイヤー)を励ます言葉なような気がする。「操作が上手!!」ってね。

ダイヤ未満にはとてもオススメできるチャンピオンではないが、あなたがやる気があるのであれば、使ってみるのも悪くない。

先出しでトップ・ミッド両方こなせるチャンピオンは珍しいからだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました