カウンターピック

トップウーコンへのカウンターピック【ウーコン対策】

トップウーコンは基本的に非常に強いチャンピオンなのだが、一部のチャンピオンに対して非常に弱いので先出ししにくいチャンピオンとなっている。

ダリウスやヴェインに対して強いので、少し使えると便利なチャンピオンである。

今回はウーコン対策なので、ウーコンを出された場合

  • 何を出すか?
  • どんな戦い方をするか?

について書いていく。

カウンターを当てる方は、組み合わせが決まっているので、あんまり考える必要がない。

例えばウーコンに対してはトップリー・シンが強いので、ウーコンが出てきた時だけトップでリー・シンを使うといった覚え方をすると、忘れにくい。

この記事はパッチ11.8の時に執筆されました。

ウーコンのストーリー

  • 対面を倒す
  • 敵のジャングルとミッドも倒す
  • 中盤以降は集団戦で活躍する

後退する時のMSが速くないし、CC付きのビッグウルトなので、1人でプッシュするよりも上手に集団戦に入ったほうが活躍するのは、なんとなくわかると思う。

そもそもウルトがCCのチャンピオンは、1対1が弱いというデザイン的なルールもある。

タンクではないが、ウーコンはマルファイトに近い。

マルファイト的ということは、つまりレーンでボコらない限り、ウーコンはかなり集団戦が強い。

ウーコン=オールイン

ウーコンはダメージ交換が苦手で、Qの先端を相手に当てるくらいしか、まともなハラス方法がない。

なのでウーコンのEに、簡単に対処できてしまうチャンピオンが苦手である。

例えばあなたがガレンの場合

  • ウーコンE ガレンW+E

簡単に返せてしまう。

しかしあなたがケイルの場合

  • ウーコンE ケイルW撃ちながら逃げる

この場合はケイルが逃げないと倒されてしまうので逃げるしかなく、ケイルが逃げるのであればウーコンはQで追撃するくらいで、Wにマナを使わずに済む。

するとケイル側はほとんど勝ち目がない。

ウーコン対策を1行で書くと、オールイン時に勝てるチャンピオンを使う。

ウーコンの苦手なチャンピオン

マオカイでレーン戦をする場合どうなるのか書いてみよう。

レーン戦のコツは、ダメージ交換のパターンを把握しておくことだ。

ウーコンはパッシブの関係で、ADダメージには強いが、APダメージに弱い。

マオカイVSウーコン

ウーコンのメインハラスであるQの間合いは、マオカイQの間合いより短い。

ダメージ交換パターン

  • マオカイQ
  • マオカイQ>ウーコンE>マオカイW>マオカイ握撃回収
  • ウーコンE>マオカイW>握撃回収>マオカイQ
  • ウーコンE>マオカイQ>マオカイ握撃回収
  • マオカイ側のジャングルが来る>マオカイW

マオカイQって普通そのまま食らわないのだが、間合いが近ければ食らう時も多い。

ウーコンEに対してマオカイWを合わせられなくてもダメージ交換に勝てそうにないし、もし合わせられたら大幅に負ける。

ウーコンはアサシン寄りのファイター装備で、マオカイはタンクなので、中盤以降の相性も悪い。

他の組み合わせも見ていこう。

リー・シンも同じような感じでダメージ交換をするが、パターンが多い。

ワーウィックVSウーコン

ダメージ交換はワーウィックの戦い方が単純すぎるので簡単

  • ウーコンE>ワーウィックE>その後ワーウィック一生AA
  • ウーコンQ>ワーウィックQ>その後ワーウィック一生AA

トップワーウィックの戦い方には、精細というかテクニックが全く存在しないのだが、ウーコンには対処方法がないのである。

※ 初心者は勘違いするのだが、ガレンやダリウスは使える人が多いだけで、別にダメージ交換は単純ではない。

シンジドVSウーコン

シンジドはシンジドが使えないと試合に勝てないので、説明は省略する。

簡単に書くとシンジドのQはインビジ状態の敵に当てると、姿が見えるようになる。

※ 直接ターゲットとかは出来ないのだが、実際にやってみればわかる。赤トリンケットを使った時に近いだろうか。

ボリベアVSウーコン

  • ボリベアQ>ウーコンW

ボリベアQをそのまま受けると簡単に倒されてしまうので、ウーコンは上手に対処しないといけない。

ボリベアはワーウィック同様サステインタイプのAAファイターなので、1対1は殴り合いで勝ち目がないのだ。

書いていて思うのだが、ウーコンはRは強力だが、QWEにCCが全くない(スローすらない)ので、相手に攻められた時に何もできない。

ブラッドミアとモルデカイザー

パッチ11.8でバフされたのと、ウーコンがAPダメージに弱いせいで、勝てない。

相性自体はそこまで悪くはないのだけど、こういうパターンもある。

ウーコンの得意なチャンピオン

ケイルに強いのは何も見なくてもわかりそうだが、ダリウスに対して強いチャンピオンだ。

私が使った場合、この中でウーコンに勝てる自信があるのはアーゴットとダリウスで、グウェンも対策すれば大丈夫だろうと思う。

ダリウスでのダメージトレードを見てみよう。

ダリウスVSウーコン

  • レベル1オールイン>ウーコンが勝つ
  • というか全てのレベルでオールインはウーコンが勝つ

ダリウスが勝つにはウーコンとオールインをしないで戦う必要があるわけだ。

ルーンにADルーンを入れていき、息継ぎと生気付与を入れて、ゴアドリンカーを買う。

※ サモスペはゴーストのまま。

つまりダリウスがフルスタック溜めようとすると、ダリウスが先に倒されるので、QでHPを回復する程度で満足することが大事。

結局カウンターを当てられる側は対策が必要で、一般的なビルドガイドでは無視して書く。

そもそもよっぽど極まった高レートじゃない限り、こういったことは普通知らないのである。

ウーコンを後出しされた場合は?

  • ウーコンとのオールインを避ける
  • 生気付与、息継ぎ、フリートフットワークなどでサステインを上げる

こういった対策が考えられる。

ウーコンはHP自然回復量が極端に低く、レベル1で4しかない。

殴り合うと上がるので、やはりロングトレードやオールインを避けて、ショートトレードを徹底していくのがいい。

結局メインチャンピオンの場合は、面倒くさい練習が必要で、上の記事に書かれている方法を覚える必要がある。

一方自分がウーコンに対して後出しする場合は簡単だ。

ウーコンのスキルをよっぽど知らないとか、LOL始めたばかりでよっぽど操作が下手じゃない限りは、大体勝つ。

終わりに

書いたこと
  • オールインが強い
  • HP自然回復量は低い(レベル1で4)
  • APダメージに弱い(パッシブはARとHP回復量しか上がらない)
  • ダメージ交換の仕方を考えておく
  • 特定のチャンピオンで特定の戦い方を覚えるのが簡単

カウンターピックに限らず、難しい方法と簡単な方法があるならば、迷わず簡単な方法を使ったほうがいい。

簡単な方法とは、コストが低い方法のことで、イチイチ使ったことがないリー・シンを覚えてウーコン戦で出そうとするのはダメ、ということだ。

しかしカウンターピックを選ぶこと自体が、簡単に勝つ方法なので、そういった方法を取ろうとするあなたにアドバイスする必要はなかった。

-カウンターピック