シン・ジャオジャングルのビルドガイド【見た目と違って上級者向けのチャンピオン】

ジャングル
この記事は約6分で読めます。

シン・ジャオは最近ずっと弱かったのだが、パッチ11.6でバフを受けたのでビルドを書くことにする。

シン・ジャオ自体の操作は簡単なのだけど、全然初心者向けではない。何故ならばジャングラーは素早いファームを覚えてから、ガンクやワードの潰し方を覚えるからである。

OPGGのルーンを見て、「何故ジャングラーなのに目玉コレクターがいつも1番多いんだろう?」と疑問に思ったことはないだろうか? あれは単純にモンスターを狩りながらミニマップを見れる人じゃないと、敵のレーナーがどこにいつワードを置いたのかわからないからである。

なのでファームを覚えていない人にシン・ジャオはオススメできない。ダイヤ以上のプレイヤーならオススメだ。

シルバーがシン・ジャオを使っても、全く上達しないデータを置いておく。シン・ジャオの記事に冒頭からこんなことを書くのは非常に良くないのだけど、重要な真実なので書いてしまった。

まずはファーム、次にガンク。

この記事はパッチ11.6の時に執筆されました。

シン・ジャオの一周目

シン・ジャオは一周目が速くない上にスケーリングも高くないので、フルクリアしてはいけない。

1 レベル2ガンクパターン

  1. 赤か青バフを狩る
  2. バフを狩る時に相手ミッドを見ておく
  3. 警戒してないようならガンク
  4. 反対のバフを狩りに行く

レベル2ガンクの時にゴーストを使ってミッドのフラッシュを落とさせて、またゴーストが上がった時にガンクに行くとまず倒すことができる。

別にイグナイトでもイグゾーストでも良いのだけど、ソロキューで良くやる手なので覚えておくといい。

※ フラッシュの代わりに別なスペルを入れる目的は、CD差を利用するためである。ただフラッシュ固定のほうが操作は簡単。

このタイミングで相手のジャングルに行くのは、予め相手のジャングルルートを知っていないと難しい。

何も考えずに行っても上達がないので、やはりオタク的な知識が必要。ジャングラーはそういう性格が求められる。

2 レベル3ガンクパターン

  1. 赤か青バフを狩る
  2. 反対のバフを狩りに行く
  3. グロンプを狩ってレベル3
  4. レーンにガンク
  5. もしくはガンクに来る敵ジャングラーを待ち伏せる

よくわからない人は、素直にレーンガンクするのがオススメだ。

3 両方組み合わせたパターン

  • 赤か青バフを狩る
  • バフを狩る時に相手ミッドを見ておく
  • 警戒してないようならガンク
  • 反対のバフを狩りに行く
  • グロンプを狩ってレベル3
  • レーンにガンク

こういった流れがロード画面中に思いつかない人じゃないと、シン・ジャオを使うのは速い。

シン・ジャオのルーン

メイン覇道

  • ヘイルブレード
  • 追い打ち
  • ゾンビワード
  • 執拗な賞金首狩り
  • 追い風
  • 水走り

シン・ジャオは足が速いほど、相手にEを当てやすくなる。

マスター・イーのように武器を積みまくるわけではないので、追い打ちのほうが序盤ダメージが出るし、発動回数もチャンスも多い。

序盤に動きたいチャンピオンなので、水走りは欲しい。相手が水走りがあって、自分にない場合、川で敵チャンピオンを見た時に逃げるしかないからだ。

メイン魔道

  • フェイズラッシュ
  • ニンバスクローク
  • 追い風
  • 水走り
  • 凱旋
  • レジェンド:迅速

フェイズラッシュが好きな人用のルーン。

悪くはないのだけどヘイルブレードのほうがスノーボールしやすいので、シン・ジャオらしい。

ルーンのかけら(シャード)

  • 攻撃速度
  • アダプティブフォース
  • 物理防御

相手のミッドとジャングルが両方APならば、1番下だけ魔法防御にする。

ジャングラーで両方防御ルーンにすると、ファーム速度が遅くなってしまうので、結果ゴールドもHPもたくさん減る。

サモナースペル

  1. フラッシュ+スマイト
  2. ゴースト or イグゾースト or イグナイト+スマイト

ソロキューのシン・ジャオならば2のほうが良いかなと思うのだけど、フラッシュを変えるのはプレイヤーへの負担が大きいので、いつも通りの1が現実的。

シン・ジャオの特殊テクニック

Rフリックといって、レベル6ですぐにRを取るのではなく、Rを打つ時に取る。

例えば

  • E>AA>Q3回の後にR取得>R発動

これでノックバック分1対1での殴り合いが有利になる。先にRを取得してしまうと相手に攻撃を当てた時に挑戦者が付いてしまうので、Rでノックバックできないのだ。

Rを取得さえしなければ、Wでしか挑戦者スタックが付かない。

後はR>フラッシュと打つことで、フラッシュ>Rより素早く打てる。集団戦で弾き飛ばす時に使うことが多い。

序盤のガンクもそうだけど、意外と芸が細かいチャンピオンだ。

シン・ジャオのアイテムビルド

スタートアイテム

  • 残炎のナイフ+詰め替えポーション

Eがあるので、必ず残炎のナイフにすること。

トリンケットは黄色を置いて、リコールして赤にするか、最初から赤トリンケットを買っていく。

ミシックアイテム

  • クラーケンスレイヤー
  • サンファイアイージス

1番ファーム速度の速いクラーケンスレイヤーを買う。赤月の刃やディヴァインサンダラーを買った場合、スノーボールしない限りファームができなくなるからだ。

他の選択肢としては、パッチ11.6で強化されたサンファイアイージス。

しかしシン・ジャオはHPが高いほど強くなるスキルはないので、あまりシン・ジャオらしくない。ファーム速度が速く、行動妨害時間が減るので強いはずではある。

ブーツ

  • バーサーカーブーツ
  • プレートスチールキャップ
  • マーキュリーブーツ

上から順番にオススメだ。

ミシックの前にブーツを完成させる場合は、必ずバーサーカーにすること。ファームができなくなってしまう。

ファーストレジェンダリーアイテム

  • ステラックの篭手
  • デッドマンプレート
  • アンブラルグレイブ
  • モータルリマインダー

大半の試合ではステラックの篭手を買う。

スノーボールしている場合はデッドマンかアンブラル。

回復半減が欲しい時は、このタイミングでモータルリマインダーを購入するのが良い。

特に相手のサポートがソラカの場合、ミシックの後にすぐ回復半減を買わないと、苦戦することになる。シン・ジャオ以外のジャングラーでも同じなので、覚えておこう。

ルインドキングブレードや、グインソーレイジブレードを買うと気持ち良くなるのだが、そもそもスノーボールしてるならアンブラルグレイブを買ったほうが強い。

セカンドレジェンダリーアイテム

  • ガーディアンエンジェル
  • デスダンス
  • スピリットビサージュ
  • ソーンメイル

ただのファイターなので、特に面白みがないアイテムを買う。

ステラックの次にガーディアンと買うのが、大体の試合で強い。

6つ目のアイテムは、ガーゴイルストーンプレートを買おう。

終わりに

シン・ジャオを使うには
  • ジャグリング中にレーンを見て敵のワード位置を把握できる
  • ファーム速度の重要さを知る

シン・ジャオはガンクを決めれば面白いし、決められないとAFKしたくなる。

ダリウスのような、なんとなく荒んだ気持ちの時に使いたくなるチャンピオンだ。

ところがダリウスは初心者が使ってもどんどん上達するチャンピオンなのだけど、シン・ジャオは上級者じゃないと上達しない。

エリスやリー・シンと違って、ファーム速度を重視した装備じゃないとファームできないことが原因である。

リー・シンはどのミシックアイテムでも快適にファームできるが、シン・ジャオはちょっと赤月でファームするのは辛すぎる。

多分初心者の人はそこに気づかずに、遅すぎる装備で文句なくファームしているのだろう。他の比較対象がないとわからないはずだからだ。

シン・ジャオはサブアカウントで使うと非常に面白いので、是非試してみて欲しい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました