ヨネへのカウンターピック【ヨネ対策】

考察記事
この記事は約3分で読めます。

ミッドだとヨネはゼドと並んで簡単なチャンピオンだ。

ゼドと違ってファームがしやすいわけではないが、ラストヒットは取りやすいし、スケーリングが高いのでファームしてるだけで勝ててしまう。

まずどういったチャンピオンなのか、説明していくことにする。

この記事はパッチ10.21の時に執筆されました。

スポンサーリンク

ヨネのストーリー

  1. 無難にファームをする
  2. ファントムダンサーかスタティックシヴを買う
  3. たくさんファームをする
  4. チャンス時にRを決める
  5. 育ったら集団戦でイニシエートする

誰かに似ていると思わないだろうか?

マルファイトと似ている。

ヨネは本当に集団戦でイニシエートすることが多い。

明らかに耐えられなさそうな装備なんだけどうまく行く事が多い、多分ソロキューだからなのだと思う。

レーン戦は弱めでどのくらい弱いかというと、トップで先出ししたらゲームが終わるくらい弱い。

ヤスオはまだトップで戦えそうだけど、ヨネトップは相当有利なチャンピオンが来ない限りファームすらできないのだ。

もっと言えばボットレーンにも行けない。

低レベル時は逃げ性能もないし、殴り合いも弱いので、ファームしやすいミッドでごまかしているだけである。

ヨネはマルファイトみたいなものだという認識で大体合ってる。

ヨネの弱点

ヨネの弱点は

  • ダメージ交換が苦手
  • 序盤のオールインが弱い
  • 逃げ性能がない
  • サステイン(HP回復)がない
  • クリティカル2倍計算なので防具が積みにくい
  • Eの戻ってくる地点が固定
  • 序盤はパッシブの効果がない

基本的にはハラスの強い相手に対して弱い。

ダメージ交換が苦手なのは、ヤスオと違ってWもEもないからだ。

ヨネのダメージ交換は次の2パターン

  1. E接近>強化Q>AA>W>AA>E戻り
  2. Wを当てる

相手からしてみれば、1のパターンにだけ気を付けていればいい。

対処方法は簡単で、Qが切れるまで、スタンやリープを残しておくだけだ。

なので実際には、ヨネ側はWの先端を当てるくらいしかやることがない。

フィズやゼドが苦手なのは、こちらの強化QやRは簡単にかわされるのに、戻った後でRをくらってしまうことだ。

集団戦前に微妙なEを撃っただけでも、ランブルにRを敷かれるのが目に見えている。

ヨネを後出しされた場合は?

こうしてみると

  • Wのちょっとしたシールド
  • Eのちょっとしたリープ

この2つが有効に機能する相手に強いらしい。

有効な対策としては

  1. ガンクをしてもらう
  2. スケーリングの高いルーンにする

ソロキューで1は有効ではない。

有効なのだけどジャングラーのガンクを期待するミッドは、性格的にミッドができない。

LOLの仕組みというか問題的に、ジャングラーは人気がないので一般的なレートだと、常にミッドよりずっと下手だからだ。

なのでカサディンやアカリなら征服者にするなど、圧倒的にスケーリングが高いルーンセットにしていこう。

終わりに

具体的なカウンターピック
  • アニー
  • フィズ
  • ゼド
  • レネクトン

この4人の中だと、ゼドとレネクトンが簡単だろう。

アニーとフィズは慣れている人じゃないと、クセがあって難しいからだ。

自分はサブアカウントでヨネを結構先出しするのだけど、こうやって考えると、ヨネを先出しするならゼドをBANして、苦手な相手が来たら握撃を入れていくことになる。

本格的に対策はされたことがない(ボコられたことがない)ので、考えたことはなかったが、普通に考えてレネクトンには勝てないからだ。

私はいつもレネクトンでヤスオをボコっているが、「メイン栄華じゃ無理じゃないか?」と思っている。

きっとヨネも同じになると思う。

ヨネ自体は全然テクニカルでもなんでもない性能なのに、意外とバランスが良く、苦手な相手も少ない。

やはり使用率の高いチャンピオンは、それなりの理由がある。

コメント

タイトルとURLをコピーしました