2022/8/12

トップエイトロックスのビルドガイド【ボタンを離した瞬間Qが出る設定にしておく】

パッチ12.14で後半弱くした代わりに、序盤強く調整されたせいか、妙に強いエイトロックス。 基本ステータスレベルアップごとの体力 104 ⇒ 114E - 影進撃自動効果の体力回復量 18/20/22/24/26% ⇒ 18/19.5/21/22.5/24%R - ワールドエンダー増加体力回復効果 25/40/55% ⇒ 25/35/45% パッチノート12.14 レベル11までは純粋なバフで、レベル16からは少し回復量が低い。 ミッドでもたまに使われるチャンピオン。 この記事はパッチ12.15の時に執筆 ...

2022/8/10

チャンピオンのクラスとサブクラスを理解してないと、試合に勝てない。

用語の抽象性の差異は知的能力によるのではなく、個々の社会が世界に対して抱く関心の深さや細かさはそれぞれ違うということによるのである。 クロード・レヴィ=ストロース 野生の思考 日本では雨の種類を表す単語が、400個以上ある話と同じです。 LOLではチャンピオンにかかわる語彙が豊か。 理由は簡単で、LOLをする場合に重要だからです。 チャンピオンに詳しい=LOLが上手 と言えるわけですが、チャンピオン数は150以上なので、覚えるのには工夫が必要でしょう。 どうやって覚えるかというと、カテゴリー分けして覚えま ...

2022/8/10

キーストーンやアイテムビルドはどうやって使い分けるのか?【アクシャンやドレイヴンなど】

ビルドをピシッとしたデザインにしたい というコメントに答える。 統計サイトの見方がそれなりにわかって理解できるのは、大体ダイヤ以上で、最低でもプラチナは硬い。 なので彼もそれくらいだろう。 よく書けていると思った。 キーストーンおよびルーンは、次の基準にそって選択される。 ※ サモナーズリフトのソロキューの場合。 戦闘時間に合わせて使う 発動回数が多いほど強い スケーリングは高いほど強い 順番に書いていこう。 この記事はパッチ12.14の時に執筆されました。 戦闘時間に合わせて使う 戦闘時間に合わせて使う ...

2022/8/10

ボットトゥイッチのビルドガイド【ルインドキングブレードを買うか買わないか】

サドンインパクトがバフされたせいか、元々強かったのか、トゥイッチはパッチ12.14で強い。 アタックムーブ 火力の出るビルドパス この2つさえ知っていれば、かなり簡単に勝つことができるチャンピオン。 ちなみに配信サイトのtwitchと、LOLのトゥイッチはつづりが同じ。 なので少し検索しにくい。 この記事はパッチ12.14の時に執筆されました。 トゥイッチのストーリー 無難にファームする 装備を揃える 集団戦でQ>Rを決める 基本的にQ>Rを決めるだけのチャンピオン。 中盤以降は、Rがある時は ...

2022/8/10

ボットドレイヴンのビルドガイド【パッチ12.14最強ADC】

LOLで最も難しいチャンピオンだが、使用率は高く、マークスマンメインなら使えて当然みたいなチャンピオンだ。 最も難しいのに、使えるプレイヤーが多いのは何故か? これにはカラクリがあって、 斧をキャッチする試行回数は稼ぎやすい からだ。 フラッシュを絡めたRコンボ フィドルスティックスなどの同時狩り はプラクティスで何度も練習しなければいけない。 ドレイヴンやカリスタは、最初のコツさえAIで掴んでしまえば、上手になるのは時間の問題。 ※ ドレイヴンだと毎日1回AIをした場合、コツを掴むまで3ヶ月くらいかかる ...

2022/8/12

どうして最初に武器を買うのか?【入門知識】

このブログは、私が自分の知識を整理するために書き始めました。 なので入門者のためのコンテンツが少ないです。 「よい入門書」は「私たちが知らないこと」から出発します。よい入門書は「私たちが知らないことから」出発して、「専門家が言いそうもないこと」を拾い集めながら進むという不思議な行程をたどります。 寝ながら学べる構造主義 どうして最初に武器を買うのか? どうしてLOLを起動するのか? どうして洗脳されるのか? どうして孤独が悪いのか? どうしてタンクは防具を買うのか? こういったことを書きたいとたまに思って ...

boy playing jenga

2022/8/10

無知は怠惰の結果ではなく、勤勉の結果【抑圧】

人間は自由に思考しているつもりでも、実はそうではないという話をします。 ジークムント・フロイトの抑圧から説明しましょう。 フロイトは心理学者として有名ですが、社会学の本にもフロイトが出てくるので、結構詳しかったりします。 ある心的過程を意識することが苦痛なので、それについて考えないようにすること、単純に言えば、それが抑圧です。 寝ながら学べる構造主義 上の文だけでも、なんとなくわかるでしょう。 人間には意識の部屋と無意識の部屋がある 部屋の間には番人がいる 番人が気に入らないことは、部屋に入れない この番 ...

2022/8/10

クレッドのビルドガイド【最大HPが特別に高いので、相性のいいルーンやアイテムを持つ】

パッチ12.13でQとWにバフを受けたクレッド。 特にWが全レベルで1秒減ったので、かなり強くなった。 操作は簡単だが、システムやビルドが複雑で、最初は重たい印象がある。 実際は単純に、 ただ最大HPが多いチャンピオン と思えば大丈夫だ。 この記事はパッチ12.14の時に執筆されました。 クレッドのHP仕様 HPがクレッドとスカールに分かれている アイテムなどによる増加HPはスカールにしか適応されない 合計HPはクレッドとスカールを合計したもの スカールの基本HPは増加HPに計算されない 1 レベル1で4 ...

2022/8/10

アニビアへのカウンターピック【アニビア対策】

アニビアはバトルメイジといって、中距離で強いメイジだ。 ミッドレーナーの間では、上手な人が使うタイプと言われている。 この記事はパッチ12.14の時に執筆されました。 ミッドアニビアのストーリー 序盤のレーン戦でハラスをする レベル6以降はファーム力が高い 後半はそんなに強くない 1 AA射程が600と長く、CCを持ってる。 パッシブで復活できるので、ジャングラーを絡めた2対2が強い。 ※ 2対2で先にアニビアを落としても勝てない。ザックと同じ。 2 マナさえあれば、物凄い速度でファームできる。 3 アー ...

2022/8/10

ミッドキヤナ【パッチ12.14最強ミッドレーナー】

今のLOLはカッコつけて言うと、ポスト耐久力アップデートと呼べる。 ※ ポスト○○は、○○以降あるいは○○の後にという意味。もちろんLOLの用語じゃない。 プロシーンでは序盤のキルが起きにくく、ソロキューでもマスター・イーみたいなチャンピオンでファームしてるだけ。 マスター・イーみたいなアサシン。 それがキヤナだ。 似たようなチャンピオンにアカリがいるが、キヤナのほうが ヴァンパイアセプターでライフスティールがある マナムネは2手目に買える AOEのCCがある というわけで、圧倒的に活躍しやすい。 ラバド ...

2022/8/12

トップエイトロックスのビルドガイド【ボタンを離した瞬間Qが出る設定にしておく】

パッチ12.14で後半弱くした代わりに、序盤強く調整されたせいか、妙に強いエイトロックス。 基本ステータスレベルアップごとの体力 104 ⇒ 114E - 影進撃自動効果の体力回復量 18/20/22/24/26% ⇒ 18/19.5/21/22.5/24%R - ワールドエンダー増加体力回復効果 25/40/55% ⇒ 25/35/45% パッチノート12.14 レベル11までは純粋なバフで、レベル16からは少し回復量が低い。 ミッドでもたまに使われるチャンピオン。 この記事はパッチ12.15の時に執筆 ...

2022/8/10

ボットトゥイッチのビルドガイド【ルインドキングブレードを買うか買わないか】

サドンインパクトがバフされたせいか、元々強かったのか、トゥイッチはパッチ12.14で強い。 アタックムーブ 火力の出るビルドパス この2つさえ知っていれば、かなり簡単に勝つことができるチャンピオン。 ちなみに配信サイトのtwitchと、LOLのトゥイッチはつづりが同じ。 なので少し検索しにくい。 この記事はパッチ12.14の時に執筆されました。 トゥイッチのストーリー 無難にファームする 装備を揃える 集団戦でQ>Rを決める 基本的にQ>Rを決めるだけのチャンピオン。 中盤以降は、Rがある時は ...

2022/8/10

ボットドレイヴンのビルドガイド【パッチ12.14最強ADC】

LOLで最も難しいチャンピオンだが、使用率は高く、マークスマンメインなら使えて当然みたいなチャンピオンだ。 最も難しいのに、使えるプレイヤーが多いのは何故か? これにはカラクリがあって、 斧をキャッチする試行回数は稼ぎやすい からだ。 フラッシュを絡めたRコンボ フィドルスティックスなどの同時狩り はプラクティスで何度も練習しなければいけない。 ドレイヴンやカリスタは、最初のコツさえAIで掴んでしまえば、上手になるのは時間の問題。 ※ ドレイヴンだと毎日1回AIをした場合、コツを掴むまで3ヶ月くらいかかる ...

2022/8/10

クレッドのビルドガイド【最大HPが特別に高いので、相性のいいルーンやアイテムを持つ】

パッチ12.13でQとWにバフを受けたクレッド。 特にWが全レベルで1秒減ったので、かなり強くなった。 操作は簡単だが、システムやビルドが複雑で、最初は重たい印象がある。 実際は単純に、 ただ最大HPが多いチャンピオン と思えば大丈夫だ。 この記事はパッチ12.14の時に執筆されました。 クレッドのHP仕様 HPがクレッドとスカールに分かれている アイテムなどによる増加HPはスカールにしか適応されない 合計HPはクレッドとスカールを合計したもの スカールの基本HPは増加HPに計算されない 1 レベル1で4 ...

2022/8/10

ミッドキヤナ【パッチ12.14最強ミッドレーナー】

今のLOLはカッコつけて言うと、ポスト耐久力アップデートと呼べる。 ※ ポスト○○は、○○以降あるいは○○の後にという意味。もちろんLOLの用語じゃない。 プロシーンでは序盤のキルが起きにくく、ソロキューでもマスター・イーみたいなチャンピオンでファームしてるだけ。 マスター・イーみたいなアサシン。 それがキヤナだ。 似たようなチャンピオンにアカリがいるが、キヤナのほうが ヴァンパイアセプターでライフスティールがある マナムネは2手目に買える AOEのCCがある というわけで、圧倒的に活躍しやすい。 ラバド ...

2022/8/10

ボットニーラのビルドガイド【タリックかレナータ・グラスクとボットに行く】

パッチ12.13で実装された、ニーラのビルドガイドを書く。 かなり特徴的なチャンピオンで、 周りに味方がいる状態でラストヒットを取ると得 レンジではなくメレー クリティカルでスケーリングする 味方からの回復・シールドの効果がアップする といった特性がある。 特徴的というのは、特化していると言ってもよく、そのためにビルドやロールは単純だ。 キーストーンは征服者 ビルドはクリティカルを積み続ける ボットで使う エンチャンターと相性がいい 味方にシェン、アイバーン、アニーがいると強い 正直あまり工夫するところが ...

2022/8/10

トップガレンのビルドガイド【基本はフェイズラッシュ】

最近ガレンの様子がおかしい。 関連アイテムやルーンがバフされたわけでもないのに、ガラッとビルドが変わった。 具体的に言うと、基本的なルーンが、征服者+イグナイトから、フェイズラッシュ+ゴーストに変わった。 以前は王道のファイターだったのが、今は ライズ カシオペア ブラッドミア のような、スケーリングの構えになっている。 この記事はパッチ12.13の時に執筆されました。 ガレンのストーリー 無難にファームする チャンス時にオールインしてRを決める ひたすらレーンをプッシュして、危なくなったら逃げる 1 フ ...

2022/8/10

ジャングルワーウィック【初手にティアマットを買ってはいけない】

最も簡単なジャングラー、ワーウィックを書く。 耐久力パッチ以降、かなり強いチャンピオンで、ワーウィック自体がキャリーじゃないことを除けば、特に文句がない性能をしている。 素早くクリアしたいなら、最初は簡単なチャンピオンから使おう【アイバーンとワーウィック】 単純に見たいらしい。 教えて欲しいと書いてあったら書かなかった。 人にLOL教えるブログじゃないからだ。 ワーウィックは マップを確認する必要がない ファームを練習する必要がない ただAA主体のチャンピオンなので ルーンとアイテムビルドには気を使う こ ...

2022/8/10

ジャングルエリスのビルドガイド【敵レーナーのHPを簡単に確認する方法】

パッチ12.13でバフを受けたエリス。 基本ステータス基本体力 625 ⇒ 650レベルアップごとの体力 107 ⇒ 109基本物理防御 27 ⇒ 30Q - 神経毒(ヒト形態)基本ダメージ 40/70/100/130/160 ⇒ 40/75/110/145/180 パッチノート12.13 硬くなって、スケーリングが上がった。 パッチ12.12のナイトハーベスター強化と合わさって、結構強いジャングラーになった。 たまにサポートでも使われるが、今回はジャングルのビルドを書く。 この記事はパッチ12.13の時 ...

2022/8/10

トップレネクトンのビルドガイド【プローラークロウを初手に買う】

耐久力アップデート後は、ADアサシンが軒並み弱体化した。 最初の1キルを取ってスノーボールするのに、その1キルが取りにくいのでは当たり前だ。 今はタロンもキヤナも、涙を買ってファームするだけのチャンピオンである。 しかし耐久力アップデート後に、突然プローラークロウを買うチャンピオンもいた。 アーゴットと、レネクトン。 今回はレネクトンを書く。 この記事はパッチ12.13の時に執筆されました。 レネクトンのストーリー 対面をキルする スノーボールする ドラゴン4つ取って勝利 1 一度プラクティスで、コンボダ ...

2022/8/10

キーストーンやアイテムビルドはどうやって使い分けるのか?【アクシャンやドレイヴンなど】

ビルドをピシッとしたデザインにしたい というコメントに答える。 統計サイトの見方がそれなりにわかって理解できるのは、大体ダイヤ以上で、最低でもプラチナは硬い。 なので彼もそれくらいだろう。 よく書けていると思った。 キーストーンおよびルーンは、次の基準にそって選択される。 ※ サモナーズリフトのソロキューの場合。 戦闘時間に合わせて使う 発動回数が多いほど強い スケーリングは高いほど強い 順番に書いていこう。 この記事はパッチ12.14の時に執筆されました。 戦闘時間に合わせて使う 戦闘時間に合わせて使う ...

boy playing jenga

2022/8/10

無知は怠惰の結果ではなく、勤勉の結果【抑圧】

人間は自由に思考しているつもりでも、実はそうではないという話をします。 ジークムント・フロイトの抑圧から説明しましょう。 フロイトは心理学者として有名ですが、社会学の本にもフロイトが出てくるので、結構詳しかったりします。 ある心的過程を意識することが苦痛なので、それについて考えないようにすること、単純に言えば、それが抑圧です。 寝ながら学べる構造主義 上の文だけでも、なんとなくわかるでしょう。 人間には意識の部屋と無意識の部屋がある 部屋の間には番人がいる 番人が気に入らないことは、部屋に入れない この番 ...

2022/8/10

アニビアへのカウンターピック【アニビア対策】

アニビアはバトルメイジといって、中距離で強いメイジだ。 ミッドレーナーの間では、上手な人が使うタイプと言われている。 この記事はパッチ12.14の時に執筆されました。 ミッドアニビアのストーリー 序盤のレーン戦でハラスをする レベル6以降はファーム力が高い 後半はそんなに強くない 1 AA射程が600と長く、CCを持ってる。 パッシブで復活できるので、ジャングラーを絡めた2対2が強い。 ※ 2対2で先にアニビアを落としても勝てない。ザックと同じ。 2 マナさえあれば、物凄い速度でファームできる。 3 アー ...

2022/8/10

ミッドビクターへのカウンターピック【ビクター対策】

ミッドビクターの対策を書く。 ビクターはテクニカルなイメージだが、ひたすらEを当て続けて勝つチャンピオン。 苦手な相手は少ない。 私は昔から対戦ゲームだと、一生強い技を振り続けるキャラクターが好きで、その理由は 相手が上手に対処しない限り勝てる なんだか自分が上のようになった気がする といった感覚があるからだ。 上手に対処できない限り、ビクターに勝つのは結構難しい。 この記事はパッチ12.13の時に執筆されました。 ビクターのストーリー 無難にファーム スケーリングで勝つ 大抵のメイジと同じ。 名のあるプ ...

silhouette of mountains

2022/8/10

【イチマサ・モノクローム】マインド・コントロール【書評】

マインド・コントロールという本について書く。 対戦ゲームの大前提の1つに、 「相手の思い通りに動いたら、絶対に勝てない」 というのがある。 稀にこの前提を知らない人がいるが、大半の人はLOLなどをしていなくとも、最初から知っているだろう。 逆に勝つためには、相手をコントロールすれば良いわけだ。 以前、何年もLOLをしていて、凄い下手な人から有料で相談を受けたことがあった。 凄い下手と言ってもゴールドだが、彼のプレイ時間と年数から考えれば、ソレはありえない下手さだった。 私はすぐにピンと来た 「周りのLOL ...

aerial photography of mountain range covered with snow under white and blue sky at daytime

2022/8/10

【Dark Horse】目的地は自分で設定しないと、辿り着けない【書評】

ハーバードの研究者が、一般社会に馴染めなかったけれど、型破りな成功をした人にインタビューをして、その方法をマニュアル化した本。 Dark Horse 今回はその書評。 もともとは競馬の用語だ。予想外の活躍をしそうな馬のことである。それが転じて「あまり知られていないが競争に勝ち、まわりを驚かせる者」「自分についてあまり周囲に語らないが驚くべき資質や能力を持っている者」を表すようになった。私たちのワインも予想外の旨さ、飲む人を驚かせる存在。だから、“ダークホース”を名乗っている。 サントリーのホームページより ...

2022/8/10

我々はどんなに簡単なゲームでも予定を立てながらプレイしている話

朝三暮四の猿。 飼っている猿のエサを減らす時に、 「朝に3つ、夜に4つ」 ※ 4:4だったけど、朝に1個減らした。 と言ったら、猿は怒った。 「なら朝に4つ、夜に3つ」 と言ったら、猿は喜んだ。 猿バカだよなって話だけど、われわれ人間も似たようなものだ。 目先のもの、あるいは結論にすぐ飛びつく。 しかし何故か人間は、 自分で予定を立ててソレを消化するのが好き という不思議な特性がある。 LOLに限らず、なんでもそういうことをしないと、前に進まないという話をする。 この記事はパッチ12.13の時に執筆されま ...

2022/8/10

どうしてダイヤ4で止まるプレイヤーが多いのか【LOLの起動時間は短いほどいい】

レートが低いほど試合時間が長く、集団戦が下手なので、ルーンはなるべく後半強いものがいい。 上は マナムネ・ムラマナはどれくらい強いのか?【完成すれば最強のアイテム】 の記事のコメント。 本当に上手な人は何をプレイしても勝てるが、レート相応の実力ならば、こういったルーンのほうが勝ちやすい。 このように公式でも、ダイヤ4と3までは高スキル。 ここらへんが特別に上手な人とそうじゃない人の差、みたいになっている。 実際のゲームだと、ダイヤ4は本当に当てにならない。 運が良ければ試合には勝ててしまうゲームなので、3 ...

2022/8/10

勝敗にこだわってはいけない理由

LOLで勝敗にこだわると、パフォーマンスどころの話ではないよ。 という話をします。 先日書いた どうしてやる気が無くなるのか?【LOL AFK論】 に、モチベーションの基本を書きました。 ゴールに近づいたと感じると増える ゴールから遠ざかったと感じると減る タスクが重たいと感じるとマイナスになる 簡単なことはモチベーションが不要 5つ目を足すなら ゴールしたと感じると無くなる となるでしょう。 最初に書いておくと、9割の人にとって、全然関係ない話です。 【能力を発揮する大前提】やる気が上がる8つのスイッチ ...

2022/8/10

どうしてやる気が無くなるのか?【LOL AFK論】

モチベーション=やる気 コメントを要約すると 勝ち目ないと思う試合は面白くないのでAFKしたい しかしAFKする正当な理由が見当たらない そんな時はどうすればいいのか? コレは結構プレイヤー同士で、話題になることが多いです。 問題の対処はかなり簡単ですが、説明すると長くなります。 問題を解決する時は、モチベーションから対処してはいけない。 習慣超大全――スタンフォード行動デザイン研究所の自分を変える方法76P では、変わろうとする意思を妨げている落とし穴は何か?それは、モチベーションの重要性を振りかざす「 ...

silhouette of mountains

2022/8/10

【イチマサ・モノクローム】マインド・コントロール【書評】

マインド・コントロールという本について書く。 対戦ゲームの大前提の1つに、 「相手の思い通りに動いたら、絶対に勝てない」 というのがある。 稀にこの前提を知らない人がいるが、大半の人はLOLなどをしていなくとも、最初から知っているだろう。 逆に勝つためには、相手をコントロールすれば良いわけだ。 以前、何年もLOLをしていて、凄い下手な人から有料で相談を受けたことがあった。 凄い下手と言ってもゴールドだが、彼のプレイ時間と年数から考えれば、ソレはありえない下手さだった。 私はすぐにピンと来た 「周りのLOL ...

aerial photography of mountain range covered with snow under white and blue sky at daytime

2022/8/10

【Dark Horse】目的地は自分で設定しないと、辿り着けない【書評】

ハーバードの研究者が、一般社会に馴染めなかったけれど、型破りな成功をした人にインタビューをして、その方法をマニュアル化した本。 Dark Horse 今回はその書評。 もともとは競馬の用語だ。予想外の活躍をしそうな馬のことである。それが転じて「あまり知られていないが競争に勝ち、まわりを驚かせる者」「自分についてあまり周囲に語らないが驚くべき資質や能力を持っている者」を表すようになった。私たちのワインも予想外の旨さ、飲む人を驚かせる存在。だから、“ダークホース”を名乗っている。 サントリーのホームページより ...

2022/8/10

【書評】知らない相手に友人のように話しかけていけない【人は話し方が9割】

以前、読者に 「人は話し方が9割」 という本をいただきました。 読んだことを伝える為に、LOLに絡めて書いていくことにします。 本の内容は簡単で、一言でいうと 悪役令嬢もののように会話する 人によっては、ずいぶんインチキ臭いように感じますが、女性からすれば当たり前らしい。 基本ルール 人は自分への関心が一番強い 人は自分のことをわかってほしい生き物 人は自分のことをわかってくれる人に好感を持つ 上の3つを守るだけです。 この記事はパッチ12.11の時に執筆されました。 正しい話より、好かれる話をしましょう ...

2022/8/10

【能力を発揮する大前提】やる気が上がる8つのスイッチ【書評】

人間のやる気は次の3要素で決まる。 という少し乱暴な物言いの本です。 自信が有るか無いか 成長マインドセットか固定マインドセットか 獲得フォーカスか回避フォーカスか あなたが何かしらの第一人者、あるいはアスリートだった場合 自信が有る 成長マインドセット この2つは兼ね備えてなければ、話になりません。 ※ 今あなたが順調ならば、この状態を維持しましょう。 獲得と回避はどちらが優れているわけではなく、ただのタイプです。 それではマインドセットから見ていきます。 この記事はパッチ12.5の時に執筆されました。 ...

2022/8/10

もっと楽しく効率良くLOLをする方法【なぜあなたの仕事は終わらないのか? 書評】

あなたがLOLに燃え上がる情熱を持っているなら、 なぜ、あなたの仕事は終わらないのか スピードは最強の武器である この本を読むべき。という話をします。 あなたが他人から次の質問をされたとしましょう。 「なぜLOLをしているんですか?」 それなりに上手なプレイヤーなら、おそらく次のように思うはずです。 「うるせーよ。好きだからやってるに決まってるだろう、そんなわかりきったこと聞くな」 と。 もちろんTwitterやDiscordで、他人に向かってこんなことは言えませんけどね。 どうやらタイムマネジメントの本 ...

2022/8/10

先延ばし克服とLOL上達の逆算スケジューリング【書評】

先日 「後回しにしない技術」 という本を読んだ。 われわれの常識では 先延ばしグセは誰にでもある 先延ばし克服本はたくさんある 先延ばしグセを克服できれば、大抵のことは叶う といったところだろう。 この本を呼んでいる途中、あることに気づいてしまった。 本の内容が妙にLOLっぽいと。 この本はイ・ミンギュという韓国人が書いた本なので、おそらくそういうことなのだろう。 ※ 私は本屋で著者名を見ずに買ったし、見ずに読み進めた。 ただの思いこみかもしれないが、著者にLOLプレイヤーの気質を感じた。 この記事はパッ ...

2022/8/10

SNSを使うほど孤独に スマホ脳【書評】

2021年で1番売れた本。 それがスマホ脳だ。 一流の頭脳も売れたので、著者のアンデシュ・ハンセンを知っている人は多いだろう。 ”人間の進化の見地”から、色々と語る人である。 スマホ脳を要約すると、 現代人の脳は昔のまま スマホに適応できていない SNSなど作る側は、情け容赦無く人間の弱点を突いてくる あなたは彼らに支配されている 1週間に2時間運動しよう デジタル・デトックスをしよう こういった内容だ。 私はあまりスマホを使わないが、精神的に不健康な友人を理解するために、読んでみた。 なので今回の記事は ...

2022/8/10

LOLはあなたの前頭葉を鍛える バカの壁【書評】

平成で1番売れた本、バカの壁 (新潮新書) の書評を書きます。 過激なタイトルなので、 「頭の悪い人を殴りまくる本なのかな?」 と邪推してしまうけれど、柔らかい内容の本です。 バカの壁とは? 結局われわれは、自分の脳に入ることしか理解できない。つまり学問が最終的に突き当たる壁は、自分の脳だ。 バカの壁 まえがき より引用 まえがきを要約すると 著者は若い頃に、数学を教えたことがある 数学はわかるとわからないが、ハッキリしている わかる人でも進んでいくと、わからなくなる 時間には限りがあるので、数 ...

2022/8/10

あなたの行動およびLOLを妨げている8大メンタルブロック【書評】

メンタルブロックを一言で言うと 行動を妨げる思い込み 読むだけでお金のメンタルブロックが取れる本 8大メンタルブロックが紹介されていた。 権威性のある本ではないし、心理学自体も微妙。 ※ 感じ方は人によって違う。 しかし面白い上に、考えさせられる内容だったので紹介したい。 この記事はパッチ11.19の時に執筆されました。 8大メンタルブロックのリスト 欠乏感 完璧主義 他人の評価 確実性 失敗への恐怖 無価値感 楽をしたい気持ち 短期的 ピンと来るものもあれば、来ないものもある。 簡単に説明していこう。 ...

2022/8/10

上位5%になるための習慣2 リーダー編【書評】

「上位5%の行動習慣を真似て結果を出すと良いんじゃないか?」 というコンセプトの本だ。 本人の思想、人生観、哲学を変えるには10年以上かかる。 しかし上辺の行動を真似するだけなら、誰でも簡単にできるし、そのうち考え方も変わるだろうという考え。 上位5%になるための習慣【LOLの読み物】 この記事はパッチ11.19の時に執筆されました。 上位5%リーダーの意外な特徴 59%は歩くのが遅い 58%は話が短い 48%はメンバーにはかなわないと思っている 65%は思いきった決断をしない 67%は感情を共有する K ...