考察記事

【パッチ14.11】リーサルテンポを主力にしていたチャンピオンはどうなったのか?【リーサルテンポ削除後の話】

パッチ14.10でリーサルテンポが削除された。

主力にしていたチャンピオンがどうなったか書く。

大きく分けると

  • マークスマン
  • AA主体のメレー

の2種類だ。

それでは始めよう。

この記事はパッチ14.11の時に執筆されました。

今回の記事に出てくる、主なキーストーン

  • リーサルテンポ AAごとにASが増大するキーストーン 削除された
  • プレスアタック AA3発で追加ダメージと自己バフ
  • フリートフットワーク 100になると回復+移動速度アップ
  • 征服者 12スタックまで溜まると強い メレー向け
  • ヘイルブレード 次の3~4回のAAのASが増加する メレー向け

1 主に序盤強かった。

でも射程が少し伸びるので、
マークスマンだと後半も強かった。

2 以前は自己バフではなく、
対象弱体化だったので、
あまり使われてなかった。

3 スケーリングルーン。

性能は少し変わったけど、
構造は同じ。

4 長い戦闘では最強。

5 レーンで使用されることは少ない。

マークスマン

大半のチャンピオンは、
リーサルテンポを入れていた。

序盤のオールイン性能も悪くない上に、
クラーケンスレイヤーと相性が良く、
集団戦で射程が少し伸びる。

コレがどう変わったのか?

オールインのプレスアタック、スケーリングのフリートフットワーク

  • プレスアタック
  • フリートフットワーク
  • 征服者
  • ヘイルブレード

1 自己バフになったので、
集団戦時の火力も悪くなくなった。

以前のリーサルテンポに最も近いルーンである。

2 スケーリング用のルーン。

隣にブリッツやレオナの時には、
プレスアタックを入れていきたい。

3 AAメインマークスマンかつ、
隣がエンチャンターやワーデンなら悪くない。

※ ワーデンが望ましい。

隣がメイジサポートだと、
襲われた時にスタックがたまらず、
襲った時もスタックがたまらない。

4 トリスターナもカイ=サもカリスタも、
プレスアタックのほうが強い。

単純にレンジ時の攻撃速度増加が110%から、
80%になったからである。

※ 3人ともAAキャンセル効果回数増やせないし。

というわけで

  • リーサルテンポもヘイルブレードも消えたので、選択が簡単になった

と言える。

ドレイヴンなどで征服者を入れる時は、隣がブラウムやタリックのようなチャンピオンじゃないと厳しい。

ヤスオ&ヨネ

2人ともリーサルテンポを入れるチャンピオンだった。

Qの仕様上、
ASが高くないとスタックを溜めにくいからだ。

LOLALYTICS PATINUM+ 2024/06/05 ヨネ
LOLALYTICS PATINUM+ 2024/06/05 ヤスオ

ASの関係で初手ルインドキングブレードとは、
少し涙ぐましくはあるのだけど、
クリティカルアイテムのバフもあって

  • フリートフットワーク

なら悪くないらしい。

その他のメレーチャンピオン達

私の記憶だと、
明らかにリーサルテンポメインだったメレーチャンピオンは

  • マスター・イー
  • トリンダメア
  • トランドル
  • ノクターン
  • ジャックス

と記憶している。

マスター・イー

征服者かヘイルブレードになった。

LOLALYTICS PATINUM+ 2024/06/05 マスター・イー

マスター・イーはAS装備が一般的なので、
固定ダメージになったサドンインパクトとも相性がいい。

スキル主体のチャンピオンじゃないけれど、
何度もAAができるので、
征服者も全然悪くない。

プレスアタックにするならば、
ヘイルブレードだろう。

※ 一応Wでヘイルブレード回数を1増やせる。

トリンダメア

不死者の握撃>フリートフットワーク。

チャンピオン対策にフェイズラッシュ、
といったところだ。

トリンダメアの耐久力は後半R頼みだが、
序盤はめちゃくちゃサステインが高い。

おそらく最も高いレーナーで、
ファーストリコール前は
メイジでは削り切るどころか、
まともに体力を減らせない。

クリティカルアイテムが強化されても、
意外とヤスオやヨネがパッとしないので、
単純にパッチ14.11のトリンダメアは強すぎる。

トランドル

プレスアタックと不死者の握撃。

タイマンは最後まで強いけれど、
流石にAOEなさすぎて集団戦時は弱い。

トランドルのスケーリングは低いわけだ。

なのでフリートフットワークと征服者が弱い。

予想通りの結果である。

ノクターン

征服者。

ノクターンはREQ、
そしてスマイトで征服者スタックが溜まる。

初手ストライドブレーカーならば、
ASも遅くなく、
アクティブでも征服者が溜まる。

1周目のタイマンやガンクが少し弱くなったくらいで、
まったく問題ないわけだ。

リーサルテンポに比べると集団戦の耐久力が増したので、むしろ強くなったかもしれない。

ジャックス

不死者の握撃とフリートフットワーク。

中盤以降は全マークスマンにとって恐怖の対象で

  • E>Q>E(スタン)

が終わったと思ったら、
またEが発動してて体感無敵に感じる。

※ ガレンで対面した時は楽勝なのに

やはりキャリーなので、
トリンダメアと似たルーンになるようだ。

終わりに

  • マークスマンはプレスアタックかフリートフットワーク、どちらかが無難である
  • 隣がワーデンやエンチャンターの時は、征服者も選択肢に入る
  • マークスマンはヘイルブレードよりもプレスアタックが望ましい
  • ヤスオとヨネの栄華キーストーンは、フリートフットワークが無難である
  • リーサルテンポを入れていたレーナーは、対メレーは不死者の握撃、対レンジはフリートフットワークが無難である
  • リーサルテンポを入れていたジャングラーは、征服者かヘイルブレード、好きなほうを入れていこう

大体このような傾向になった。

ほとんどは最初に印象通りの結果である。

記事に出てきたチャンピオンでは、
パッチ14.11ではマスター・イーやトリンダメアが強い。

やはりキャリーにも関わらず、
序盤から弱くないのが大きいのだろう。

  • キャリーなのに最序盤からスノーボールする可能性が高い

ソロキューで勝てるチャンピオンの条件である。

-考察記事
-