考察記事

色々なチャンピオンを使えるようになるための実践的な方法【LOL記憶術】

色々なチャンピオンを使いたい人のために、覚えるコストが低い実践的な方法を書く。

特にノーマル・ARAM・ジャングルをする場合に覚えておくと、LOL上達速度が一気にあがるはずだ。

記憶を認知する、メタ記憶の記事。

この記事はパッチ11.11の時に執筆されました。

記憶の種類

記憶の種類を大雑把かつカジュアルに分けると、宣言記憶(意味記憶・エピソード記憶)と手続き記憶の2つに分けられる。

※ 宣言記憶と言っても、なんだかピンと来ないので、この記事では意味記憶と書くことにする。

意味記憶とは、「ガレンはデマーシア人で、ラックスはガレンの妹」みたいな記憶のこと。

手続き記憶とは、LOLの操作など、身体で覚える記憶のこと。

手続き記憶は単純に繰り返した回数に比例するので、記憶を維持するのに、工夫の必要があんまりない。

いっぽう意味記憶を維持するのは、かなり厄介で、色々なロールやチャンピオンが出来ない主な理由となる。

忘却曲線

簡単に説明すると、意味記憶は忘れかけた頃に覚えるのが良いという話。

効率の良い復習タイミング
  1. その日のうち
  2. 次の日
  3. 一週間後
  4. 一ヶ月後

細かいことは覚えないほうがいい

LOLで言うなら、ガレンがナサスに強いことは覚えなくていい。

どうしてガレンがナサスに強いのか、その理由さえ知っていれば良いわけだから。

物事はたくさん有利なことがあるほど上手に行くのだから、ダイエット食品の広告のように、○○すれば○○という知識はあまり役に立たない。

あなたがプロとかじゃない限り、ナサスに強いチャンピオンやビルドを暗記するよりも、ピック前に統計サイトを見る方法や、基本的なルールを知っておくだけのほうがいい。

実践的なLOL記憶法

LOLのチャンピオンの数は、パッチ11.11現在は155(グウェンがそうだったはず)。

ロールの種類は5つしかない。

なので、次の方法が機能する

  1. 最近プレイしていないチャンピオンを使う
  2. 最近プレイしていないロールをする

LOLを長くプレイしている人ならば、数ヶ月に一回プレイするだけで、記憶を維持できるからだ。

LOLのチャンピオン操作は大抵8~9割の部分は共通しているので、格闘ゲームと比べて全然難しくない。

なので、この方法はうまくいく。

得意なロールや得意なチャンピオンほど、たまにプレイするほうが良いわけだ。

得意なチャンピオンほど味方に歓迎されるが、本人の学びはとても少ない。

味方に歓迎されるのは、嬉しいし楽しいことだが、ハッキリ言って本人は何も学んでいないのに等しい。

LOL以外の記憶法

我々はLOL以外のこともする。

LOLで絶対に同じチャンピオンしか使わない人も、おそらくゲーム外では新しいことを覚え続けているだろう。

LOL以外とは、つまりLOL以外のこと全部なので、種類が多い。

さきほど書いた、最近していないことをする方法は、全然というか全く機能しない。

ワーウィックやガレンは半年に一回使えば忘れないのは、多分あなたが初心者でもなんとなくわかるだろう。

LOLのチャンピオンは使える知識や操作が共通しているけれど

「ワーウィック使えないヤツ、どのチャンピオンも使えないだろw」

というのは言い過ぎかもしれないが、ワーウィックが使えない人は、全てのファイターが使えないし、基本操作も怪しいレベルだ。

しかし実際の我々が新たに身につける知識は、ワーウィックほどに馴染みがない。

マスターイーとワーウィックくらい共通点が多ければ、新しい知識を身につける苦戦はないのだけど、そうはいかない。

初めてLOLをプレイした時のように覚える必要があるわけだ。

忘却曲線を徹底する

LOLを始めたばかりの人は、色々なチャンピオンを触ってみて、そのうち結構上手に使えるチャンピオンを見つける。

何故かしっくり来るチャンピオンが、誰にでもあるらしい。

そのしっくり来るチャンピオンを通して、ゲームの基本ルールを覚えていく流れだ。

考えてみればコレは、忘却曲線を徹底している。

最初は徹底して繰り返さないと覚えられない

先程書いた効率の良い復習のタイミング

  • その日のうち
  • 次の日

コレは良く考えると、二日間ずっとプレイしているようなものだ。

新しい本は二日続けて読んだほうが良く、新しいチャンピオンも二日続けてプレイしたほうが良い。

ここで1つ問題なのだが、あなたは一週間前に使ったチャンピオンを覚えているだろうか?

Ankiに登録する

たくさん覚えるには、どうしても記録して置かなければいけない。

記録すること自体のコストが高い上に、忘却曲線に合わせて本を読み返すとなると、かなり骨が折れる。

Ankiというフラッシュカードアプリがあって、これは自分の忘却曲線を把握して問題を出してくれる。

問題ではなく、本を登録すれば、本をいつ読み返せばいいのかわかるはずだ。

本を一冊登録してしまうと、一冊まるごと読む必要が出てくるので、難しい本は章ごとに登録するのが賢明だろう。

本の内容を記憶しておく1番簡単な方法を考えた場合、こうなった。

ただなんでもかんでも覚えれば良いわけではなく、記憶するほど良い内容の本を記憶する必要がある。

終わりに

書いたこと
  • 復習には最適なタイミングがある
  • LOL初心者はチャンピオンを絞ったほうがいい
  • それ以外の人は最近使っていないチャンピオンを使えば上達する
  • LOL以外のものは、どうしても記録を取る必要がある
  • Ankiに登録するのがコストが低い

LOLはチャンピオン以外の知識も重要だが、そういった知識も今回書いた方法でカバーできる。

むしろ色々なチャンピオンを使えるより、LOL全体の知識を一つ一つ覚えていったほうが上手なプレイヤーと言えるだろう。

  • 知識の種類を整理する
  • 記録して管理する
  • 復習する

コレだけでLOLに限らず何事も劇的に上達するはずなのだが、我々は内面の不安や、他のことに気を取られたりするせいで、何故か全然うまくいかない。

-考察記事