ジャングル

フィドルスティックスのビルドガイド【LOLで一番敷居が高いジャングラー】

リクエストがあったので書く。

LOLで最も敷居が高いジャングラーで、これほど初心者を寄せ付けないジャングラーは珍しい。

LOLでは珍しく操作精度で戦うチャンピオンなので、友人やTwitterで自分を上手に見せたい人にオススメだ。

毎日プラクティスで10周するといった方法で練習すれば、すぐに使えるようにはなるが、やっぱりやる気がモノを言う。

この記事はパッチ11.10の時に執筆されました。

フィドルスティックスのストーリー

  • 爆速でフルクリアしてレベル4
  • レベル6になったらCDが上がるたびにウルトを決める

カーサス・イブリンと同じようにRが強いチャンピオンなのだけど、序盤のファームが難しい分、他の二人と違ってレベル6前でも強い。

Wのおかげで二周目以降は常に体力が満タンで、タイマン・ドラゴン・バロンも得意である。

さらに特殊なトリンケットのおかげで、敵のステルスワードも潰し放題なので、よほど相手が上手じゃない限り集団戦のRも決め放題だ。

このように、ソロキューでは完璧なジャングラーなのだが、1つ重大な欠点がある。

一周目のファームが非常に難しいことだ。

一周目のジャングルルート

ルート自体は単純で、基本ルートは2種類だけ。

  • ウルフ>青バフ>グロンプ>ラプター>赤バフ>ゴーレム
  • ラプター>赤バフ>ゴーレム>ウルフ>青バフ>グロンプ

プラクティスで何十回も練習する必要がある。

リーシンは別に中盤以降のコンボが問題なだけで、ファーム自体は簡単。

やっていくうちに覚える手法が通じるというか、一周目のファームやルーンのほうが、中盤以降のコンボよりもずっと重要なゲームである。

フィドルは最初のファームが出来ないことには試合が始まらないので、敷居が非常に高い。

必ずプラクティスで失敗しなくなってから使うこと。

みんなの時間も自分の時間も無駄にするだけだし、フィドルのファームは手続き記憶なので、何度も反復しないと絶対に覚えられないからだ。

最初のファームが出来ないと全部ダメなので、できるようになったら使えっていうのは、フィドルくらいなものである。

フィドルスティックスのルーン

メイン覇道

  • 魂の収穫 or 電撃 or プレデター
  • 追い打ち or サドンインパクト
  • どれでも好きなもの
  • どれでも好きなもの

Eでも追い打ちが発動する。

プロトベルトでもサドンインパクトが発動するので、プロトベルトを買う人ならば、サドンインパクトのほうがRが強くなるぶん良いと思う。

※ 大体一緒に使うのだけど、Rとフラッシュだけでしか発動しないのは、なんだか抵抗がある。

私はゴーストポロをオススメする。

サブ天啓

正直なんでも好きなもので良いが、W中は動かないので水走りとは相性が悪いことを覚えておこう。

  • 魔法の靴 or パーフェクトタイミング or 先行投資
  • 宇宙の英知

最初にミシックを急ぐ人は魔法の靴。

ソーサラーシューズから完成させたい人は、魔法の靴以外となる。

ルーンのかけら(シャード)

  • アダプティブフォース
  • アダプティブフォース
  • 物理防御

フィドルスティックスのサモナースペル

フラッシュ+スマイト

フィドルスティックスのスキルオーダー

  • レベル1でW
  • レベル2でE
  • レベル3でW
  • レベル4でQ
  • レベル5以降はR>W>Q>Eの優先順位で取る

フィドルスティックスのアイテムビルド

スタートアイテム

  • 氷雨の刃+体力ポーション+コントロールワード
  • 氷雨の刃+詰め替えポーション
  • 氷雨の刃のみ

カーサスぐらい最初のルートが読まれやすいので、コントロールワードを置く。

カーサスを何度も狩った経験がある私の考えを言うと、せっかくメイン覇道なのだから単純にゴーストポロにすれば良い。

ただプレイヤーの気が散るのか、ゾンビワードもゴーストポロもジャングラーには人気はない。

※ 巧妙な賞金首狩りの時は、流石にゴーストポロにしろと思うが、それ以外なら別に好みで良い気がする。

相手ジャングラーがスロー効かない相手の時は、当然残炎のナイフ。

ブーツ

魔法の靴を入れてなければ、ソーサラーシューズから買いたい。

  • ソーサラーシューズ

次のアイテムの組み合わせと値段を覚えておくこと。

  • ブーツ+ダークシール 650G
  • ソーサラーシューズ 1100G
  • ソーサラーシューズ+ダークシール 1450G

ファーストアイテム

  1. ヘクステックプロトベルト
  2. ライアンドリーの仮面
  3. ナイトハーベスター
  4. ゾーニャの砂時計

1は最も一般的な選択肢、Rの後にプロトベルト、敵のADCかミッドを倒す。

2はアイテムボタンを押す必要がないのと、ドラゴン・バロン・タンクに対して強い。

3は1と似ているけど、ボタンを押さなくて良いのがメリットだ。

4は2600ゴールドと安い、パーフェクトタイミング派ならこのタイミングで買う機会も多い。

セカンドアイテム

  • ゾーニャの砂時計
  • メジャイソウルスティーラー
  • ミシックないならミシック

ブーツとミシックとゾーニャを揃えるだけ。

サードアイテム

  • モレロノミコン
  • 悪魔の抱擁
  • バンシーヴェール
  • メジャイソウルスティーラー
  • コズミックドライブ
  • アビサルマスク

どれか1つを買う。

フォースアイテム以降

  • ヴォイドスタッフ
  • ラバドンデスキャップ

この2つを揃えて完成。

  • ブーツ+ミシック+ゾーニャ+ヴォイド+ラバドン

残り1枠を考えればいいだけなので楽。

終わりに

書いたこと
  • 一周目のファームさえ覚えれば強い
  • 非常に難しいので、プラクティスで何度も練習すること
  • W中動かないので、水走りとは相性が悪い
  • 魔法の靴を入れてなければ、ソーサラーシューズから買う
  • レベル6以降はビッグウルトを決めて、オブジェクトを取るだけ

やること自体はシンプルだ。

Rを決めてオブジェクトを取る、コレを繰り返すだけ。

戦闘方法がわかりやすく、ディスエンゲージ(戦闘を避けること)もQがあるので簡単。

しかしリーシンの時も書いたけど、操作精度が繰り返した回数に比例するので、結局は練習方法(この場合は単純な記憶の知識)を知っているかどうかが大事なのかもしれない。

フィドルは実戦で使う前にプラクティス、もしくはAI戦で動画を見ながら練習をし続ける。その後覚えたら使おう。

他のチャンピオンは逆で、初心者じゃない限り何も見なくとも最初から問題なく動かせるはずなので、とりあえずどんどん使うのが良い。

例えばあなたがミッドレーナーなら、ゼドやアニビアを一回も使ったことがなくとも、スキルコンボや基本的なビルド・ルーンを知っているはずだ。

何故ならば、知らないと試合にならないからである。

ゴールは明確で、一周目を失敗することなくファームできればいい。

それから何度も試合で使ううちにファームに慣れて、他のことを考えたりマップを見ながらプレイできるようになる。

関連記事

-ジャングル