考察記事

集中力は全ての基礎になるスキル

少しだけ答えを書くと素早く周回すること

上のコメントは

「ジャングラーの基礎練習ってなに?」

という話だ。

  • レーン
  • ジャングル
  • サポート

の基礎練習は違う。

ただその前に、
全LOLプレイヤー共通の基礎練習を書く。

スポーツをするのであれば、
少しでいいから体を鍛えたほうがいい。

それと同じ。

LOLをするならば、
まず集中する環境を整えること。

村上春樹も、

「小説家にとって重要なものは、才能を除くと集中力、次に体力」

と言っていた。

それとコレは
世の中の欠陥の1つなのだが、
低レートほど集中しにくい環境である。

とにかく集中力は大事であり、
環境の比重がデカイ。

この記事はパッチ11.21の時に執筆されました。

ゲーマーはポモドーロ・テクニックの達人

ポモドーロ・テクニックとは

  • 25分プレイ
  • 5分休憩

を繰り返す方法のことだ。

  • LOLとポモドーロ・テクニック
  • 巡音ルカと森カリオペ

瓜二つ。

どのゲームでも、
一回の試合時間はそこまで変わらない。

ポモドーロ・テクニックは
LOLプレイヤーなら、
誰でもすぐに取り入れることができる。

あなたが1年以上LOLをしてるなら、ポモドーロ・テクニックの達人を名乗って差し支えない。
今から名乗っていこう。

とにかくマルチタスクを避けること

とりあえず心理的な問題は
この記事では無視する。

※ 人によって違いすぎるから。

集中力を保つ戦略は

  • マルチタスクを避ける

この考えが基本。

「SNSを見ながらLOLをするな」

という話ではなく、単純に

  • 周囲の騒音
  • 片付かれていない机
  • 味方の不要なピン
  • 味方の不要なチャット
  • 勝敗を気にする気持ち
  • 体の痛み
  • 心の痛み
  • 先延ばしにしたタスク
  • スマートフォンをいじる癖

こういった事柄を避けたり、
あらかじめ解消しておく。

という話だ。

「/fullmute all」とチャットにすぐ打てるようにすると、1番勝てる上に集中できるが、サブアカウントの時は退屈だ。

次の事柄は同じ

  • LOLの試合中に味方がケンカを始める
  • 部屋の掃除中に昔のマンガや雑誌をみる

味方とケンカしながら
LOLはできるかもしれないが、
部屋の掃除しながらマンガをみるのは
至難のわざ。

たった2つでコレなので、
たくさん悩み事があると厳しい。

音楽を聴きながらプレイするのは?

  • BGMなし
  • BGMあり
  • 歌詞付きの曲

どれが1番集中できるのか。

答えは

「人によって違う

だ。

LOLも

  • 激しくナーフされたアイテム
  • 激しくナーフされたチャンピオン
  • スキルレシオと反対ダメージのアイテムで固める

でなければ、
ビルドは人によって違うのと同じ。

  • 正しいビルド
  • タンクが必要

ゴールド4の時点で、
こんなことは言わなくなる。

おそらく

  • ある程度の自信があるから
  • 必勝法がないと知っているから

こういった理由だろう。

アルベルト・アインシュタインは静かな環境を好んで、ジョン・フォン・ノイマンは音楽を爆音でかけていたらしい。
こうやって書くと、どのタイプでも自分が賢く見える。精神勝利法。

必勝法があった場合

WLOWIKI モアイのページ

必勝法が存在する対人ゲームは
どうなるのか?

実際に経験した話を書く。

WLOというゲームに、
バトルロワイヤルというイベントがあった。

私はほとんど課金をしていなかったが、
そのイベントで
私達のチームは毎回優勝していた。

手順を書くと

  • 巨大なペットに騎乗する
  • すると自キャラを画面外に置けるようになる
  • 誰もクリックできなくなる
  • 複数アカウントを使ってサブキャラを送り込む
  • 自分がクリックした時は最速(10秒)
  • 他の人がクリックしたら遅延(2分)

ターン性のゲームだったこともあって、
簡単にこういったことができた。

結局

  • ユーザーからの苦情が殺到
  • GMがイベントを見に来る
  • いつも通り堂々と必勝法を見せる
  • 次の周からクイズ大会に変わった
  • 運営からの”お咎め”はなかった

つまり人生やLOLに必勝法があれば、
誰も熱心にプレイしていない。

必勝法は存在しないが得意な方法は存在する

LOLならば誰でも

  • 得意な戦法
  • 得意なロール
  • 得意なチャンピオン

が存在する。

「特にそういったものはない

という人がいたら

  • レベル30未満の初心者
  • 達人

のどちらかだ。

自分が良いと思った方法を
取るのがいいだろう。

といいつつ
チェックリストを置いておく。

集中するためにチェックリスト

  • ポモドーロ・テクニックを活用する
  • 規則正しい生活をする
  • 部屋を片付ける
  • 先延ばしをしない
  • 「/fullmute all」 する
  • 怪我しない
  • 先延ばししない
  • 心の問題を解消する

8以外は先頭に

「なるべく」

という単語が付く。

30を80くらいにするのは楽。

0を1、80を100にするのは大変。

10分間のCSは107点満点だが、
私は一回も107取ったことはない。

一応3日に一回くらいはCS練習している。
腕をアピールするタイプじゃないのだが、CS取れないとAPレンジを使うことができないからだ。

終わりに

  • マルチタスクを避ける
  • 音楽で集中力が上がるかどうかは人による
  • 集中力が上がる環境・方法は人による

途中すこし書いた、
LOL中のケンカは

  • 割り込みタスク

である。

  • 無視をする
  • それでもダメならAFKする

よく考えると、
無視して済ませることができるって
凄く珍しい。

お得と言っても過言ではない。

他に無視して解決することを
考えてみよう。

ほとんどないはずだ。

おまけ

割り込みタスクは次の日にやろう。

という内容の本。

禅の本。

ベストセラーな上に、
キンドルアンリミテッドで読める。

関連記事

認知の歪みテストをしてみよう【歪みの矯正方法】

自分が下手であることを気にして上達できない人へ【自分を称賛する】

短期記憶の容量は少なさを知らないと、非現実的な目標ばかり立ててしまう

-考察記事