ジャングル

ジャーヴァンⅣのビルドガイド【水走りは避ける】

パッチ11.12でWがバフされた、ジャーヴァンⅣのビルドガイドを書く。

W - ゴールデンイージス
クールダウン 12秒 ⇒ 9秒

パッチノート11.12より引用

いつもビルドガイドは、初心者に向けてなるべくわかりやすく、短く書いているが、今回は長めの記事を書いてみることにする。

「毎回同じプレイをするのは良くない」

いつも自分でそう書いているのに、毎回同じ方法でビルドガイドを書くもの、少し変だと思ったからだ。

操作はシンプルで、ユーティリティーが高いチャンピオンなので使っていて楽しいのだが、あまり人気はない。

選択肢が多すぎると人間ストレスがかかるらしいから、多分そのせい。

この記事はパッチ11.12の時に執筆されました。

ジャーヴァンⅣのストーリー

  • レーナーにガンクを決める
  • レベル6になったらレーナーにRを撃つ
  • 中盤以降は相手をキャッチする
  • 集団戦は相手のメイジやADCにE>Q>R

ジャーヴァンⅣは、ファイター同士の殴り合いで弱い。

ヘカリムみたいなものだと思って欲しい。

レオナやノーチラス的なタンクと考えると、少し強く見える上にわかりやすい。

基本的に敵ジャングラーとタイマンしたら負けるので、味方が近くにいる時だけ戦おう。

E>Qで機動性が高いので、水走りを入れるのも、序盤のタイマンも、避けたほうがいい。

魔法の靴、執拗で少し足を速くして、E>Qでレーナーを捕まえたほうがいい。

あなたもセジュアニなら、そうしたほうが良いと思うはずだ。

一周目のジャングルルート

レベル2ガンクかレベル4ガンク、どちらかが良いかなと思う。

同じレベル2ガンクが得意なシン・ジャオと違って、敵ジャングラーと全く同じルートを取ると弱いので気を付けよう。

正直レベル2ガンクを決められると、プレイヤーは大きくやる気が削がれる。

そのぶん決めた側は、大きく面白いわけだ。

ぜひ狙っていこう。

ジャーヴァンⅣのルーン

  • 征服者
  • プレデター
  • 魂の収穫
  • 不死者の握撃
  • オムニストーン

辺りが候補。

一般的には征服者で、アサシンにしたい時は魂の収穫。

他の3つはタンクの時の選択肢。

平均・高スキル帯ならば、征服者が良く、むしろ征服者以外が難しいし良くないので、普段は書かないのだが今回は全て書いてみることにする。

ダイヤに上がりたいのであれば、メイン栄華、サブ覇道がいい。

征服者

  • 征服者
  • 凱旋
  • レジェンド:迅速
  • 最後の慈悲 or 背水の陣

ガンクを成功させやすい(スノーボールしやすい)のは最後の慈悲で、スケーリングが高いのは背水の陣。

征服者サブルーン

  • 追い打ち
  • 強欲 or 執拗な賞金首狩り

脅威ビルドじゃない限り、追い打ちのほうが強いので、サドンインパクトにしないこと。

ただ細かいので、凄くどっちでも良い。

執拗のほうがE>Qを当てやすく、強欲のほうがE>Qを当てた後に勝ちやすい。

  • 魔法の靴
  • 宇宙の英知

こちらでもいいが、覇道よりもスケーリングが劣るので、平均帯ではオススメできない。

平均帯なら強欲で、ソレ以上なら執拗がいいけれど、好みで決めよう。

相手がタンクの時、平均帯はタンクでも何も考えずボットスタートするので、逆にこちらが水走りを入れてトップスカトルでボコったりできる。

色々工夫していこう。

プレデター

  • プレデター
  • 追い打ち
  • ゴーストポロ
  • 執拗な賞金首狩り

プレデターのメリットは

  • ガンク(CC)を決めやすい
  • 戦闘を始まった時に駆けつけやすい

プレデタのデメリットは

  • 一周目がキーストーン無しになる
  • レベル2ガンクのプレッシャーが減る

敵のジャングラーと合わないルートを選択する必要があるのだが、そんなことわかるジャングラーはエリート帯なので、プレデターは全く人気がないルーンだ。

プレデター自体が難しいので、平均帯なら絶対避けたほうがいいルーン。

プレデターサブルーン

  • 先行投資 or パーフェクトタイミング
  • 宇宙の英知

プレデターはプレイヤーによって

  • 執拗でプレデター時のMSを上げる
  • 巧妙でプレデターCDを下げる
  • 追い風でプレデター時のMSを上げる
  • 宇宙の英知でプレデターCDを下げる

こういった好みがある。

魂の収穫

  • 魂の収穫
  • サドンインパクト
  • 目玉コレクター
  • 執拗 or 至極の賞金首狩り

Eで魂を回収しやすいので、よっぽどアサシンメインの人じゃない限り収穫。

※ アサシンメインじゃない限り、電撃だったら倒せる or 倒せていたことに気づかないので、全チャンピオン魂の収穫でもストレスがない。

ジャーヴァンⅣはアサシンビルドでも強いのだけど、Wのレベルを上げる時間帯になると、急に弱くなる。

実質スキル1個ないに等しいからだ。

Rを単純なダメージスキルとして使えるので、アサシンビルドなら至極でもOK。

魂の収穫サブルーン

  • 魔法の靴
  • 宇宙の英知 or 先行投資

不死者の握撃

  • 不死者の握撃
  • シールドバッシュ
  • 心身調整
  • 超成長

普通はジャングラーで握撃を入れないのだけど、E>Qを外すとアフターショックが発動しないので握撃。

シールドバッシュがWで発動すること自体は相当強い。

ジャーヴァンⅣをファーストピックして、味方全員柔らかい場合しか使わないルーン。

不死者の握撃サブルーン

  • 追い打ち
  • 執拗な賞金首狩り

オムニストーン

  • オムニストーン
  • 魔法の靴
  • 先行投資
  • 宇宙の英知

オムニストーンのメリットは

  • プレデターとアフターショック両方使える
  • 天啓が不滅に比べて優秀
  • スケーリングも低くない
  • プレデター後でもすぐに他のルーンが発動する

オムニストーンのデメリットは

  • 征服者じゃないこと

敵のジャングラーと合わないルートを選択する必要がある云々うんぬん

ちなみにサポートが得意な人は知っていると思うが、Eを置くとエアリーがE中ずっと味方に付く。

タンクで使うと強い。

不滅を入れないのでファームが速く、プレデター or アフターショックの5~3秒後に他ルーンが発動するからだ。

アサシンやメイジでも結構強いけれど、アフターショックが使えなければ、開放の魔導書のほうが良いと私は思う。

オムニストーンサブルーン

  • ゴーストポロ
  • 巧妙な賞金首狩り

正直なんでもいい。

ルーンのかけら(シャード)

  • 攻撃速度
  • アダプティブフォース
  • 物理防御

相手の編成によって変えていいのは、1番下だけ。

ジャーヴァンⅣのサモナースペル

  • フラッシュ+スマイト

一応E>Qで打ち上がった瞬間(打ち上がるタイミング)にフラッシュをすると、ダメージがないけれどフラッシュ先の相手を打ち上げることができる。

頑張ればフラッシュで回避した相手を打ち上げたり、集団戦で3人打ち上げたりできる。

入力猶予は厳しくないので、成功させるだけなら難しくないが、私はあまり狙わない。

相手のフラッシュ先をフラッシュで打ち上げるのは、やはり難しい。

ジャーヴァンⅣのスキルオーダー

  • レベル1でE
  • レベル2でQ
  • レベル3でQかW
  • レベル4でQかW
  • レベル5以降はR>Q>E>Wの優先順位で上げる

レベル4ガンクの時は、Wを取らないほうが少し速く回れる。

レベル3ガンク時は、Wを取ったほうが無難。

ジャーヴァンⅣのアイテムビルド

スタートアイテム

  • 残炎のナイフ+詰め替えポーション
  • 氷雨の刃+詰め替えポーション

どちらでもいいけど、残炎が無難。

CCが強いチャンピオンじゃない限り、単純に残炎のほうがスケーリングが高いから、という理由。

ファーストアイテム

  • ゴアドリンカー
  • サンファイアイージス
  • プローラークロウ
  • ディヴァインサンダラー

1はアイテムヘイストルーンを入れている時、少し得。

2はWがCD12からCD9に超強化されたので、今はゴアドリンカーよりサンファイアイージスのほうが、ジャーヴァンⅣに向いていると思う。

アイテムヘイストルーンを入れていない時ならコレ。

3はアサシンビルドの時。

4はパッチ11.12のOPミシック。

ブーツ

  • アイオニアブーツ
  • バーサーカーブーツ
  • プレートスチールキャップ
  • マーキュリーブーツ

上二つはスノーボール時、ゴアドリンカーもスキルヘイストで下がるので、バーサーカーを選ぶ人は少ない。

下二つ、どちらかを買うのが無難だ。

セカンドアイテム

アサシンビルドの選択肢を混ぜると、わかりにくいので書かないことにする。

  • ステラックの篭手
  • ブラッククリーバー
  • デスダンス
  • ガーディアンエンジェル
  • マナムネ
  • タイタンハイドラ

大体ステラックの篭手を買う。

マナムネとタイタンハイドラは、スノーボール時のアイテム。

サードアイテム

  • ガーディアンエンジェル
  • ソーンメイル

集団戦時に期待されているジャーヴァンⅣの動きは、相手のミッドかADCにE>Q>R。

当然全員に殴られるので、ガーディアンエンジェルを買う。

  • ゴアドリンカー
  • ステラックの篭手
  • ガーディアンエンジェル

3つともアイテムヘイストが有効なので、サブ天啓・宇宙の英知が人気の理由だ。

シーン系とワーモグアーマーは、アイテムヘイストが無効。

ワーモグは悪くないのだけど、ジャーヴァンⅣで人気がないのはソレ。

フォースアイテム以降

欲しい防具を買う。

やっぱりファイターというより、タンクっぽい気がする。

もちろん最後に買うアイテムは、ガーゴイルストーンプレートが強い。

終わりに

書いたこと
  • ジャーヴァンⅣはタンク寄りのファイター
  • 低レベル時のガンクが非常に強い
    • 特にレベル2ガンクが強い
  • ジャングルルートの種類が多い
  • ルーンは征服者が無難
  • 集団戦はガーディアンエンジェルが必要
    • フルタンクビルド時は除く

ジャーヴァンⅣはファイターにしては、中盤以降キャリー力が全然ないと言われることが多い。

かなりタンク寄りの性能なので、1対3ができないからである。

ユーティリティーがあれば、ステータスが低いのは、ゲームデザイン的に仕方がない。

今回はビルドガイドにしてはルーンの種類を多く書いたので、エリート帯の人が読んでも、いつもより少し楽しめるのではないかと思う。

やはり公式の名称を使うと棘がないので、ビルドガイドも書きやすい。

  • 初心者なら征服者
  • 低レートは征服者
  • 低レートは常にボットスタート

こういった書き方では、流石に書くほうも気が引けてしまう。

LOLプレイヤー特有の症状として、心理的安全性が低すぎるのか、ビルドを自分で考えられない人が多すぎる。

他のゲームと比べると、ちょっと信じられないほど多い。

※ 低レートという書き方が、心理的安全性を脅かしているのではないか? といったことを、最近考えるようになった。

「俺が考えた最強の○○」

みたいなカードゲーマー的発想はLOLでも大事なので、覚えておいたほうがいい。

-ジャングル