カウンターピック

ミッドカサディンへのカウンターピック【カサディン対策】

全てのレーンでそうだが、
ミッドはトップの次くらいに、
チャンピオン相性が重要だ。

カサディンはアンチメイジというポジション。

マンガやゲームに良く出てくる、
魔法が効かない系のキャラクターである。

一般的なLOL観としては

  • 先出しカサディンに負けるのは罪
  • 基本カサディンは後出し

1 カサディンは先出し出来ないチャンピオンで、
ボコるチャンス。

しかしどんな組み合わせでも、
完全なタイマンじゃない以上、
負けることはある。

しかし負けるにしても、
負け方があるでしょう?

2 あまりにも相性が悪いければ
BANするべきだが、
ちょっとだけ不利なら、
チャンピオン対策でなんとかしよう。

では最初は1から書く。

この記事はパッチ12.7の時に執筆されました。

カサディンのストーリー

  • レベル6まで耐える
  • Rでダメージ交換する
  • HP差が付いたらイグナイトを付けて倒す
  • 装備3つ揃ったら、Rスタックを溜めてADCを倒す
  • ドラゴン4つ取って勝利

1 レベル6まではケイルみたいなもので、
めちゃくちゃ弱い。

3 カサディンはフラッシュ+テレポートが基本。

余裕がある組み合わせの時はイグナイト。

つまり序盤から攻める姿勢が大事だ。

4 ここまで来ると、
スケーリングの高いチャンピオン以外で
勝つのは難しい。

カサディンの攻撃パターン

カウンターピックの記事だけど、
一応出し方も書いておく。

  • Q単発
  • E>AA>W>Q
  • R>(モーションキャンセル)AA>W>E>Q
  • R>フラッシュ>(モーションキャンセル)AA>W>E>Q

1 ケイルのE単発と同じなのだけど、
たまにコレだけで負けるヤツがいる。

2 レベル6前のダメージトレード。

少しマルファイトと似てる。

3 Rの後は、右クリック>アタックムーブをしないと
1秒後にAAが出る。

リヴェンと同じテクニック。

4 Rは遠くの敵に向かって撃ち、
その後にフラッシュ。

  • 近くにR>射程外の敵にフラッシュ

だと何故か上手くいかない。

トップのナサスのような、
誰でも使えるミッド後出し要員と言われているが、
言うほどコンボは簡単じゃない。

上級者からすれば簡単だが、
コンボの仕組みを知っていたら
LOLに詳しいと言っていい。

レベル6以降の3を使って、メイジをボコるのがカサディン。

カサディンへのカウンターピック

LOLALYTICS PLATINUM+
LOLALYTICS DIAMOND+
  • 序盤のハラスが強力
  • カサディンのRトレードで負けない
  • ADチャンピオン

この条件に当てはまるチャンピオンが強い。

いくつか例を挙げてみよう。

カサディンのRはスタックで威力が上がるので、右クリックでカサディンのスタック数を確認しておこう。

ニーコ

レベル6前のカサディンは、
ニーコに全く歯が立たない。

  • ダメージトレードで勝てない
  • 押し込まれた後にタワー下でQを受け続ける

ジャングラーのガンクがニーコに刺さらなければ、
他のレーンが圧勝しない限り、
カサディンは勝てない。

ダイヤモンドのほうが勝率が高いのは、
単純に試合時間の関係だろう。

ガングプランク

ファーストストライクにして、
ひたすらQとEのダブルハラス。

※ Eをモーションの速いAAで破壊して、その後スロー状態の相手にQを当てる。

欲しがるなら

  • エッセンスリーバー>プローラークロウ

序盤を強くしたいなら

  • トリニティフォース>コレクター

ダイヤモンドのほうが勝率が高いのは、
ガングプランク自体が
難しいからかもしれない。

アジール

レベル1からレベル18まで、
アジールのほうが強い。

WにASバフが付いており、
アジール自体
射程が短い相手に強い。

カサディンがRトレードしてきても、
アジールはADC寄りのチャンピオンなので
負けにくい。

難点はアジール自体が、
ミッドチャンピオンで
トップクラスの難易度という点だ。

アクシャン

挙げたチャンピオンの中では、
ダントツで簡単だ。

ADなのでラストヒットが取りやすく、
クラーケン+ウィッツエンドで、
レートゲームにならない限り負けない。

カサディンを後出しされた場合

カサディンがAPに対して強いので、
あなたがAPメイジを出して、
その後カサディンが出てきたとする。

その場合はレベル6になるまえに、
有利を付けるしかない。

※ 味方が強ければファームだけしててもいい。

有効なのは

  • 電撃・エアリー
  • イグナイト
  • コラプトポーション
  • ドランブレード

辺りだ。

ウェーブコントロール

かなり難しい話になる。

  • ウェーブを自軍タワー前で止める
  • スロープッシュ(2~3ウェーブ溜めて押すこと)する

どちらかが有効というか、
レーン有利の状況とは、
具体的に言えばこういう状況のこと。

2に付いて説明しよう。

  • カサディンを殴る
  • 相手ミニオンが自分を殴ってくる
  • するとレーンがプッシュウェーブになる
  • スロープッシュする
  • タワー下のカサディンにイグナイトしてキル

レベル2~3スロープッシュ、
みたいに呼ばれる戦術だ。

序盤弱い相手に取れる、
トップとミッドの戦術である。

おそらく95%の人は知らないと思う。しかしマッチアップ時には考えておくべき項目の1つ。
アスリートがアイマスクと耳栓して眠るようなもの、と思えばいい。

特定の対策アイテム

  • ウィッツエンド

コレを無理なく持てるチャンピオンは、
全員初手に持っていいかもしれない。

特に相手ジャングルもAPだった場合、
必ず持とう。

終わりに

  • 先出しカサディンに、タイマンでアッサリ負けるのは罪
  • ミッドメイジを先出しするなら、カサディン対策をしておこう
  • こちらがどんなチャンピオンでも、レベル6前に差を付けたい
  • ウィッツエンドを持てるチャンピオンは、初手に持とう
  • レベル2~3スロープッシュは、どの組み合わせでも考えておくこと

トップとミッドは、
自分が先出し時はごまかして、
後出し時は気持ちよくなる。

こういったレーンである。

後出し時に出すチャンピオンは、
ある程度の慣れや練度が必要だ。

簡単にわかる目安としては、
自分が100万ゴールド持ってた時に、
チームを勝利に導けるかどうか。

「フルビルドでも全然活躍する自信がない」

というチャンピオンは、
ランクで出さないように。

私はたまに全く使えないシンジドを出すが、
毎試合味方に怒られる。

人間新しいことに挑戦するのが大事だが、
練習もしてないのにバク宙するような真似は、
流石に危険なので避けたほうがいい。

パッチ12.7現在だと、
バフされたニーコとガングプランク、
この二人を当てるのが良いと思う。

-カウンターピック