LOLの基礎知識

初心者はどのレーンから始めるのが良いか?【いかにして集中するか】

どのレベルを初心者と呼ぶのか人それぞれ違うが、今回の記事ではゴールド未満を初心者とする。

残酷な言い方になるが、ゴールド未満の人とARAMやノーマルゲームを一緒に遊んでも、その人が死ぬほど足引っ張ってゲームにならないことが多いからだ。

ゴールド以上は知識面に差があるだけで、操作自体はあまり変わりがない。スターガーディアンやオデッセイのようなPvEモードでは、ゴールド4のプレイヤーでもキレ目なくAAやスキルを入れるので、非常に頼りになる。

最大DPSを常に出せるのは、他のゲームだと本当に一部の人だけなので、LOLの敷居はかなり高い。

今回の記事では、LOLという敷居の高いゲームで中級者になるには、どのレーンから始めるのが速いか? という話をしていく。

話の流れ
  • 私が2週間で中級者になった練習方法
  • ジャングル・ボットレーンは集中しにくい
  • トップ・ミッドレーンは集中しやすい

この記事はパッチ11.5の時に執筆されました。

私が2週間で中級者になった練習方法

LOLではなく、HON(DotaとDota2の間のゲーム)というMOBAの話になる。

今から書くのは、私をそのゲームに誘った友人に教わった練習方法だ。

手順
  1. カスタムゲームでmid 1on1の部屋を建てる
    • 当時はカスタムでもレートが変動したから人がきた
  2. ランダム、もしくは先出しでピックをする
  3. 試合を始める
  4. サレンダーできる時間になった瞬間にサレンダーを押す

この練習方法は物凄く、あっという間に上達した。

LOLで言えば、それまでずっとシルバーだったのに、2週間でダイヤに上がったほどの効果があった。

何故そんなに上達したのか?

私が考えるに、原因は

  1. やることがシンプル
  2. 味方がいないので集中しやすい
  3. プレイ時間が短い

MOBAは非常に複雑なゲームに感じるが、実はレーン戦だけしっかり出来ていれば、あとはほとんど問題がない。

問題がないというか、レーン戦でコケるとまともな試合ができないし、レーン戦をしっかり覚えた人は、その後のゲーム展開も覚えられるからだ。

LOLでいうと、レーンに勝たないのに中盤戦は覚えられない。敵と戦闘できないからである。

操作だけなら3分で覚えられるのに何故同じチャンピオンを使うのか?

LOLにも操作が難しいチャンピオンがいるが、そういったチャンピオンを除けば操作は非常に簡単だ。

ギルティギアシリーズのエディの操作難易度を1万とするならば、ガレンは5。

それなのに同じチャンピオンを何度も使うのは

  1. 単純に思考が安定して集中しやすい=面白いから
  2. 格闘ゲームと勘違いしているから

集中しやすいのは非常に大事なので、同じチャンピオンを頻繁に使うのは、悪い選択肢ではない。

上達方法を考えると

  1. 同じチャンピオンを使って、試合全体を覚える
  2. 慣れていないチャンピオンを使って、レーン戦だけ覚える
  3. 同じチャンピオンを使って、レーン戦だけ覚える
  4. 慣れていないチャンピオンを使って、試合全体を覚える

4以外ならOK。ただし3は少し退屈かもしれない。

初心者は集中しやすいロールを選ぶべき

ジャングラーは最も集中しにくい

最も初心者が集中しにくいロールはジャングラーだ。

その理由は

  • ゲームでの負担がミッドと並んで大きい
  • 味方のピンがうるさい
  • レーンの味方がソロキルされるなど集中が乱されやすい
  • 単純にできる人が少ないので覚えるまでが難しい

味方をピンを無視しつつ、何も考えずに最速でファームできるようになるまで、難易度が高い。

ビルドや操作は他のロールに比べて簡単なのだが、EQ(心の知能指数)や、非認知能力が求められるロールであり、普通LOLプレイヤーはそういった能力が低い傾向がある。

というわけで、初心者のメインロールはジャングルは除外。サブで少しプレイする分には推奨したい。

ボットレーンも集中しにくい

初心者がサポートをしても時間の無駄なので、除外。

プラチナやゴールド5人で遊ぶのであれば、1番下手な人がサポートをすると良いかもしれないが、初心者がサポートをしても何も学べるものはない。

敵味方4人いるのでレーン戦の難易度が高く、CSを伸ばす方法を覚えることができないので、他のレーンに応用が効かないからだ。

例えばADCで10分70取れる人が、トップやミッドで30しか取らないことはない。なのでまともにファームができるようになってから、サポートをしたほうが良い。

最初にサポートを選んで上手になった人は、私は見たことがない。

※ 存在はすると思うが、ほとんどの人は辞める。相当やる気がない限り、サポートを最初に選べば、ずっと仲間内で1番下手なままだからだ。

というわけでADCの話をしていくが、ADCで最も重要な能力を知っているだろうか?

  • 味方、特に隣のサポートに対するおおらかさ

である。

よくLOL配信者は味方に怒ってるから面白くない。みたいなことを言う人がいるが、実際のプレイヤー視点から見てみると、ダイヤの人はそんなに怒っていない。

ダイヤの人でも怒るのは全く珍しくないのだけど、イラッと来た瞬間に反射的に味方にハテナピンは鳴らさない。

LOLプレイヤーは戦いに来ているので、味方に堂々と喧嘩を売る行為をしたら、AFKされる。

ADCは隣のサポートがどんなにクソでも、簡単にイライラしない人が求められる。そうじゃないと、集中してプレイできないからだ。

LOLがイライラしやすいゲームなのは、他のプレイヤーがいるからである。

ソロキューでADCをすると、常に自分より下手な人が隣にいるわけなので、高いEQが必要。

ミッド・トップレーンが集中しやすい

1対1なので因果関係がわかりやすいからだ。

もちろんジャングラーのガンクを喰らえば、その時点で負けてしまうが、幸いにも敗因がハッキリしている。

他の理由としては、やはりソロレーンだからだ。

他のプレイヤーに悪意があろうとなかろうと、デュオレーンよりソロレーンのほうが集中しやすい。

目標レベルは低いほうが良い

チャレンジャーを目指して練習すれば、簡単にゴールドに上がりそうな気がする。100点を目指して勉強すれば、40点は取れそうであるからだ。

しかしLOLは暗記科目ではなく、数学のように体系付けられた知識が必要とされる。穴の空いた知識はあんまり役に立たない。

LOLの試合は一応、一日と同じで最後までプレイするけれど、序盤から1つずつしっかり覚えていったほうが結果的に早く覚える。

結局最初から学ぶ範囲が広いと、何から覚えていけば良いのかわからず、集中できないのが原因だ。

また難しいチャンピオンと簡単なチャンピオン、どちらを選ぶか迷っているならば、迷わず簡単なほうから選ぶべきである。

終わりに

書いたこと
  • サポート・ジャングラーはメインロールにしない
  • トップ・ミッドがオススメ
  • ADCはEQもしくはEQスキルが高い人が向け
  • 集中が乱されやすいロールは初心者向けじゃない
  • 簡単なことからしていったほうが成果が出やすい

1対1の練習方法はLOLではしにくいが、ソロキューのトップやミッドで同じような心境でプレイすればいい。

やはりチャンピオンを知らないといけないので、トップならダリウス、ミッドならカタリナ・ゼドなどCSが取りやすく使用率が高めのチャンピオンがオススメだ。

-LOLの基礎知識