マルザハールへのカウンターピック【マルザハール対策】

考察記事
この記事は約5分で読めます。

バフされたブラッドミアを使っていた時に、マルザハール対策を学んだので忘れないうちに書いておくことにする。

私自身はマルザハールはかなり得意で、ミッドレーンの後出しは大体マルザハールを出すことが多い。

ゲームデザイナーが呼ぶには、マルザハールはバトルメイジというデザインで、ファイター的メイジのポジションらしい。

確かにマルザハールにメイジっぽさはない。Q当ててから>フラッシュ+W+E>R コンボくらいだろうか? そのコンボすらクリセプが出来てしまえば使う機会も減る。

ファイターはハンドスキルで戦うロールではないので、対策を知っていれば勝てるし、知らなければ勝てない。

マルザハールも同じようなチャンピオンで、対策を知っていれば勝てるが、知らないとまず勝てない。

強いか弱いかでいうと、かなり強く勝率の高いチャンピオンだ。

では早速対策を書いていくことにしよう。

この記事はパッチ11.8の時に執筆されました。

マルザハールのストーリー

  1. 無難にファームする
  2. レベル6になったらジャングラーを呼んでR
  3. たくさんファームをする
  4. 仮面とクリセプを揃える

レベル6までは大人しいのだが、それ以降はブランドに近くなるイメージだ。

ファームも非常に速く、戦闘も異常に強い。

パッシブと妙に射程が長いQのおかげで、特別に下手な人じゃない限り、五分のまま中盤を迎えれば活躍してしまう。

マルザハールにはドランシールドと息継ぎが有効

ブラッドミアはドランシールドスタートも出来るのだが、基本的には良くない選択肢である。しかしマルザハールやブランド相手には、ドランシールドスタートの勝率が高い。

相手のスキルがドットなので、ドランシールドと息継ぎの効果が増えるわけだ。具体的に言うと、レベル1でブランドのWを一発食らうと息継ぎで10回復する。

無理なくビルドに組み込めるのであれば、どちらか、あるいは両方持っていくのがオススメだ。

Rコンボを食らう時は、持っていない時に比べてグッと耐えられるラインが増す。

マルザハールの苦手なチャンピオン

マルザハールEを体で止められるチャンピオンが強い

マルザハールのEはミニオンにトドメを刺すと、マナが回復するとともに連鎖する。

なのでEをチャンピオンの体で止められてしまうとプッシュもできないし、マナがなくなってしまうのだ。

この中でいうとランブル、ダイアナ、リヴェン、ノクターン、ガレン、サイオンは止めることができる。

コレをされると、マルザハールは序盤に何もできなくなる。

オールインをすればパッシブは意味がなくなる

マルザハールはほとんどのチャンピオンに強いが、特にルブランに対してのカウンターとして出されることが多い。

パッシブがあるので、相手のショートトレードに対して有利だからだ。

しかしリヴェン相手ならどうだろう? Q一段目を防いで終わり。ほとんどなんの意味もない。

エコー、コーキ、タロンは別に殴り合いが強いチャンピオンではないが、マルザハールが普通のメイジなので、この方法はうまくいく。

ちなみにジャングラーでマルザハールをガンクする時は、チル(青)スマイトを打つとパッシブが剥がれる。

別に知らなくとも問題ないが、一応書いておいた。

マルザハール相手の負けパターンは少ない

  1. E生当てのトレードで負ける
  2. レベル6以降にR+ジャングラーで負ける
  3. 仮面クリセプを揃えたマルザハールにスケーリングで負ける

大きく分けるとこの3つで、トップならスケーリングで勝つ方法も取れるが、ミッドの場合は序盤が大事。

なので結局は1、ダメージトレードで勝つ=レーンで勝つ方法を取ることになる。

初手クイックシルバーサッシュは有効なのか?

結論から言うと全く必要ない。

ちなみにクレンズはサプレッション(マルザハールのRやスカーナーのRのこと、食らってる最中にバリアやイグゾーストを押せない種類のCC)には効果がないので、入れていかないように。

マルザハールはAPチャンピオンなので、どちらかというとサッシュは買いやすいのだが、買うと負ける。

先程の負けパターンの2、R+ジャングラーのガンクは回避できるかもしれないが、その方法は1と3で負けている。

結局マルザハールは

  • 仮面
  • クリセプ
  • アザカナ(悪魔の抱擁)
  • ヴォイドスタッフ

の4つを揃えて相手にEを付けたいチャンピオンなので、Rだけに対策しても仕方がないわけだ。

  • マーキュリアルシミター
  • シルバーミアの夜明け

を無理なく買えるチャンピオンでもない限り、マルザハールにサッシュは考えなくて良い。

シルバーミアの夜明けはステータス的に優秀なのだが、ファイターってこういったアイテムを買う発想がないので人気がない。

例えばミッドレーナーはゴールドでもアーゴットのパッシブを避けながら戦おうとするが、トップレーナーはチャレンジャー以外は平気で全弾気にせず食らう。

ドランシールドや息継ぎ同様、ステラックの篭手も有効なので、ガレンで買う場合はステラック後にシルバーミアが良いはず。

終わりに

書いたこと
  • ドランシールドと息継ぎが有効
  • マルザハールEを体で止められるチャンピオンが強い
  • オールインがマルザハールより強いと有効
  • クイックシルバーサッシュは必要ない

自分がマルザハールを使った時に一番厄介だったのは、やはりランブル。

シールド持ちなのと、ドランシールド初手に全く抵抗がないので、レベル6まで何もできなかった。

トップなら別にレベル6まで何もできなくとも問題ないのだが、ミッドでずっと押し込まれたままだと、ジャングルが動けないので負ける可能性が高い。

ミッドがカサディン・ブラッドミアの時のように、ゴーストポロ置いて一生自軍ジャングルでファームしてくれれば良いのだが、ジャングラーがミッドレーンの組み合わせを知っていたらミッドレーンしてるわけで。

大人しくするという発想が最初からなかったりする。

※ ダイヤやチャレンジャーの人は細かいことで味方にキレたりしないしLOLも上手だが、他レーンのマッチアップは普通知らない。

ランブルパッチ11.8でMRが下がったが、全体的に強化されたので、使ってみるには良い機会かもしれない。

色々書いたが、結局ガレンがマルザハールに有利と知っていれば、ガレンを出せばいいだけ。

LOLが上手とは、そういった賢明さを言う。

コメント

  1. 匿名 より:

    モルデカイザー、イラオイ辺り期待してます

    • 北川楓 より:

      コメントありがとうございます
      書く予定の記事としてストックしておきます。
      モルデカイザーはジャングルが回りやすくなったので、結局レーンでの強化になったはずなので、近日中に書きましょう。

  2. 匿名 より:

    参考になりました
    Eの連鎖をチャンピオンで止めるって発想は無かったです

    • 北川楓 より:

      コメントありがとうございます。
      対策は自分ではわからないんですが、やられてみると簡単にわかります。
      相手が考えた結果、そういった対策を取ってくるわけなので、仕組み的に当然ではあるんですが。
      やっぱり自分で考えるより、人に考えてもらったほうが、人間らしいと言えるかもしれません。
      習う、というヤツですね。

タイトルとURLをコピーしました