考察記事

5分で願望達成のための効果的な行動がわかる方法【フォーカス・マッピング】

何かを達成するのに有効な行動は、人によって違う。

人生の問題の中ではLOLでダイヤに上がるのは比較的簡単なので、練習方法は共通しているように思える。

しかし小さい子供が2人いる父親が、LOLをインストールしてダイヤまで上がるのは至難の業。

精神的に病んでいる人がLOLをするのも同じように大変だろう。

人との摩擦が激しいだけでなく、LOLプレイヤーは味方だろうと執拗に殴り続けるのが当たり前だからだ。

それではあなたにとってLOL上達の黄金の行動を見つける方法を書いていく。

もちろんLOL上達以外にも使える方法だ。

この記事はパッチ11.16の時に執筆されました。

願望を明確にする

LOLの腕前を上げたいと言っても動機は無数にある。

  • 周りの人達にイキりたい
  • 何年もシルバー未満なので劣等感を克服したい
  • 相手をもっと上手に殴りたい
  • 他のLOLプレイヤーと接する時の居心地の悪さを解消したい
  • 自分の優越性をアピールしたい

私は20人くらいにコーチングをしたが、健全な動機を持った人のほうが少なかった。

ちなみに今書いた5つの動機だと、まともな動機は3だけである。

みんなと楽しくゲームをしたいのであれば、LOLは辞めたほうがいい。

女性とゲームしたいのであれば、LOLは辞めたほうがいい。

周りに優越性をアピールしたいのであれば、LOLは辞めたほうがいい。

あなたがラブコメハーレム漫画よりもバトル漫画が好きで、いつも誰かと全力で殴り合ってみたいと思っているのであれば、LOLは素晴らしいゲームだ。

これほど攻撃衝動を発散しても身体に負担がない行為を、私はほかに知らない。

行動の選択肢を挙げる

上の画像のように思いつくままに行動を書いてみよう。

トリガーリスト(おもいつくための質問)

  • 「一度で完了する行動」は?
  • 身につけたい「新しい習慣」は何?
  • 「やめたい習慣」は何?

何も考えず、5分で25項目くらい書く。

まちがったアプローチ

今書いたリストを整理する前に、まちがったアプローチについて知っておこう。

このタイミングで教えるのは、先に教えると書かないからである。

1 思いつきで行動を取り入れる

ダイエット食品やトレーニング器具を買って、ホコリをかぶらせているような行為だ。

無料で5分で実行可能なことだったら、思いつきでもたくさん試してみるべきだと思う。

ちなみにこの行動を取る人は非常に多い。

例えば

  • ブログを始めよう!!
  • 人生が変わる!!
  • 初期投資は10万円
  • このリンクから買ってね

といった流れで、あなたはブログを始めるために商品を買ったとしよう。

実際に続けば良いけれど、99%の人は10記事書けないので、無駄になる可能性が高い。

しかし大抵の買い物って、こんな感じである。

2 ネット情報に飛びつく

「身体を鍛えればうつ病は治る!!」みたいな情報のことだ。

実際にそういう主張をする人はたくさんいるし、確かに身体を鍛えれば気分が優れやすい。

※ 私は毎朝運動をしている。本格的にではなく適度にだけど。

例えば、瞑想を30分してから、30分ランニングすると気分が優れるそうだ。

しかしそんなことが続くのは、相当気合の入った達人だけなのは、やる前からわかるだろう。

コレは懸垂と似ている。

懸垂は背中を鍛えるのに最適な種目だが、1つ重大な欠点がある。

すでに相当背中が鍛えられている人にしかできないことだ。

大抵の情報は、自分の実力と比べて実行難易度が高すぎる。

3 他人に効果があったことを真似る

私はデュルケームの自殺論を読んでから、幼い頃からずっと欲しかった心の平穏を得て、生きづらさも解消された。

他の人にも同様の効果があるかと言えば、100人中1人いれば良いほうだと思う。

人それぞれ持っている知識が違うし、難しい本は何回読んでも理解できないのが普通。

まちがったアプローチは単純に当たる確率が低い。
さきほども書いたが、それでもコストが低ければやる価値は多いにある。

フォーカス・マッピング

  • 影響の大きさ
  • 実行可能性

この2つが両方高いことをする。

先程書いた項目では、大半が影響大+実行可能性低のものが多かった。

私にとってはなんでもないことだが、一般プレイヤーにとっては至難の業なことが多い。

逆に私にとっては難しいが、他のプレイヤーにとっては簡単といったことも多いだろう。

どちらも高いと思った項目を説明する。

※ あなたにとって実行可能性が大か低かはわからないが、影響度は試したことがなければ大。

われわれはとにかく、影響大+実行可能性低をしようとしてしまう。

設定を見直す

LOLの設定項目はたくさんあるが、実はLOLの設定は好みではなくチャンピオンによって決まる。

どう操作するかによって、設定が違うことを最初に覚えておくと、その後ずっとLOLで有利だ。

さらに大抵の設定は一度やればOK。

ミニマップはずっと見やすいままだし、敵のエモートはずっと見えない。

LOLの完璧なゲーム内設定【初心者から上級者まで】

初心者がゼロから設定するのは難しいので、一度見ながら設定すればいい。

人の話を聞かないようにする

村上春樹は規則正しい執筆スタイルで有名だ。

しかし昔は周りの人になんと言われていたかというと、

「作家なのにそんな規則正しい執筆スタイルは良くない」

と言われていたそうだ。

村上春樹は自分の本でこのエピソードを紹介した後

「人の話なんか聞くもんじゃない」

と言っている。

あなたも知っていると思うが、私は普段LOLプレイヤーの話を聞かないどころか、意図的に見ないようにしている。

※ ゲーム内ではよく会話をするし、知らない人にゲーム内VCをよく申し込む。

97%のプレイヤーはLOLが全然上手じゃない。

正直1人毎日2~3時間もプレイしていれば、半年かからずダイヤ(3%)になると思うのだけど、そういう人は少ない。

周りの人間、普段自分が見る情報、ノーマルに誘う友人、ソレらが邪魔している。

シルバーと意見をすりあわせればシルバーになるのではなく、他人に迎合する姿勢自体が対戦ゲームで良くない。

コメント欄でよく私が、

「他人と意見をすりあわせようとするな」

みたいなことを言うのはこのせい。

毎日シルバー以下の友人4人とノーマルゲームして、ダイヤくらい上手になるのは、仕組み的に無理だと思う。

終わりに

  • 本当に上達したいのか?
  • 行動の選択肢を25個挙げる
  • 高コストの間違ったアプローチを避ける
  • 影響も実行可能性も大きい行動に注目する

人の話を聞かないようにするのは、かなり大事だ。

LOLはレーナーでもジャングラーでも、まずはまともにファームできる必要がある。

特にジャングラーは、何よりも先に素早くファームする方法を覚えなければいけない。

戦闘方法やガンクは2の次3の次だ。

そんなものはダイヤ4になって、まだLOLを上達したいと思っている人が覚えればいい。

何も考えずにファームできるようになって、初めて他のことを考えることができるからである。

しかし初心者ジャングラーには試合終了までピンが鳴り響く上に、暴言も言われ続けるので、まともにチームメイトの話を聞いてはゲーム自体ができない。

  • 一般LOLプレイヤーの話を無視する
  • 試合中のチームメイトの話を無視する

この2つを満たさないと、上達は難しい。

関連図書

操作方法を考えるのと、習慣を考えるのはとても似ている。

なのでこういった本を集める趣味がある。

こういった本は基本的にモチベーションを上げるのではなく、モチベーションほど当てにならないものはないといった論調だ。

私は毎日執筆しているが、モチベーションと比べたら、まだ味方のヤスオのほうが100倍頼りになると思っている。

-考察記事