どのくらいの頻度、あるいは1日何時間LOLをプレイするべきか?

考察記事
この記事は約4分で読めます。

あなたは楽しみにしていた小説やRPGをする時、使える時間の全てを使うタイプだろうか?

それとも時間を決めて少しづつする、長く楽しめるようにする工夫ができるタイプだろうか?

いずれにせよ、夢中になれるものがあるのは幸運に違いない。

なぜなら世の中には、している最中の体験ではなく、したという経験が欲しいだけの人が多いからだ。

経験が欲しいだけとは、例えば、次のようなことだ。

シェークスピアのマクベスを読んだことがある、そういう経験が欲しい。

でもマクベス自体は読みたくない。

日本にLOLをファッションでプレイしている人、つまり経験が欲しい人はいないと思うので、夢中になってプレイしていることになる。

それ自体は良いことだけれど、楽しいことは辞めにくい。

プレイ時間をコントロールしにくい問題がある。

楽しいことは際限なくプレイしてしまうのだが、RPGと違ってLOLには終わりがない。

RPGは特別やりこみ勢でもなければ、普通は裏ボス倒した瞬間に飽きる。

それに長いといっても、10~20時間くらいだ。

LOLはどのくらいプレイすればいいのか? 非常に深い問題なような気がしてこないだろうか?

とりあえず、余暇の時間を全てLOLに注ぎ込んだ場合を考えてみたい。

一応前提として、誘惑に負けない鉄壁の意志力を持っているものとする。

実際は違うに決まっているのだが、そうしないと話ができないためだ。

この記事はパッチ10.20の時に執筆されました。

スポンサーリンク

余った時間全て注ぎ込んだ場合

あなたがプロの選手、もしくはyoutuberか何かならば悪くないかもしれない。

日本でLOLのプロをするのは悪いと私は考えているが、ワイルドリフトが荒野行動のように女の子と遊ぶのがメイン、みたいな楽しみ方をされて流行る可能性もある。

現状LOLは硬派すぎて、友達と一緒に遊ぶとかそういったことができない。

プロや荒野行動の話は置いておくと、一般人はLOLをプレイしすぎると良くない。

なので時間を決めることになる。

というか、決めたほうがいい。

ここでは仮に、毎日1時間プレイ、もしくは2試合プレイをすることにしよう。

すると次は、いつするのか決めることになる。

ワークライフバランスとは言うが、実際に成果を出している人はワークワークなんだそうだ。

いつ1時間プレイするのか?

人間は最後に感じた印象が大きい。

嫌なことは一日の前半のほうに持っていき、楽しみは後半に持っていく。

しかしLOLの場合はどうだろう?

つまり

  • 勝って終わるなら一日の最後
  • 負けて終わるなら一日の最初

と、勝敗やトロールや試合内容によって印象が違う。

いつも違ったように感じられるのが、楽しいゲームの条件ではあるものの、その条件は一日の終わりに足を引っ張る可能性が高い。

となると、寝る前にプレイするのはベストではない、となる。

寝る前に脳を興奮させてはいけない

専門家の先生が言うには、睡眠は最初の1時間が大事らしい。

別に専門家じゃなくても、誰でも体験から知っていることだ。

寝る時の興奮といえば、人生最初の遠足の前の日は、眠れなかった。

さらに、何故か親が起こしてくれなかった。

結果的には記憶に良く残っているので、起こさなくって良かった気がする。

その後成長するにつれて、遠足や修学旅行の前日が興奮するものでもなくなっていき、「行かないほうが良かったな」と、ハッキリ思うレベルにまでなってしまう。

前日に興奮しない旅行は行く価値がない

いま自分で作ったけど、名言だと思う。

同じように興奮しないLOLも、プレイする価値がない。

ならばLOLは寝る前にプレイするべきではない、そういう結論になる。

結論

プレイタイミングのまとめ
  • LOLは娯楽なので、一日の後半にプレイする
  • 寝る前に興奮してはいけないので、最後は避ける

1日を10に分けるとすると、LOLをするタイミングは6~9。

  • 6
  • 7
  • 8
  • 9

このどれか1つが、LOLをするタイミングだ。

※ 実際には6のタイミングでプレイすると、11くらいまでプレイする。

10のタイミングで興奮してはいけないので、結局10のタイミングは娯楽ではなく、苦痛ではないが有意義なことをするのがベスト。

  • 難しい本を読む
  • 部屋の掃除をする
  • 今日あった良いことを3つ挙げる
  • 瞑想

寝る前にコーヒーを飲まない。

寝る前にLOLをしない。

寝る前にやることを、いくつか決めておくと良いだろう。

長くLOLを続けたいのであれば、余った時間全部LOLに突っ込むのは辞めよう。

参考図書

作家が書いた本で、あんまりためになることは書かれていない。

ただ語り口調が凄く面白く、やはり作家だなと思わせる内容だった。

普段から本を読まない人でも、最後まで楽しく読める書かれ方をしていた。

参考にしたのはつまり、文章の組み立てだけ。

人に「読んだ!!」と自慢できる本ではないが、面白い本なのでオススメする。

このシリーズは全て持っているけれど面白い。

味方にトロールが沸いた時に読もう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました