カウンターピック

トップトランドルへのカウンターピック【トランドル対策】

後出し時にポジティブな感情が浮かばないトップレーナーは、確実にゴールド未満だ。

スタート地点に立てていないとも言えるのだけど、何を出せばいいのかピンと来ないチャンピオンがいる。

単純にトップレーナーは、有利なチャンピオンをたくさん知っているほど強く、知らない人は弱い。

このようになっているのだけど、この間トランドルに対してピンと来なかった。

というわけで先出しトランドルをボコる方法を考えていきたい。

この記事はパッチ11.16の時に執筆されました。

トップトランドルのストーリー

  • 大人しくファーム
  • 味方ジャングルが来たらE
  • オールインは強い

いちいちQを当てるためにWとEを撃つわけにはいかないので、基本的にメレー同士じゃなければファームしているだけである。

他のトップだとジャックスと似ているだろうか?

トランドルはジャックスほどじゃないが、中盤以降強いチャンピオンだ。

イグナイト+テレポートはただファームするだけのスペル

自分よりスケーリングが低い相手にはとても強い。

ノーマルゲームでトップを出す場合も有効だろう。

トランドルはこのスペルの組み合わせが強いのだけど、

「その組み合わせでどうやってヴェインやケイルをボコるの?」

と質問されれば、答えに詰まってしまうだろう。

トランドルの攻撃パターン

  • AA>Q
  • E>W>(R)>AA>Q>AA連打

この2パターンしかないが、ガレンのQ>Eに対処法がないと全く勝てないのと同じ。

LOLはシンプルな戦法ほどパワーが高い。

1は レンジなら解決する。

2は こちらがレンジの場合トランドルは疾駆を入れてくる可能性が高いので、Eへの対処はスキルで対処する必要がある。

例えばヴェインなら、スイフトネスを買うより、トランドルE(氷の柱)を食らった時のためにEを残しておくといった感じだ。

トップトランドルが苦手なチャンピオン

lolalytics Diamond+

注意して欲しいのはトップトランドルなので、サポートやジャングル時に有利な対面というわけではない。

ここらへんが整理できないと、LOL自体ができないので気をつけたい。

トランドルに強いチャンピオンの共通点は

  • スケーリングが高い
  • AA>Qへの解答がある
  • Eへの解答がある

カウンターピックの基本は、腕で勝つのではなく、ただファームをしているだけで勝てる組み合わせを出すことだ。

おそらく上手な人ほど操作が簡単なチャンピオンのほうが良いと考えるのは、コンプレックスがないからだろう。

社会学的に言えば、初心者ほど自分が上手なことを説明したがる(あるいはする必要がある)のかもしれない。

特定の対策アイテムなど

  • フェイズラッシュ
  • スイフトネスブーツ
  • ボーンアーマー
  • イグナイト

1と2 ケイルくらいのスケーリングがないと機能しない。

というのも火力が必要だからだ。

例えばブラッドミアだと、フェイズラッシュよりエアリーのほうが効果的なことが多い。

3 トランドルはR以外に遠距離攻撃がないので、ボーンアーマーは機能する。

4 これも機能するけれど、ヴェインやアーゴットでテレポート持ってボコったほうが簡単。

対策アイテムは機能しないことが多い

よくブランブルベストやソーンメイルが、アーゴットやフィオラに良いと言われる。

しかしソレは全然正しくない。

例えばアーゴットは、相手がそういったビルド前提で赤月の刃>ブラッククリーバー>セリルダの怨恨みたいなビルドをする。

なのである程度知っているプレイヤーには、アーゴット相手にタンクを出してソーンメイルを買う戦法は全く機能しない。

しかしわれわれが、そのへんのシルバープレイヤーに説明するには、フィオラ・アーゴット相手にブランブルベストは有効という。30分かけて説明はできないからだ。

マルザハールにサッシュは有効だが、マルザハールはスケーリングが高いチャンピオンなので、初手に買えばズタズタにされる未来しかない。

※ 同じ金額のアイテムの場合、中盤以降のマルザハールに勝てるチャンピオンは少ない。

レーンで勝つのと、有効な対策アイテムは全然違うのだが、ここらへんを同じように考えてしまうわけだ。

ゴールド4からダイヤ2くらいまでは、こういった思考になることが多い。
ソレを自分でわかるようになると、もっと上手になる。

トランドルを後出しされた場合

とりあえずわかるのは、マオカイでトランドルに勝てる方法はない。

32%はマオカイが勝っているわけだが、味方が強いだけなのは見ただけでわかる。

トップレーナーは苦手な組み合わせでもベストエフォート(最善の努力)しなければいけないので、戦い方は考える必要がある。

マオカイ側の対策

  • もつれた時のためにイグナイトは必須

まずピンと来なければいけないのは、ジャングラー同士あるいはミッド・ボットテレポート時の3対3で、トランドルに対してイグナイトを撃つことだ。

つまりフラッシュ+テレポートではチャンスがなさすぎるので、テレポート+イグナイトを持っていくことになる。

あまりにも相性差が悪い場合は、

「死なずにファームをする」

コレを目指す。

トランドル+マオカイはほっといてもトランドルが勝つので、マオカイのフラッシュはなおさら必要ない。
最初から2回ガンク刺されているようなものだからだ。

終わりに

  • ヴェイン・アーゴット・ケイルでファームをする
  • トランドルEへの対処法を考えておく
  • 相手ジャングラーの位置に気を付ける
  • 後出しされた時はイグナイトを持ってチャンス時に勝てるようにする
  • 先出しトランドル相手にヴェインを出す
  • トランドルが疾駆とイグナイトを持ってくる
  • LOLは操作がシンプルかつ、お互い方向指定スキルがない
  • 寝ててもレーン戦ができるので、お互いジャングラーの位置に気をつける

つまりトップレーンが上手な人はジャングルにも詳しいわけなのだが、大体の人はまず有利なチャンピオンを出せるかどうか怪しい。

そういうレベルである。

1ができて、操作水準を満たしていて、ラストヒットも取れる、味方に異常な態度を取らない。

これだけできればダイヤ4は確実になれる。

LOLは整理が大事なゲームで、自分なりにマニュアルみたいなものを作れる人はどんどん上達するゲームだ。

-カウンターピック