トップヴェイン【後出しの時だけ面白い】

ビルドガイド
この記事は約7分で読めます。

トップヴェイン、ヴェイントップ。

こういった呼び名は、響きが良いほうが採用されるんだなと書くたび思う。

先出しトップは基本的にボコられる。

比較的ボコられにくいチャンピオンと、GG TOPとかTOP GAPとか味方に言われるくらいボコられるチャンピオンがいる。

例えばイレリアを先出しすれば当然ボコられるが、ムンドやアカリで遠くからCSを取るだけなら安全。

試合に勝てるかどうかは別として、苦手な相手でもCSは伸ばしやすい。

トップヴェインはファイター相手に出すと異様に強いチャンピオンで、ガレンを見たらヴェインを出すのはトップレーンの常識の1つだ。

AA主体のレンジチャンピオンは操作こそ難しいが、スキルは単純でわかりやすい。

※ LOLではレンジのスキルはメレーより確実に弱い作りになっているので、効果がシンプル。

レンジでトップができる人なら、ほとんど練習しなくても問題ないだろう。

それでは何故か10.19でRがバフされた、ヴェインの記事を書いていくことにする。

この記事はパッチ10.19の時に執筆されました。

スポンサーリンク

ヴェインのコツ

  • ルインドキングブレード
  • グインソーレイジブレード

この2つを揃えて後は防具を積む。

トップ後出しだとまず順調に育つので、ADCヴェインに比べて非常に簡単。

ガンクをたくさん食らっても、スケーリングが凄まじいので、味方が勝っていればそのうち対面に勝てる。

トップヴェインのルーン

  • プレスアタック
  • 不死者の握撃

どちらかを入れる。

靴を急がない時は不死者はプレスアタックで、ボーンアーマーが欲しい時は不死者の握撃を入れる。

先出しならば何種類もルーンを使い分ける必要があるが、先出しならばこの2種類でOKだ。

プレスアタック+天啓

  • プレスアタック
  • オーバーヒール or 凱旋
  • レジェンド:迅速 or 血脈
  • 最後の慈悲 or 切り崩し
  • 魔法の靴
  • ミニオン吸収装置

オーバーヒールは対面がメレーの時に入れる。

切り崩しはカルを持っていくくらい、余裕のある相手に入れる。

ヴェインの場合は、基本的には血脈よりも迅速のほうが強い。

でも好みでいいと思う。

対面がシェンの場合は迅速をオススメする。

不死者の握撃+栄華

  • 不死者の握撃
  • 打ちこわし
  • ボーンアーマー or 心身調整
  • 超成長
  • オーバーヒール
  • レジェンド:迅速 or 血脈

ボーンアーマーが欲しい時はこちらにする。

ヴェインならスケーリングもメイン不滅のほうが高い。

結局グインソーまで揃ってしまえば、ヴェインの攻撃に耐えられるチャンピオンがいないからだ。

結局大事なのはプレスアタックではなく、レジェンド迅速、つまり攻撃速度なのだと思う。

相手がタンクかトリンダメアの時は基本握撃が強いのだけど、先出しヴェインでもない限り戦う機会がない。

ルーンのかけら(シャード)

  • 攻撃速度
  • アダプティブフォース
  • 物理防御

攻撃速度さえ入っていればいいので、対面と敵ジャングルが同じダメージなら、アダプティブを抜いて防御ルーンを2つ入れる。

両方防御ルーンを入れれる機会があれば、トップヴェインなら両方入れたほうが得。

ボットと違って相手が猛プッシュしてくるわけではないので、ADが下がってもデメリットが少ない。

サモナースペル

  • フラッシュ+テレポート
  • フラッシュ+バリア
  • フラッシュ+ゴースト

後出しヴェインは、ジャングラーがヴェイン何回もガンクを決めないと試合が終わるので、レートが高くなるほどたくさんガンクを受ける。

テレポートのほうがたくさんファームができるが、ダイヤ以上の試合ならバリアが無難。

ゴーストは追い風ニンバスと一緒に、ダリウス相手に持つとあまり負けなくなる。

相手がゴーストを使った時、自分も使えばいいからだ。

相手によって色々試していくのがいい。

テレポートは味方に飛ぶためではなく、レーンに戻るために持つ。

テレポートを持つ理由がわからないトップレーナーは、ミッドレーンもやってみることをオススメする。

スキルオーダー

  • レベル1でQ
  • レベル2でW
  • レベル3でE
  • レベル4以降はR>W>Q>Eの優先順位で取る

相手が硬いファイターなので、Qを上げるよりもWを上げたほうがいい。

特に1対1だとQのAA単発でハラスすることがなく、AA>AA>QでWを発動させていくことのほうが多い。

というか単純にQのスケーリングが、Wに比べて低すぎる。

# ヴェインはパッシブでMS360になるので、握撃を発動させる以外でメレー相手にQ単発ハラスはまず打たない。

ヴェインのアイテムビルド

スタートアイテム

  • カル+体力ポーション
  • ドランブレード+体力ポーション

ルーンに切り崩しを入れているなら、カルを持っていく。

当然ルーン関係なくドランブレードのほうが無難だ。

初手にドランシールドが欲しい相手には、トップヴェインをピックするべきではない。

ブーツ

  • 忍者足袋
  • バーサーカーブーツ
  • スイフトネスブーツ
  • マーキュリーブーツ

レーン相性の関係で、基本的に忍者足袋を履く。

逆にマーキュリーブーツは、あんまり履かない。

良い悪いではなく、APチャンピオン相手に出す機会がほとんどないからだ。

ヴェインは攻撃スキルがほとんどないので、アッシュと同様バーサーカーブーツを初手に買うのが最も強い。

強いというだけでライフスティールはないし、ブーツを完成させるよりもルインドキングを完成させたほうが強いので、一応覚えておこうというレベル。

グインソーを買うチャンピオンはバーサーカーが最強なのだけど、殴り続けないといけない理由から足袋やマーキュリーのほうが好ましい場合が多い。

ファーストアイテム

  • ルインドキングブレード
  • サングインブレード

相性の関係でルインドキングブレードを買う場合が多い。

サングインブレードのほうがファームも速く安いし火力も高い、しかしスローやグインソーシナジーを考えると買う機会が少ない。

基本的にトップレーンならば、スローが必要なければサングインのほうがずっと強い。

ヴェインはWがあまりにも強いので、なおさらルインドキングがいらないのだけど、やはりシェンダリウスガレン相手にサングインを買うのもアホらしい。

セカンドアイテム

  • グインソーレイジブレード

ルインドキングとグインソーが完成すると、もう火力が必要なくなる。

スローが効かないオラフ相手に初手で作ろうと思っているのだけど、あたらないので作る機会がない。

普通は初手グインソーは弱いのだけど、ヴェインは別。

サードアイテム

  • ファントムダンサー
  • マルモティウスの胃袋
  • ウィッツエンド
  • フローズンマレット

これらのアイテムよりハリケーンのほうが圧倒的に火力が高いのだけど、火力は十分なので防具を積む。

強欲な賞金首狩りがないので、ウィッツエンドよりはマルモティウスのほうが良いかもしれない。

スペルヴァンプはヴェインW、ルインドキング、グインソーの追加ダメージに乗る。

もっと細かい話をすると、ルインドキングの追加ダメージはライフスティールも乗るので、スペルヴァンプとライフスティール両方あるマルモティウスがお得だ。

レベル16以降はR中のQのCDが1秒になるので、そこまでASを頑張って振らなくても良いのがヴェインの凄いところだ。

ルーンに強欲が入っているなら、シンプルにウィッツエンドが強い。

それ以降のアイテム

  • ランデュインオーメン
  • ブラッドサースター
  • デスダンス
  • ガーディアンエンジェル
  • マーキュリアルシミター
  • スピリットビサージュ

ランデュインオーメンは、クリティカルを持った相手と戦う時に最も強いアイテムで、ヴェインじゃなくとも買う機会が多い。

ほとんどのチャンピオンで有効なので、覚えておいたほうがいい。

ウィッツエンドを持っているならデスダンスで、ないならブラッドサースターが良い。

とにかく生き残ってAAをすることが大事。

終わりに

ヴェインを理解するポイントは、ハリケーンではなくファントムダンサーを買うところだろう。

ここさえ理解できれば、トップヴェインは簡単に使える。

ボットヴェインはレーン戦が弱いので難しい。

トップヴェインはソロキューで反則的に強いので、あなたがトップを先出しする場合、ヴェインに勝てないチャンピオンを選んではいけない。

LOLに限らず物事の最初は、プレイしていて楽しい(気持ちよくなる)ことをするのが本当に大事であるらしい。

トップヴェインは最高に楽しいチャンピオンだ、相手がガレンの時は。

反対に相手がティーモなら、AFKしていたほうが楽しい。

そう考えると楽しくプレイする方法を考えるのは、我々が思ったよりも重要なのかもしれない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました