上級者に教えてもらえるならそうしたほうがいい【104%地点を目指す】

LOLの基礎知識
この記事は約4分で読めます。

どうすればLOLは上達するのか?

上級者以外は全くわからない。というのもLOLはゲームなので、道を知っていれば歩くのは苦じゃないからだ。

上達までの道のりを知っていれば、とっくに上級者になっている。筋力トレーニングやダイエットと違って知ってるだけで成功したも同然。

この記事はコーチングの重要性について書いていく。

スポンサーリンク

誰に教わるべきか?

  1. あなたと本当に親しい人
  2. コーチングを仕事にしている人

親しくない人とLOLをすれば、その人は大人しいプレイを強要してくる。なので絶対に避けたほうがいい。

LOLを人に教えるのを仕事にしている人がいるらしい。好きなことを仕事にするのは素晴らしいと思うけど、カッコいいイメージはない。

なので自分よりも上手な友人に教わる、というパターンになるだろう。

特別に親しくもない腕の差がある人とゲームをした場合、上手な人は下手な人にイライラする。返報性の法則という当たり前の現象だ。腕の差がある場合は、ゲーム外でも相手と親しい必要がある。

コンフォートゾーンを抜ける

心理的な安全地帯のことをコンフォートゾーンという。

自分が100回使ったことがあるチャンピオンをピックする=コンフォートゾーンの内側

慣れてない、もしくは使ったことがないチャンピオンをピックする=コンフォートゾーンの外側

なんとなく聞いただけでわかると思うが、学習にコンフォートゾーンはない。

さらに「内側のほうが気持ちよくプレイできそうだな」とも思っただろう。

コンフォートゾーンの外に出れば不安や苦痛といった感情を覚えるのだけど、上達しながら気持ちよくプレイできる夢のような地点がある。

新しいことを学ぼうとする時に、少しだるく感じるものがある。それがコンフォートゾーンの外に出る瞬間の気持ちだ。

104%地点を目指す

104%なので短期間で大した上達はしないのだが、長くLOLを続けて上達していくつもりなら104%を心がけたほうがいい。

夜ふかしは楽しいけど、建設的でも合理的でもないのと同じだ。

つまりLOLに限らず上達するという行為は、104%地点を探して踏む行為である。

ここで大きな問題が1つ。

どうやって104%地点を探すのか?

LOLはゲームなので、104%地点を見つけた後に踏む行為は非常に簡単。これが筋力トレーニングになると誰もやらない。

104%地点を探すのがコーチの役割

あなたが自分の力だけで次の104%地点探す場合、考えられる方法は1つだけだ。

片っ端から試していく

こういったことは時間がかからないことなら、効率的だし意外と楽しい。

ただしLOLの場合は、覚えることが多いし1試合の時間も長い。さらにレートの低い試合ほど味方の喧嘩も多いので集中しにくい。

自分で全ての方法を試すよりも、教わったほうが効率が良いのだ。

格闘ゲームのように1試合が短いゲームの場合は、片っ端から試すほうが教わるより効率が良い場合が多い。

知らない道を歩くにはガイドが必要で、LOLはソシャゲのリセマラの3億倍くらい複雑だ。

コーチングの具体的な流れ

あなたはLOLの達人という設定だ。

LOLで知らないことは一切ないことにする。

あなたはコーチ
  • 1 生徒の現在地点を知る
  • 2 生徒の104%地点まで導く
  • 3 生徒の104%で勝てる相手・目標を探す

生徒の現在地点を知る

あなたの頭の中には、初心者をダイヤ1まで導く完璧な地図がある。

しかし現在地がわからないと、ナビゲートできない。

  • 生徒と一緒にプレイする
  • アンケートを取る
  • ランクを見る
  • 使うチャンピオンを見る
  • 試合の戦績を見る

など考えられる。

ここまで書いていて、「嫌いなヤツに教えるのは中々辛そうだ」と感じてしまった。

生徒の104%地点まで導く

理由も説明せずに「やれ」と言われて、すぐにやれる人は中々いない。

どうして必要なのかといった理由の説明が欲しいわけだ。納得していないことは、人間やりたくないものだ。

これはブロンズの人にラストヒットの大切さを教えた記事だ。

最初のリコールでBFソードを買えないと、面白くないだろう。という内容の記事。

生徒の104%で勝てる相手・目標を探す

LOLをしている人なら誰でも知っていることだが、試合に勝つという目標は全然良くない。

おそらく我々の人生の中で、これほど無駄で最低な目標はないだろう。

味方の強さやAFKするヤスオはコントロールできないからだ。コントロールできないことをコントロールしようとするのは正常ではない、つまり異常者だ。

しかし

コントロールできる要素
  • 統計サイトを見て後出しで適切なチャンピオンをピックする
  • 味方にミアピン(はてなピング)打たない
  • チャットで暴言を打たない

これは誰でもできる。

ちなみに相手の強さは簡単に調整できる。

アカウントを変えればいい。

終わりに

LOLを起動するのは難しくないから、上達するのも簡単。

この場合の簡単なのはLOLではなく、起動するまでだ。

なので上達したい事柄があるのであれば、何事もやりやすくしておくと良いのは間違いなさそうである。

ちなみにラックスとジンクスは、ファームしているだけで勝てるチャンピオンと言われている。

コメント

タイトルとURLをコピーしました