考察記事

最速でジャングルを周回するには?【1キャンプごとに分解する】

世界中でプレイされているゲームなので、最速周回方法はYoutubeで検索すればいくらでも出てくる。

パッチが出るたびに、ジャングルタイムアタック大会が開催される。

  • 最速ジャングル周回動画を探す
  • それっぽい動画を見つける
  • 真似をする

この流れなのだけど、動きを真似する、技を盗むと言ったことは意外と難しい。

1と2に関しては説明は不要なので飛ばす。

というわけで3について書く。

この記事はパッチ11.18の時に執筆されました。

一番速い方法が一番楽な方法

タイムが遅れる原因を挙げてみよう。

  • AA回数が多い
  • 次のキャンプに移動しながら攻撃してない
  • ジャングルアイテムの持続ダメージを活かしてない
  • スキルを最適なタイミングで使っていない

烈火:ジャングルモンスターにダメージを与えると対象を燃やし、5秒かけて60 (+AP30%) (+増加AD5%) (+増加体力2%) の魔法DMを与える。

基本的にレシオは無視していい。

レベル1だと大体61がいいところだし、

HP2%のために体力ルーンを入れる人もいない。

難易度1 ゼドジャングル

変身しないケインこと、ゼドジャングル。

ルーンは別に気にしなくっていい。

彼はソレっぽいものを入れているだけだし、

ジャングルクリアにルーンはあんまり関係ない。

ポイントは

  • パッシブを活かすためにスマイトを先に使う
  • 大きいモンスターにのみAA
  • 最後体力がそんなに残っていない

※ クリアが速いので赤の後にスカトルが湧いていない

難易度は簡単。

シヴァーナやリー・シンと同じくらいだろうか?

最も簡単な種類のジャングラーだ。

ただゼドジャングル使って勝つのは、味方が強くないと難しいだろう。

何故一番難易度が低いのか?

ほぼ大きいモンスターにしかAAしないから。

練習無しで、フルクリア>3:15スカトルに間に合うのは、ライアット的にNGのようである。

モルガナはソレが良くなかったらしい。

ゼドは弱いんでセーフ。

難易度2 ダリウスジャングル

同じオフメタのダリウスジャングルを見てみよう。

スケーリングこそ低いが、CC2つもあるので強い。

リーシュ無し、スマイト1つ残しでこのタイム。

リーシュありなら余裕で、

スカトルに間に合ってしまうし、

ゼドに比べると最速で回るのは

明らかに難易度が上がっている。

AAの仕方にクセがあるからだ。

コツは格闘ゲームのコンボと同じ、

分解すること。

人間は頭が悪いので、
情報量が多いと理解できない。
慣れないことは細かく分解。

赤バフ

  • Q打ってAAするだけ

クルーグ

  • 大にAA>W>Q>AA
  • 左に歩いて中にAA>その後大にスマイト+AA
  • 小2中2の時にQ
  • 後は普通に引きながら狩る

1つずつ覚えれば簡単。

ラプター

  • 小にAA>大にW>その後Q
  • 大にAA2発
  • 茂みまで下がって残りの小にAA1発ずつ
  • その後引きながらQでトドメ

コレも分解すれば簡単。

ウルフ

  • 大にAA>W>Q>AA
  • 小A>大>小BにAA1発ずつ
  • 引っ張りながら大にW

3はAA>Wで妥協したほうが安全そう。

青+グロンプ

  • 青にQ>AA1発
  • 引っ張りながらAA1発
  • グロンプにAA>W
  • 所定の位置まで引っ張る
  • 青にAA1発>グロンプにAA1発>Q
  • 交互に殴って青>グロンプの順番に倒す

普通この時のグロンプは
スマイトで引っ張るのだけど、
動画とか出す人なので、
スマイト無しで引っ張っている。

征服者+水走り+スマイト有り、
これでトップスカトルに間に合うわけだ。

というわけで、
ダリウス一周目をしっかり練習した場合、
序盤のダリウスは止められない。

シーズン11開始直後のウディアとへカリムがそんな感じだった。

難易度3 グレイブスジャングル

ダリウスに加えて、角度が付く。

ここらへんになると、
プラクティスで一度練習しないといけない。

というか全く練習しなくともいいのは、
難易度1くらいだ。

凄く難しいわけではないが、
ADレーナーのラストヒットくらいやる気が必要。

もっと難しいのもあるけど、
ここで終わりにする。

終わりに

  • 1周目は数分かかるので真似するのは難しい
  • 周回には難易度がある
  • どのジャングラーも一度見ておく
  • 難易度2以上は一度練習する
  • 1キャンプごとに細かく分解する

LOLのAI戦を楽しめない人は下手。

ずっと前から漠然と思っていたのだけど、
他人と自分を比べることでしか、
ゲームを楽しめないからだろう。

ダリウスは少し練習すれば、
速く回れるようになるのだけど、
最初から自己流だと難しい。

とりあえず一度練習すれば、
フィドルスティックス以外は、
プラクティスで練習しなくとも速くなる。

バフまたいで狩るフィドルは、
何度も練習する必要があるので、
ジャングラー版ドレイヴンという難易度だ。

私もカリスタまでなら使えるのだけど、
ドレイヴンはできない。

負け試合の時に、ティルトやAFKしても良いが、
最速ファームを練習するのもいいだろう。

泣き叫ぶ味方を無視して分間11CSを目指すのは、
結構面白いのでオススメだ。

-考察記事