考察記事

初心者の場合フィードバックは遅いほうがいい理由【LOL上達法】

「即座にフィードバックを得ることで、上達の頻度は劇的に上がる」とは、練習方法の専門家アンダース・エリクソンも言っている。

あなたが何かの能力を上げたいと思った時、知っていると得するポイントを3つ書く。

練習の基本
  1. 自分の限界を少しだけ超える負荷をかけつづける
  2. フィードバックの速度は速いほどいい
  3. 練習時の集中力は大事

普段運動しない人が、突然スクワット1000回すると冗談抜きで死ぬ可能性があるらしい。だから1の理由は納得できる。

2も非常に納得できる。LOLもアクションゲームみたいなもので、自分が操作すると画面のチャンピオンも動く、なのでゲームの仕組みがわかりやすい。

3は寝不足だとダメだとか、借金がたくさんあるとダメだとか、人間には心理的安全性が大事だとか、色々言われているが、全て集中力が失われることが原因である。

人からどう思われるか気にしすぎるのは不味い、これも同じだ。

それではタイトルどおり、初心者はフィードバック頻度が遅いほうが良い理由を書いていく。

この記事はパッチ11.5の時に執筆されました。

フィードバックループ

フィードバックループとは、得意なことはどんどん上達していく、といった意味だ。

あなたがミッドでアーリが得意だったとしよう。アーリを使うと毎試合活躍して、チームメイトから称賛される、仲間内からもチヤホヤされる。

そうすると、もっとアーリを使うようになるし、LOL自体も上達しようと思うだろう。

これがフィードバックループ。

フィードバックにより増幅していくという流れを呼ぶが、文章を読んでわかるとおり、良い意味で使われることは少ない。

アーリしか使わなくなるとか、お酒をたくさん飲むようになるとか、そういった悪い意味合いのほうが強い。

初心者が速いフィードバックを求めた場合1

  • 初心者はフィードバックを受け取っても改善するべき点がわからない

非常に極端な例を挙げてみよう。

あなたはインターネット回線を乗り換えさせようとする、電話業者の人だとする。全力でぶん殴りたくなる、あの迷惑な電話のことだ。

電話をたくさんかけるのが仕事なんだけど、相手もあなたもウンザリし続けるので、普通の人は続かないと思う。

断られるたびに、「自分は何をしているんだろう」こんな仕事世の中にとって迷惑でしかないだろう」などと自問自答することになる。

そもそも「何故断られたのかわからない」「何%取れると成功なのかわからない」

つまり先程書いた3の項目、集中力が破壊される。

しかし完全に割り切って、ゲームか何かだと思った場合どうなるか?

割り切った場合
  • 流石に改善するべき点はあると思う
  • しかしどこを改善するべきかわからない
  • とりあえず100回かけてみよう
  • 100回ごとに記録を付けていこう

どんどん上達していきそうだ。少なくとも、続けているわけなのだから、将来の上達は約束されている。

初心者に対して「今の何がダメだったかわかる?」と言っても、よく考えるとわかるわけがないことが、わかる。

初心者が自分の改善点を探すのは、全く同じ行為だ。とりあえず継続することが大事。

初心者が速いフィードバックを求めた場合2

  • 初心者がフィードバックを求めるのは上達を焦っているから

普通に考えて、継続できる人、努力できる人が好ましい。物事を投げ出さない人は、いきなり人に殴りかかったりもしないだろう。人格的に優れている保証もあるわけだ。

しかし実際の人間は、天才タイプが好きなのである。これはジャンプの漫画の主人公とか見ても良くわかるだろう。才能という言葉が好き。

初心者は才能ある人だと思われたいがため、もしくは自分でそう思いたいのか、早く結果を出したがる。

LOLならば、初めて一ヶ月でダイヤになるとかだ。

上手な人ならダイヤに上がるものではあるが、1試合の勝敗は運によるものが大きい。あなたも知っている通り、ソロキューはその部屋の平均より、大幅に下手なプレイヤーが1人いたら負けるゲームである。

早く結果を出したい人が、自分の弱点を分析して、少しずつ改善していくのは中々難しい。

あなたは痩せるためにダイエット食品を買う人が、ダイエットを成功させると思うだろうか? 

初心者はフィードバックで集中力を乱す

まず上級者の場合

  • 良いフィードバックを、そのまま良い意味で受け取れる
  • 悪いフィードバックも、補強するべき弱点として受け取れる

初心者の場合

  • 良いフィードバックを、悪い意味で受け取ってしまう時がある
  • 悪いフィードバックを、自分の欠点と考えショックを受ける

よくいるタイプだが、考えた結果毎回正しいことの逆をするタイプがいる。非常に不幸な話であり、人間関係で多く、LOLにも結構いる。

まず正確な判断基準が出来ていないうちから、自分の行動の結果を振り返るなんてしないほうが良いのだ。

結論

  • 上級者はフィードバック頻度が多いほうが良い
  • 初心者はフィードバック頻度が少ないほうが良い

何故ならば、集中力を保つことができないからだ。

冒頭に書いた練習の基本の1つ、「自分の限界を少しだけ超える負荷をかけつづける」だが、コレも良く考えると

  • 自分の能力を熟知していなければならない
  • 単純に大変なので集中力を保つのが難しい

対面をボコってる時に集中力を保つのは簡単である。

「対面を5回キルしてるけど集中できねえええええ」と言っている人がいたら、私達は脳の病気を疑うだろう。

反対にボコられている時、集中力を保つのは難しい。

少なくともLOLでボコられている時に集中力を保てる人は、かなりの上級者だけだ。

結局は負荷を上げても、フィードバック頻度を上げても、初心者は集中力が落ちやすいので、やはり楽しく快適なプレイが大事かもしれない。

対戦ゲームで楽しく快適というのもおかしな話なのだけど、確か将棋は「初心者相手には負けてあげるのが良い」という話を聞いたことがある。

そういえばDota(MOBAの元祖みたいなゲーム)で初心者にとって大事なのは、自分が使って勝てるキャラを選ぶことなんだそうだ。

私もHON(DotaとDota2の間のゲーム)では初め色々使って、妙に勝てるチャンピオンを発見してから、面白くなったことを覚えている。

とりあえず初心者ならばフィードバックは遅いほうが良い。10分間のCS数を測るならば、1試合ごとではなく、1週間ごとくらいに抑えるべきだ。

-考察記事