考察記事

ミッドカサディンのビルドガイド【なるべくルーデンテンペストにする】

メイジアイテムの強化は、
メイジ自体の強化とも言える。

「アンチメイジって何?」

と質問されれば、

「カサディン」

とプレイヤーは答える。

※ 昔はムンドもこのポジションだった。

というわけでメイジが強ければ、
カサディンも強い。

カサディン自体メイジなのも大きい。

シーズン11では、

  • 先出しカサディン=味方に喧嘩を売っている

という扱いだったのだが、

  • メイジ相手の後出しピックとして安定
  • 先出しでもAD相手に工夫次第で勝ててしまう

2はフィンブルやフローズンなどで対策できる。

この記事はパッチ11.23の時に執筆されました。

カサディンのストーリー

  • レベル6まで無難にファーム
  • レベル6からはRでダメージトレードできる
  • 柔らかいチャンピオンにRしてスノーボールする

レベル6までケイル・ナサス、
レベル6からはノクターンやゼドになる。

対面がAPならば、
Rからのダメージトレードは圧勝する。

対面がタロンやアクシャンといったADの時、
初めて工夫が必要になるチャンピオン。

操作も簡単で、ソロプッシュも強い。

メイジ相手の後出し時に出せるとグッと勝てる。

先出しするなら次のチャンピオンをBANする

  • タロン
  • パンテオン
  • アクシャン

ビルドガイドなので詳しい話はしない。

どれかをBAN。

カサディンのルーン

メイン魔道は避け

  • レンジにはエアリー or 彗星
  • メレーには電撃

コレがミッドメイジの基本なのだけど、
カサディンに1はない。

なぜかと言うと、メレーだからだ。

  • Q+エアリーではハラスにならない
  • 彗星はEでしか当たらない
  • Rがあるのでフェイズラッシュは活躍しない

アサシンなので、ミッド時は

電撃、収穫、ファーストストライクのどれか。

Qのシールドでもシールドバッシュが発動するので、メイン不滅も悪くないが、ミッドなので書かない。

メイン覇道

  • 電撃 or 魂の収穫
  • サドンインパクト
  • ゴーストポロ
  • 巧妙な賞金首狩り

カサディンのメインルーン。

1・2・3を重ねることで、
Rからの火力が凄い。

サドン・インパクトは
6までほぼ効果がないので、
対面によっては血の味わいにしよう。

メイン天啓

  • ファーストストライク
  • 魔法の靴
  • 先行投資
  • 宇宙の英知

相手がメレー、あるいは
Qハラスが有効な敵には天啓だ。

レーンで発動すれば、
レベル6以降も
どんどんゴールドを稼いでいける。

以前はフリートフットワークで加速してQだったが、今はファーストストライク。

サブルーン

  • 冷静沈着
  • レジェンド:強靱

強靱が欲しい時。

  • 血の味わい
  • 好きな賞金首狩り

血の味わいが欲しい時。

  • マナフローバンド
  • 至高

マナフローバンドが欲しい時。

  • 息継ぎ or ボーンアーマー
  • 超成長

息継ぎ or ボーンアーマーが欲しい時。

  • 魔法の靴
  • 先行投資

スケーリングの構え。

カサディンはアサシンなので、
強まる嵐で最終決戦に挑むよりは、
レベル6以降スノーボールを狙う。

ルーンのかけら(シャード)

  • アダプティブ
  • アダプティブ or 防御 or 魔法防御
  • 体力

カサディンは魔法ダメージに耐性がある。

なので相手がメイジでも、
最初ADを上げてきたりする。

しかし3を物理にして、
上2つをアダプティブにするのは
抵抗がある。

体力を入れて、2で調整するのが簡単。

サモナースペル

  • フラッシュ+テレポート
  • フラッシュ+イグナイト

レベル6までにボコられそうなら1。

そうじゃないなら2。

スキルオーダー

  • レベル1でQかW
  • レベル2でQかW
  • レベル3でE
  • レベル4以降はR>E>Q>Wの優先順位で上げる

カサディンのスキルオーダーは
全チャンピオン1番複雑だ。

とりあえずEで
プッシュ力(ファーム力)が上がる。

Qは魔法シールドが付く。

Wはマナが回復する。

相手がタロンなら、
E>W>QとQを1番最後に上げる。

相手がルブランなら、
Q>E>Wと上げる。

Qを撃っているだけで、
勝てる見込みが高いからだ。

カサディンのアイテムビルド

スタートアイテム

  • ダークシール+詰め替えポーション
  • ドランシールド+体力ポーション
  • 女神の涙+体力ポーション2個

基本は1。

カサディンは他のメイジに比べて

  • AAでラストヒットが取りやすい
  • ダークシールのスタックを失いにくい

2はDot対策。

息継ぎも一緒にいれれば、
マルザハールにRされても安心。

3は初手に

  • リフトメーカー
  • 冬の訪れ

どちらかを目指す場合だ。

ADアサシンに対しての
チャンピオン対策。

あなたがカサディンメインじゃないなら、
忘れてもいい。

なぜ女神の涙スタートしないのか?

誰でもわかる冬の訪れ(フィンブルウィンター)

上に書いてある。

結構な複雑な理由だ。

ファーストアイテム

  • ルーデンテンペスト
  • シャッタードクイーンクラウン
  • エバーフロスト
  • 冬の訪れ

基本は1。

ファームが速いし、R時の火力も1番高い。

2は有効な相手には有効。

3はエバーフロストに慣れている人向け。

4はチャンピオン対策。

ブーツ

  • ソーサラーシューズ
  • マーキュリーブーツ
  • プレートスチールキャップ
  • アイオニアブーツ

基本は1。

MRやCC耐性が欲しい時は2。

3は相手にADが多い時。

しかしゾーニャやフローズンハートなど、
AD対策はしやすいので
買う機会は少ない。

4は950ゴールドしかなく、
テレポートで戻りたい時にしか買わないだろう。

カサディンはRがあるので、
そこまでフラッシュの依存度が高くないからだ。

ルーデン+ソーサラーが最も火力が高い。
コレがピンと来ない人は絶対にメイジを使えないので、プラクティスで色々試してみること。

セカンドアイテム

  • メジャイソウルスティーラー
  • アークエンジェルスタッフ
  • ゾーニャの砂時計
  • フローズンハート
  • シャドウフレイム

1はダークシールが10溜まっている時。

基本は2。

3はストップウォッチが欲しい時。

4はARが欲しい時。

5はシールド対策かつ最もダメージが出る。

セカンドならラバドンと同じ火力。

※ サード以降は負けるので、あんまり強くはない。

AP相手には、この時点でタイマン負けようがなくなる。

サードアイテム

  • メジャイソウルスティーラー
  • アークエンジェルスタッフ
  • ゾーニャの砂時計
  • フローズンハート
  • 冬の訪れ

欲しいものを買う。

アークエンジェルは増加マナなので、

  • マナ有りミシック
  • アークエンジェル
  • フローズンハート

の3つ重ねると強い。

AD相手は、サードまでいかないとタイマンは勝ちにくい。

今回のビルドは巧妙な賞金首狩り

  • マナ有りミシック
  • ソーサラーシューズ
  • ゾーニャの砂時計
  • 冬の訪れ

の3巧妙セット。

あるいは

  • マナ有りミシック
  • ソーサラーシューズ
  • アークエンジェルスタッフ
  • フローズンハート(他のアイテムでもいい)

となるだろう。

フォースアイテム

  • ラバドンデスキャップ
  • ヴォイドスタッフ

好きなほうを買う。

フィフスアイテム

  • ラバドンデスキャップ
  • ヴォイドスタッフ

持ってないほうを買う。

この2つで締めないと、
レートゲームに勝利するのは難しい。

全メイジの鉄板なので覚えておくこと。

ブーツを売る場合

  • シャドウフレイム
  • メジャイソウルスティーラー20スタックならヴォイドスタッフ

ソーサラーシューズを売って、1を買うのが最高火力。

1と2パターン以外は、
意外にも、むしろ弱くなる。

6つ目のアイテムを買うためにブーツを売るのは、本当に有効なのか?

チャレンジャーレベルの難しい話。

終わりに

  • レベル6まではナサス・ケイル
  • レベル6からはアサシン
  • なるべくルーデンテンペストを買う
  • アークエンジェルはセカンド
  • 冬の訪れならサードが基本

ここまでカサディンが強いと、
トップでもタンクやAP相手に出せるだろう。

カサディンでARを積むと、
バランス良く硬くなる。

コレはARAMのスレッシュが、
MRだけ積むと硬いのと似ている。

後出し時は簡単なチャンピオンなので、
用意しておくといい。

-考察記事