カウンターピック

トップアカリへのカウンターピック【アカリ対策】

LOLには上手い下手が明確にある。

しかしトップレーンは、
スケーリングの高いチャンピオンで
安全にファームしてるだけで勝てるレーンだ。

裏を返せば、そういったピックやビルドを
対面によって出せるのが、
トップレーナーの上手さとも言える。

トップアカリは、
カミールやグウェンと同じ。

  • そこそこのスケーリング
  • 安全にファームしやすい

から出すだけで、
ハッキリ言ってソロキュー向けではない。

というのも、それらのチャンピオンは、
相手のファームを妨害する能力が低いからだ。

自分が育ちやすくファームも妨害しやすいとなると

  • ダリウス(トップ)
  • ゼド(ミッド)
  • ケイトリン(ボット)

となるが、
それらのチャンピオンは当然スケーリングが低い。

簡単な対策は

  • アカリよりもスケーリングの高いチャンピオンを出す

となる。

それでは具体的に書いていこう。

この記事はパッチ12.4の時に執筆されました。

アカリのビルド2パターン

アカリがAPビルドをするのは、
ラバドンデスキャップがあるからだ。

ADビルドでも中盤までは問題ないが、
レートゲームになった時に
どうしようもない。

MR貫通ビルド

あなたがレンジチャンピオンなら、
アカリはMR貫通ビルドにしてくる。

  • ヘクステックロケットベルト
  • シャドウフレイム

ソーサラーシューズと合わせて、
MR0計算を狙う。

  • 11(ベルト)
  • 18(ソーサラー)
  • 10~20(シャドウ)
  • 6(サドン)

MRを45~55貫通するので、
あなたのMRが55以下だと
ワンコンボで倒される。

MRを55よりも、少し上げておくこと。

ロケットベルトは初手以外なら、ナイトハーベスターのほうが強いのは覚えておこう。
ダイアナなどを使う時に重要。

悪魔の抱擁ビルド

あなたがメレーならば、
アカリは抱擁ビルドにしてくる。

  • リフトメーカーなど
  • 悪魔の抱擁

抱擁でリフトのパッシブが更新されるので、
相性がとてもいい。

抱擁はバミシンダー系ミシックの後に繋げても強い。

アカリの煙幕(W)中にリフトが更新されるので、
W中は離れること。

そのままオールインすると、負ける可能性が高い。

アカリはメレーなので、抱擁のドットダメージがかなり痛い。

トップアカリのストーリー

  • 序盤は大人しくファームする
  • スケーリングの低いチャンピオンにスケーリングで勝つ
  • 勝利

冒頭にも書いたとおり、
アカリはグウェンやカミールに近い。

安全にファームができて、
それなりにスケーリングがある。

この場合の問題点は明確で、
自分よりもスケーリングの高いチャンピオンを出されると、
ほとんど勝てないことだ。

ただファームしてるだけのトップチャンピオンは多い。
アカリより中盤以降強いチャンピオンを出して勝利するのが基本。

トップアカリへのカウンター

Platinum+
Diamond+

冒頭のコメントから、
ミッドのカウンターも写してみた。

ただしコレは

トップアカリの時 相手チームがこのミッドだと負けることが多い

というものなので、対面時に強いわけではない。

※ 大体強いけれど。正確には違うというヤツだ。

というわけで

  • リヴェン
  • ガレン
  • ティーモ
  • ガングプランク
  • エイトロックス(12.4でバフを受けた)

で、どうやって戦うのか書く。

  • スタートアイテムとサモナースペル
  • キーストーン
  • 戦術
  • 中盤までのアイテムビルド

とりあえずテンプレートはコレ。

リヴェン

  • ドランブレード+フラッシュイグナイト
  • 征服者
  • アグロ戦術
  • ゴアドリンカー or マルモティウスの胃袋
  • マーキュリーブーツ
  • ゴアドリンカー or マルモティウスの胃袋

凄いところは、
最初から最後までリヴェンのほうが強い。

最初からアカリのキルを狙っていくのだが、
別に取れなくても構わない。

リヴェンが使える人なら、
アカリには簡単に勝てる。

ガレン

  • ドランシールド+フラッシュイグナイト
  • 征服者
  • スケーリング戦術
  • バーサーカーブーツ
  • ストライドブレーカー
  • 好きなアイテム

序盤はアカリのほうが強めだが、
Wスタックが溜まってきたら、
あとは最後までガレンのほうが強い。

集団戦もガレンEのおかげで、
アカリWに対して強い。

こういう組み合わせの時は、
ガレンは息継ぎを入れていくのがいい。

ティーモ

  • ドランリング+フラッシュイグナイト
  • 魂の収穫
  • スケーリング戦術
  • マーキュリーブーツ
  • リフトメーカー
  • 悪魔の抱擁

アカリと同じ装備を買うわけだ。

悪魔の抱擁は

  • アカリにワンコンされにくい
  • アカリW対策(W中はほぼ無敵だが、ドットとリフトが更新される)

アカリ対策として優秀だ。

なのでAPチャンピオンを使った時に
覚えておくと役に立つ。

特にノーマナAPならば、
毎回 抱擁を買うことになるだろう。

ガングプランク

  • コラプトポーション+フラッシュテレポート
  • 不死者の握撃
  • スケーリング戦術
  • トリニティフォース
  • マーキュリーブーツ
  • 好きなアイテム

調子に乗って、

  • ファーストストライク+エッセンスリーバー

にするとボコられやすい。

しかしまともなビルドにしていくと、
アカリはガングプランクのファームを
止められないのである。

ブラッドミアやケイルでもない限り、
ガングプランクにファームされると
普通のチャンピオンでは歯が立たない。

エイトロックス

  • ドランシールド+フラッシュテレポート(イグナイトでもいい)
  • 征服者
  • スケーリング戦術
  • ゴアドリンカー or マルモティウスの胃袋
  • マーキュリーブーツ
  • ゴアドリンカー or マルモティウスの胃袋

パッチ12.4で少しバフを受けたエイトロックス。

リヴェンと少し似ているが、
序盤はアカリのほうが少し強い。

やはりマルモティウスが、
APチャンピオンに対して、
強すぎると思う。

実際の高レートの先出しアカリ

勝てるかどうか怪しいところで、
オールインをしてくる。

トップでもミッドでも同じ。

そういう場所でしかけないと、
味方が強くない限り
ゲームに勝てないからだ。

アカリはガングプランクや
マルザハールではないので、
ただファームしてるだけでは勝てない。

消極的なチャンピオンでも、積極的に仕掛けてくる。

終わりに

  • ただファームしてるだけで勝つ戦術が存在する
  • トップレーンはドラゴンから遠いので、特にそういう傾向がある
  • アカリはただファームだけして勝つチャンピオン
  • 倒すのは難しいので、スケーリングの高いチャンピオンを当てる
  • アカリのW(煙幕)中は、とにかく離れる

教師の友人の話だと、
初心者と上級者はレーンの勝敗基準が
全然違うらしい。

例えばLOLを知っているトップレーナーなら

  • ダリウスなら対面に差を付けないとレーンは負け
  • ガングプランクなら五分なだけで勝ち

こういう考えになる。

しかし初心者はスケーリングの概念がないから、
そうならないのだそうだ。

先出しカミールに対して、
手練のトップレーナーはどうするのかというと

「そんな消極的なチャンピオンで、ケイル様に勝てると思ってるのかよ」

と言いつつ、
ケイルでカミールに頭下げながらファームする。

なんとも情けない話だが、
トップレーンではコレが通用してしまう。

-カウンターピック