ゼラスサポート【ルーデンエコーを買ってはいけない】

ビルドガイド
この記事は約6分で読めます。

ゼラスサポートは、ブランドのようなメイジサポートに対するカウンターだ。

ヒールやシールドの強いサポートには不利。

WのスローからEスタンの流れが結構強いので、ドレイヴンのような序盤にキルを取りたいチャンピオンと相性が良い。

パッチ10.15でスペルシーフエッジが強くなったので、先出しでなければゼラスサポートも中々強いのではないだろうか?

初心者はメイジサポートを好む人が多いのだが、ゼラスやブランドを先出しして勝てるわけがないので、どちらかというと上級者向けと言える。

この記事はパッチ10.17の時に執筆されました。

スポンサーリンク

ゼラスの特徴

  • レベル2先行時のキルの取りやすさ
  • W>Eがあるおかげで意外にもレーンキルレートは高い
  • QのCDが短いのでCDRが必要ない
  • 先出しすると負ける
  • どちらかというと操作が難しいチャンピオン

基本的にクセがあるので、ゼラス自体を好きである必要がある。

ゼラスのルーン

メイン魔道

  • 秘儀の彗星
  • マナフローバンド
  • 英気集中
  • 追火

ブランドに比べて火力が低いので、魂の収穫だと収穫までたどり着けない。

Wが当たれば彗星も当たるし、アーティラリーメイジ(長射程のメイジのこと)なのでマナフローバンドも溜まる。

ゼラスは味方へのヒールやシールドスキルがなく、CCも薄いのでCDRは重要じゃない。

なので至高ではなく英気集中だ。

スキルと彗星の両方にAPがかかるので気持ち得。

QのCDがレベル5で5秒。妙に短いことを覚えておこう。

サブ天啓

  • ビスケットデリバリー
  • 魔法の靴 or 疾駆

マナフローバンドはファーストリコールまでは効果がない。

なのでマナ切れを防ぐには結局ビスケットデリバリーが必要になる。

マナフローバンドで最大マナがアップしているので、一緒に入れると少し得だ。

先程も書いた通りCDRが重要じゃないので、魔法の靴を入れよう。

ゼラスの場合は序盤にフォーカスするなら宇宙の英知を入れるより、疾駆のほうがずっと強い。

無難なのは魔法の靴、楽しむなら疾駆。

ルーンのかけら(シャード)

  • アダプティブフォース
  • アダプティブフォース
  • 物理防御

物理防御は相手によって変える。

サモナースペル

  • フラッシュ+イグゾースト

ゼラスは意外とフラッシュEでキルを取れるチャンピオンなので、サポートの時にバリアはオススメしない。

イグナイトでも良いのだが、Eを当てにくいのとゼラス自身が柔らかいので、あまり良くない。

バリアだとレベル2先行した時にキルが取れなくなる。

スキルオーダー

  • レベル1でW
  • レベル2でE
  • レベル3でQ
  • レベル4以降はR>Q>W>Eの優先順位で取る

よほど上手な人以外、レベル1でQを取るのはオススメしない。

当たらないからである。

Qのレベルが上がるまではWを当てていくことになるが、不思議なものでW上げしたとしてもレーン戦はQが主力になっていく。

こればっかりはとても不思議だ。

序盤はWを当ててマナフローバンドを溜めていく。メイジサポートはマナフローバンドを溜めることから始まっていくようだ。

ゼラスのアイテムビルド

スタートアイテム

  • スペルシーフエッジ+体力ポーション2個

APチャンピオンは詰め替えポーションとダークシールを一緒に買うと、コストパフォーマンスが良かったりする。

レーンが激しい時に買うのがオススメだ。

逆に大人しいレーンならダークシールを買わず、アイテムの完成を速めたほうがいい。

ブーツ

  • ソーサラーシューズ

相手がALLADやALLAPならば、忍者足袋やマーキュリーブーツを履く機会もあるだろう。

たまにメイジサポートでアイオニアブーツを履く人がいるが、本当に辞めたほうがいい。

あれは味方にヒールやシールドをかけたり、CCが強いチャンピオンが履くものだからだ。

ゼラスでアイオニアブーツを履くならば、ブーツを進化させずにビルドを進めたほうが強い。

600ゴールドをムダにしている。

9割の試合はソーサラーシューズを履くことになるので、何も考えずに履いて良いと思う。

ファーストアイテム

  • ライアンドリーの仮面
  • クリスタルセプター

アーティラリーメイジなのでルーデンエコーが強そうだが、これはnoobtrap(初心者が陥りがちな罠)だ。

冷静に考えてみてほしい、サポートでルーデンエコーを初手に買って活躍しているチャンピオンがLOLの歴史上存在しただろうか?

今まで一人もいなかったし、現状のパッチ10.16でもいない。

隣のサポートがルーデンエコーを買えば、普通ADCは頭を抱える。

とりあえずスノーボールしていない限り、ルーデンエコーは無しだ。

幸いミッドと違ってサポートは既にスペルシーフエッジを買っているので、マナ問題はそこまで深刻ではない。

なのでいきなりライアンドリーの仮面か、クリスタルセプターを買っていこう。

ブランドザヤ同様に、いきなり仮面+クリセプセットを目指すのが良さそうだ。

セカンドアイテム

  • ライアンドリーの仮面
  • クリスタルセプター

持っていないほうを買うだけ。

基本的な買い方の1つで、ヴェインでいう

  • ルインドキングブレード+グインソーレイジブレード

に近い。

安くて強い買い方だ。

  • ロッドオブエイジス+セラフエンブレイス

のほうが強いのだけど、サポートにそんなお金があるはずがない。

結局メイジサポートはラバドンデスキャップを3手目に買えないので、他のビルドルートを取る仕組みだ。

ゼラスはアーティラリーメイジなので、クリスタルセプターと相性が良い。

それ以降のアイテム

  • ヴォイドスタッフ
  • モレロノミコン
  • ラバドンデスキャップ

ゼラスは

  • ヒール・シールドスキルがない
  • ライアンドリーの仮面を買っている

という理由からデスキャップよりもヴォイドが強い。

モレロノミコンはゼラスしかAPがいない時に買うと強力だ(魔法防御貫通が固定値だから、MRを積んでない相手に強い)。

仮面クリセプを先に買ったほうが強いので、回復半減対策として買うことは少ないだろう。

といっても流石に相手にムンドなどが入れば、中盤以降は買わざる得ない。

ラバドンデスキャップは、レートゲームの時にピンクワードを売って買うアイテム。

まず買う機会はないが、APサポートをするならば覚えておく必要がある。

終わりに

書いていて気づいたが、我々は何故メイジサポートでルーデンエコーを買ってしまうのか、不思議である。

少し考えるだけで、明らかに買わないほうが良いことがわかるからだ。

プッシュ力が必要ないし、隣にいるのはADCなのでルーデンエコー(3200ゴールド)を買えるお金があるならば、ロッドオブエイジスかセラフエンブレイスを買ってADCの分の攻撃を受けられるようにしたほうがいい。

スノーボールしているならば、クリセプ付きのQを当てるだけでキルが取れるのだし、考えれば考えるほどルーデンエコーを買う理由がない

メイジサポートはスキルが当たると面白い。

しかしサポートをするならば、ADCを守る、ADCを育てるといった気持ちが必要だ。

ルーデンエコーはミッドやジャングルで強いから、サポートでも強いと思ってしまうのかもしれない。

ルーデンエコーの誤謬(ごびゅう)と名付けよう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました