負け試合が苦痛に感じるのは異常である

考察記事
この記事は約7分で読めます。

私はMOBA初心者だった時、負け試合が苦痛だった。

人間的には普通といっていいかもしれない、しかしLOLプレイヤー的には未熟か異常者になるだろう。

こういった能力は一般的に非認知能力と呼ばれる。

テストなどで測れない能力のことだ。

例えば粘り強さを測るのに

  • あなたは粘り強いタイプですか?

と、本人に聞いて測れるわけがない。

「私より粘り強い人はいません。この間もLOLの試合で味方が4人AFKしてても勝ちました」 と言えば、粘り強さをアピールできるからである。

今回の記事ではEQ(心の知能指数)的な話をしていこうと思う。

この記事はパッチ10.19の時に執筆されました。

スポンサーリンク

LOLの2つの要素

LOLもしくはスポーツの要素を2つに分けると、次のようになる。

  • 表向きの戦い(アウターゲーム)
  • 内なる戦い(インナーゲーム)

LOLをプレイしていない動画勢の人は、LOLを2つに分ける時にミクロ・マクロと分ける特徴がある。

実際のLOLやスポーツは、そうなっていない。

競技者の心中で行われるインナーゲームにおいて、二人の自分がいると考え、それぞれセルフ1、セルフ2と命名してその性質を調べた。実際の勝負(アウターゲーム)の最中に多くの人は、心の中で自分自身のプレイに対して悪態をついている。ガルウェイは、これを「セルフ1がセルフ2を非難している」ととらえた。フロー体験またはゾーン体験、ピークエクスペリエンスなどと呼ばれるような、高度な集中力が発揮されている場面では、このようなセルフ1によるセルフ2への非難は沈静化し、セルフ2のもつ潜在的な学習能力と創造力がのびのびと機能する、というのがインナーゲームの考え方である。

Wikipedia インナーゲームのページより抜粋

インナーゲームの概念を聞いたことがない人でも、言っていることは実感できるだろう。

動画勢はプレイしないから、内なる自分がわからない。

だからミクロ・マクロで分けるしかない。

LOLは判断力を競うゲームではなく判断しないゲーム

格闘ゲームは操作技術、LOLや麻雀や将棋は判断力。

こう書くと、思わず納得してしまわないだろうか?

私も昔はそうだと思っていた。

しかしそれはダリウス見てからナサスを出す、トップレーナーくらいの浅さだった。

人間の認知バイアスの1つに、スプリッティングと呼ばれるものがある。

意味はスプリットプッシュのスプリット、ボーリングのスプリットと同じ。

スプリッティングとは、なんでもかんでも2つに分ける特性のことだ。

あなたは自分の脳(セルフ1)に、勝手に判断させてはいけない。

インナーゲームでは、「裁判グセをなくす」 と表現される方法だ。

我々はいつも勝手に自動的に判断している

LOLで悪いと思ったプレイが、結果的に良くなったことがないだろうか?

例を1つあげてみよう。

  • 中盤自分1人が相手にキャッチされた
  • しかし倒されたのは自分だけで何故かエースを取った

「やってしまったな」 と思ったけど、結果的に良かった。

こういったことはLOL以外でも全く珍しくなく、つまり自分の良い悪いの判断は当てにならない。

一般的に言えば、「マイナス思考は良くない」 となるだろうか?

いつまでたってもプッシュの正解がわからない人

LOL初心者の特徴の1つに、プッシュするかどうかの判断が出来ないというものがある。

最低でもダイヤ4はないとわからない、判断できる人は簡単にダイヤに到達する、のほうが正しいだろうか。

例えばミッドやADCで、プッシュのタイミングが全くわからない人がいたとしよう。

何かしらの理由でジャングラーがプッシュを手伝った時、猛烈に怒る人がいる。

何故怒るのか? 理由は簡単で、勝手に判断して怒っている。

怒りのメカニズムは簡単だ。

怒りのメカニズム
  • 自分の心が動揺する
  • 何故自分の心が動揺したのか?
  • 相手にそういった意図(悪意)があるから
  • その結果怒る
  • 舐められるのは良くないから怒る

人間舐められるのは良くないので、必要な時に怒ったほうがいいが、LOLは社会じゃない。

だからチームメイトがあなたにどんな態度を取っても、怒る必要はないし舐めているわけじゃない。

※ 正確にはLOLのチームメイトはドラクエのAIみたいなものだと思っている。むしろ人間だと思わないほうがいい。

人間怒るのは構わないし、怒りを我慢し続ける人より、怒りっぱなしの人のほうが好ましい。

しかしLOLで怒りやすい人は、いつまでたってもプッシュの正解がわからない。

味方がプッシュをするべきタイミングの時は、遠く離れた場所からでもピンを出そう。

すると凄く試合に勝ちやすくなる。

しかしこの知識は現実的に考えて、サブアカウントでプレイしている時しか役に立たないだろう。

負けている試合は自分にとって悪い状態だと思い込んでいる

世の中には、LOLのランクが下がると周りに格好が付かないから、それに動揺する人もいるかもしれない。

しかし私はLOLを1人でプレイするし、周りにそんなに質の低い人間がいた記憶がない。

※ レートが高いほど偉いと本気で思っている人がいたら、離れたほうがいい。

にも関わらず、負け試合は苦痛だった。

人間は上昇し続けていたほうがいい、荒木飛呂彦も言っている。

今は順調であると判断した場合、あらゆることへのモチベーションが上がる。つまり元気になる。

逆にどんどん悪くなっていると判断すると、元気がなくなる。

危険がせまった時は大人しくする、これが人間の習性なのだ。

実際に人間は悪いことは一生続くと思い込んでしまう。

これは認知バイアス的な話、つまり本能なのだが、抵抗する必要がある。

人生やLOLでは本能に抵抗しなければいけない状況が多い、中々困ったものだ。

負け試合が苦痛なメカニズム
  • 状況が悪いと勝手に判断する
  • 人間にとって状況が悪いのは非常に苦痛
  • なぜなら一生続くと思い込んでしまうから
  • なので元気がなくなる

LOLで負けると何が悪くなるのか?

短期的な悪い状態が、一生続くと思ってしまう。

だから苦痛なのである。

ならば理性的に考えてみればいい。

LOLで負けると悪くなること

  • レートが下がる
  • 時間を無駄に感じる

2つとも、めちゃくちゃどうでもいい。

レートが大事な人を考えてみよう。

  • プロのトライアウトを受ける人(ダイヤ3以上じゃないとダメ)
  • シーズン報酬が欲しい人(ゴールド4以上じゃないとダメ)

ダイヤ3になるかどうかの瀬戸際は、私より1000倍下手くそなので話にならない。

なので実質的にシルバー1の人以外は、レートはどうでも良い。

「チャレンジャーのランキングはどうなの?」 と思ったかもしれないが、日本鯖だとマッチしないので、機能していない。

※ 日本鯖だとプラチナ1くらいから、マッチングに時間がかかるようになる。

時間を無駄に感じるの解決方法は簡単で、部屋の掃除をすればいい。

サブアカウントだとレートが下がったほうが嬉しい。

というのも、すぐにレートが上がってマッチしなくなってしまうからだ。

真面目にこんなことを考えているので、あなたが試合に勝ちたいなら他プレイヤーに舐めたピンを鳴らしてはいけない。

相手がサブアカウントだったら、2秒でAFKされる。

終わりに

負け試合の苦痛を緩和する方法
  1. 勝手に良い悪いを判断しない
  2. 悪いことがいつまでも続くと思わない
  3. チームメイトを同じ人間だと思わない
  4. LOLに負けても何も悪くならないこと知る

別な言い方だと

  1. スプリッティングを避ける
  2. マイナス思考を避ける
  3. メンツ(フェイス)を意識しない
  4. 理性的に考える

以前の私は、3番以外は出来ていなかった。

私生活でも勝手に良い悪いを判断して、うろたえる、余計なストレスをためる。

現実でいうと、EQ(心の知能指数)が低い人間だった。

LOLだとEQが低いプレイヤーより、黙ってファームだけしてるAPシヴァーナのほうがマシだろう。

こういったEQスキルは自然に身についている人もいれば、私のように意識しないとできない人がいる。

参考図書

自分の声が、自分自身を苦しめている。

社会学的にはメンツを気にする行為(フェイス)になる。

あなたはTFT中に自分の心の声に苦しめられる人を見たら、病気だと思うだろう?

しかしLOL、スポーツ、学校や職場、好きな人に話しかける、自分の過去を思い出す、こういった時は苦しめられるのが自然だ。

居心地の悪さは、自分自身(セルフ1)が作り出している。

コメント

タイトルとURLをコピーしました