Tier(ティア)は強さをしめす言葉ではない、正しい意味を覚えよう【LOLの読み物】

考察記事
この記事は約7分で読めます。

最近はあらゆるゲームでTier(ティア)という言葉が使われているが、「Tierは強さランキングではなく、本当は流行度を表す」言葉である。

Tierの意味を正しく理解していないと、対戦ゲームは上手にならない。

今回の記事では、あなたが1つ上の男になるため、Tierの真の意味について書く。

勘違いしていると「プレイヤーとしてマズい」という話の前に、どうしてTierが流行度ではなく、強さの意味になっているのか説明させていただきたい。

この記事はパッチ11.6の時に執筆されました。

【1章】 本当のTierとは

Tierとは、メタゲームにおける、あるアーキタイプの流行度をしめすもの。

「Tier1が親和でTier2がゴブリン」というように後ろに数字をつけて使う言葉で、数値が大きくなるほど流行度は低く、対策が手薄になる。

MTG Wiki Tierのページより引用

このように、本来のTierの意味は流行度を表す。冒頭でも言った通りだ。

そこで我々は疑問に思った。

初心者が

  • メタゲーム
  • アーキタイプ
  • 対策

こういった概念や単語がわかるのだろうか? とね。

ピンと来るほどではないにしろ、あなたもなんとなく理解わかってきた」のではないだろうか。

メターゲームアーキタイプ。リンクを張ったので、興味がある人は自分で調べてみよう。

メタ検索 ソシャゲ名+リセマラ

人間が検索エンジンで何か調べる時に、Tier 意味 みたいな単語の入れ方をする。

特定のソシャゲ名+リセマラで検索する人は、どのくらいのレベルのユーザーだろうか?

  • そのソシャゲをリセマラ中
  • 始めようと思っているけど、まだインストールしていない

LOLで言えば、チュートリアル以上には進めていないことになる。COOPの中級より弱い

レベルのプレイヤーというか、ライアット的には見込み客であるものの、プレイヤー? と疑問符が付いてしまう。

彼らを表す適切な言葉は――、見込みプレイヤー!!

ゲーム名+Tier で検索するのは初心者が多い

100%ではないにしろ、上級者よりは初心者のほうがずっと多くなる、あなたも感覚的にそう思ったはずだ。

どういった人が○○というワードで検索しているのか? コレは記事を書く上で重要なので、結局コンテンツはユーザーに引っ張られてしまう。

Tierの意味とメタ検索
  1. 流行度=強さと読み替えても、大きくハズレてはいない
  2. ○○ Tier で検索する人は初心者が大半
  3. なので執筆者が Tierリスト=強さ表 のコンテンツを作る

言われてみれば私も、ティアリストをTierリストと無意識に書いている。Tier List と打つのは簡単なのだけどしない。

  1. 英語だけで検索すると英語のサイトが出てくるから
  2. 読み手に読みやすく書くから
  3. やっぱり英語だけで検索する人が少ないから

説明も終わったので、ようやく本題に入っていく。

ゲーム名+Tier で検索する人が初心者なので、文字通り小学生でもわかるレベルで記事を書かないといけないから。

これが結論となる。

【2章】 なぜTierを強さと勘違いしているとダメなのか

LOLがMTGと同じ対戦ゲームだからだ。

ソシャゲのリセマラは大きくゲーム環境が変わらない限り、インフレしたキャラ以外にリセマラ推奨キャラが劣ることはない。

トップレーンでマルファイトは強く、最強と言っても言い過ぎではない。しかしマルファイト先出ししてレーンに勝てるかと質問されれば、答えは「勝てるわけないじゃんw」である。

一時期のガレン・セト・セナのように、ほぼ全ての組み合わせで勝てるチャンピオンは少ないし、まずBANされる。

なのでソロキューで強いチャンピオンは、実質的にいない(極端なチャンピオンが出現した時のノーマルゲームは、クソゲー度合いが増す)。

優れた、使いやすい、強め、こういったチャンピオンは多いが、使えば勝てる最強チャンピオンは存在しないし、いても使えない。

数値が大きくなるほど流行度は低く、対策が手薄になる

これは本当だ。

例えばヨリックと戦う時に、霧の乙女とヨリックどちらを先に殴るべきか知っているだろうか?

5対1でもない限り、霧の乙女を優先して殴らなければならない。しかし大半のプレイヤーは知らない、信じられないことにダイヤ上位じゃないと知らないのである。

しかし対戦する機会が少ないので、あまり困らないわけだ。

一方ブリッツクランクやダリウス、ゼドの捌き方を知らなければ、LOLは非常に辛い。具体的に言えば先出しゼドにソロキルされるプレイヤーは、試合終了までピンを鳴らされ続ける。

※ メイジのAAでラストヒットを意識なく取れるレベルになるのは難しいが、ゼドは簡単。なのでよほど高レートじゃなければ、ゼドを使うプレイヤーのほうがLOLを理解していることが多い。覚えることが1つ少ないからだ。

プロじゃなければ、ラストヒット力が高いチャンピオンは強い。

しかしコレはチャンピオン性能ではなく、プレイヤーの習熟度が原因なので、う~んって感じだ。

使用頻度の高い知識を優先して覚える

カードゲームの大会で、どのデッキを使うか

  • 使用頻度の高いデッキを対策する
  • その環境でベストと呼ばれるデッキを使う

どちらかである。

これがメタゲームなのだが、LOLの場合はデッキは割と自由自在だ。

ソロキューならば50%より少し低い確率で、相手を見てから決めることができる。大会だと自由に後出しさせないためのピック方法があったりするが、ソロキューではコストが高いので使えない。

LOLのソロキューの場合

  • 使用頻度の高いチャンピオンの対策をする

コレについて異論はないだろう。しかし

  • 使用率の高いチャンピオンをピックする

これはダメだ。

  • 最近バフされたチャンピオンを使う
  • 最近ナーフされたチャンピオンは使わない

ナーフされた直後のチャンピオンを、ナーフ翌日にランクでピックするプレイヤーを、バカだと思っていたのだが、カードゲームと同じように

使用率の高いチャンピオンをピックする

と考えているのだろう。

パッチノートを見て大幅にナーフされたチャンピオンやアイテムを使おうとする人は、おそらくパッチノートを見ないプレイヤーなのだと思う。

上記に該当するのは、初心者、やる気がない人、たまにしかLOLをしない人、同じチャンピオンしか使わない人、のいずれかだからだ。

バフされたアイテムやチャンピオンを使ってみよう、と考えるほうが自然である。

終わりに

書いたこと
  • Tier本来の意味は強さではなく流行度である
  • Tier=強さで覚えた場合デメリットが大きい
  • Tier=強さ として使われているのはメタ検索
  • Tierを間違って覚えていると他の用語も理解できなくなる

よくネットの検索結果は汚染されていると言われる。

お金のために記事を書くと云々とは、ショーペンハウアーも語っているので、昔からの問題なのだろう。

しかし ゲーム名+Tier で記事を書く人は全く悪意がなく、むしろ初心者にわかりやすいように親切に書いただけだ。

ゲーム名+立ち回り で検索する人が初心者なのと似ているだろうか?

立ち回りという単語はゲーム用語ではない、何故ならば抽象的すぎて全く意味がないのは、あなたもご存知だろう。

一生アップデートされない対戦ゲームならば、Tier=強さのほうがわかりやすい、私もそう考える。

しかしLOLは頻繁にパッチノートが当たるので、Tier=流行度という本来の意味で考えるべきだ。

今回の記事を読み終えたあなた、また1つ上のLOLプレイヤーになってしまった。

言葉は使う人が多いければ、間違っていても正しかったりする。そういう歴史だ。

Tierはリセマラみたいな初心者の検索用語と、上級者の日常用語の2つの意味に分かれている。

このブログの記事の中でも、中々に難しい内容になった。

おまけ 立ち回りって言葉を何故使わないのか

立ち回りという言葉は検索こそされるが、これほど実際のプレイヤー同士で使わない単語もないと思う。

スキルコンボならば、覚える目的は

  • 自分で使う、もしくは対戦時のため知っておきたい

その知識を使うタイミングは

  • 敵とダメージトレード、もしくはオールインする時に使う

 立ち回りの場合、覚える目的は

  • 検索者すら知らない

その知識を使うタイミングは

  • いつ使うのか私もわからないし、検索者も知らない

私は格闘ゲームも、したらばに自分の個人スレが立つほどやり込んでいたのだけど、立ち回りって言葉は使わなかった。

なんとなく敵と離れている状態のニュアンスは感じる。

しかし格闘ゲームですら使わないのに、LOLでどうやって使えばいいのか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました