コメント返し

2022年1月のコメント返し【文武両道】

先日先延ばしについての記事を書きました。

しかし私自身も、
コメント返しを先延ばしにしています。

先延ばし防止のテクニックを使って、
記事を書く。

  • 先延ばし防止テクニックが身につく
  • コメント返し記事が完成する

良いアイデアでしょう?

この記事はパッチ12.2の時に執筆されました。

ADCとAPレンジミッド記事へのコメント返し

ADCのルーン・サモナースペル・スタートアイテムについてのまとめ【サモナーズリフト限定】

レンジミッドメイジのルーン・サモナースペル・スタートアイテムについてのまとめ【サモナーズリフト限定】

好評なシリーズの記事。

トップ・ジャングル・サポートも、
そのうち執筆する予定です。

いつ言うべきか?

一緒にプレイしている人に
LOLを教える時

  • チャンピオンの簡単な要約
  • レーンの簡単な要約

をボソっと言うだけで
良いのですが、
タイミングがとても大事だなと感じます。

※ 厳しいことを全く言わなくとも、それだけでダイヤ2以上の腕前になります。

  • 何を言うのか?
  • いつ言うのか?

ブログだと2を気にする必要がない。

しかしコミュニケーションはむしろ、
2のほうがずっと重要。

PRE-SUASION :影響力と説得のための革命的瞬間

読んでから数年経ちますが、
少しずつわかってきました。

アグロルーン

ランクならば、

  • 対面に勝てるくらいのルーン
  • 勝てるのであればスケーリングが高いほどいい
  • アイテムはスケーリングが高いものを買うのが当たり前

なのであなたの考えに
同意できません。

しかしノーマルゲームのレーナーなら、
その考えは有効かもしれません。

というのも対面の相手が
わからないからです。

なのであなたの考えは、
とても可能性があるように思えます。

考え方としては、素晴らしい。

ノーマルで活躍したい!! と思ったことがないので、真剣にノーマルゲームを考えたことがありません。
なので私は、ノーマルだとジャングル以外 弱めです。
今後ノーマルに行く時は、あなたのアグロ論を試してみることにします。

整理整頓

ブログの考察記事も増えてきたので、

  • 操作方法とメカニクス
  • 書評
  • コメント返し

などトップページに手を加えながら、
色々整理したいと考えています。

しかしあなたと一緒で、
私も整理が苦手です。

大昔の人類は、土地に柵を作って

「ここは自分のものだ」

と主張していなかったから、
荷物が少なかったそうです。

遺伝子的に仕方がないのかなと。

整理整頓の本も、
まあまあ読んでいるのですが、
ピンと来ることがありません。

しかしそのうち、
書くことにしましょう。

文武両道

先日コーチングした人にした話をします。

文武両道についてです。

※ LOL上手になりたいという人の依頼は断っていますが、フェイス(体面)に関係することなら受けています。
カウンセリングに近い。

文武両道の本当の意味は、
文(学業)と武(スポーツ)があって、
それを両立しろという意味ではありません。

今の言い方で言えば

  • 文=インプット
  • 武=アウトプット

このことです。

なんとなく、わかりますよね?

われわれがLOLの試合をしたり、
人に何か話したり書いたりするのは、
身体の動きでしょう?

文は

  • レオナのE
  • 失敗したくねえという気持ち
  • うるさい味方から受けたストレス
  • このブログを見た感想
  • 異性への恋愛感情

対応する武は

  • レオナのEをした結果
  • 失敗したくないと思いながら行動した結果
  • ミュートしたりぶん殴ったりAFKしたり
  • 人に話したり、私に伝えたり
  • これはなんとも言えない

厳密には違うかもしれませんが、
大体こんな感じになります。

このブログは私のインプットを、
アウトプットしている場所です。

もっとずっと前から書けば良かったと、
夏目漱石のこころに出てくる、
Kのようなことを思っています。

ジャングル関連のコメント返し

赤ポ3個のヤツとは友達になれない

まず私は最後の2行を、
聞いたことがありません。

言う人はたくさんいるのでしょうが、
それなりのプレイヤーから、
直接聴いたことはありません。

あなたが黄色トリンケットのほうが
好きなのであれば、
そうするのが良いでしょう。

最近思ったことを書きます。

「ジャングルで最初 赤ポ3個のヤツとは友達になれねえ」

という雰囲気はありますよね?

しかし私はシヴァーナを使った時、
トップの人が
序盤から延々としかけるタイプの人だった。

ピック画面からわかっていたので、
シヴァーナをピックするべきではなかった。

※ 12.2ですと、ノクターン・レンガーあたりをピックするべきでした。

というわけで、私は仕方なく
ボットからスタートしました。

相手ジャングラーと
戦うことを選んだわけです。

結論を言いますと、その選択肢は良かったです。
試合に勝利しました。

しかし体力ポーション3個スタートのほうが、
今回のケースでは明らかに良かった。

でもこれからも買わないと思います。

LOLは正しいかどうかよりも、自分で情報を整理しやすいかどうかのほうが大事。
私は赤ポ3個買わないし、赤トリンケット固定の人はそうなのでしょう。
そういう整理の仕方をしているだけ。

ジャングラーがサブ不滅を入れる時とは?

ダイアナの話です。

シールドバッシュを使いたい場合、
レーンならばメイン不滅にすればいいでしょう。

さらにサブ不滅でも問題ありません。

しかしジャングラーの場合

  • サブ不滅は避ける

のが基本。

ファームが遅いからです。

サブ不滅を入れる時は、
ボーンアーマーを利用して、
タイマンを制する時。

すなわちダイアナの場合

  • シールドバッシュ
  • ボーンアーマー

これで一周目の殴り合いに勝つ。

1キルさえ取れれば、
そのルーンが最強です。

高レートは試合時間が短いので、こういったルーンが有効な場合が多い。

一般常識とLOL常識。文武両道2

いつまでも上達しない人は、LOLの常識と人間関係の常識を同じに考えている。

友人とLOLをプレイするのが難しい理由【我慢が多い人間関係は続かない】

何気なく書いてみたら、
意外と良い記事になりました。

LOLが上手でも下手でも、
常識が違う事実は
知っている必要があるからです。

これがわからない場合、

  • LOL常識人は社会不適合者
  • 一般常識人は目も当てられないnoob

となってしまいます。

似たようなことで悩んでいる人は、
本当に多いです。

我慢が必要な人とLOLしてはいけない。

我慢とはつまり

  • インプットがある
  • しかしアウトプットはできない

ということです。

この場合のアウトプットは

  • 思っていることを言う
  • 怒鳴りつける
  • 友人に愚痴を言う
  • 1人でプレイする

とかになるでしょう。

そういうことができない人が、
とても多い。

LOL的ティミー・ジョニー・スパイクと動機づけ【12種類のプレイヤータイプ】

ゲームより人間関係を優先するのは、
LOL上達で考えた場合は良くないです。

もちろん魅力的な異性相手なら、
ワタクシも当然
LOLは二の次 三の次になるでしょう。

幸か不幸か、
LOLではそういう機会が
一度もありませんでした。

長くプレイしているのに下手だと、自尊心がズタズタになってしまう。

終わりに

先延ばしにしていたコメント記事ですが、
書いてみると
とても楽しく書けました。

やはり人生で最も破壊的な単語は

  • あとで

ですね。

欲しいものリスト

コメント返しの記事なので、
いつも通りというヤツです。

その他のコメント記事

12月上旬のコメント返し【カフェ・キューティーズ】

11月のコメント返し【島国とシルバーケイン】

10月下旬のコメント返し【3600文字】

2021年10月上旬のコメント返し【3600文字】

2021年8月上旬のコメント返しと、最近のLOLGaren

2021年8月中旬のコメント返し

2021年9月のコメント返し【4700文字くらい】

2021年7月のコメント返し【7月のコメント執筆者に向けて】

-コメント返し